ITmedia NEWS >
レビュー
» 2008年10月24日 18時08分 公開

BD/DVDレコーダー特集:BDへの“こだわり”が詰まったソニー「BDZ-X95」(前編) (3/5)

[坪山博貴,ITmedia]

テレビ情報誌感覚で使える「x-みどころマガジン」

 新機能としては「x-みどころマガジン」が追加された。テーマを選択しておくとテレビ情報誌のようなデザインで番組をピックアップ表示してくれる。新番組、最終回、特番といった番組ジャンルだけでは抽出できない番組をピックアップしてくれるのがポイントで、トップページの見出し、項目を選択すると日別のピックアップが表示される。実用性も十分な機能であり、番組改変期などにはとくに便利に使えそうだ。

photophoto 「みどころマガジン」。けっこうそれっぽい表示になっているのが面白い(左)。表示してほしいテーマを絞り込むことも可能。番組のジャンル分け検索とは異なる機能であることが分かる(右)

 また電子番組表の活用は徹底している。旧モデルからの継承となるが、とくに「気になる人名」「気になるワード」は使える機能だ。録画済み、視聴(再生)中、電子番組表の情報表示中のいずれからも電子番組表の情報から出演者名や地名、品名などをピックアップし、一覧から選ぶだけで番組に検索に利用できる。同社製品は、もともと高度な番組検索機能を備えているわけだが、それをいかに手軽に、便利に使ってもらえるか、といった点にこだわった機能といえるだろう。

photo 録画番組を再生中に「気になるワード」を表示。無意味に文字列を切り出すのではなく、意味を持つ単語のみをきちんとピックアップする
photophoto 検索した番組情報で「気になる人名」を表示。さらに検索に利用できる。ある番組の出演者をもとに、その人が出演しているほかの番組を……といった風に、ハイパーリンクのように番組を検索することも可能にした

 もちろん同社のレコーダーのもう1つのアイデンティティーともいえる「x-おまかせ・まる録」も健在だ。ジャンル、キーワード、時間帯、放送波、チャンネルなどの条件を設定した自動録画が可能で、おおまかにも、ピンポイントにも自動録画が行える。自動録画に関しては、いまだに他社の追随を許さない機能を備えている。

photo 「x-おまかせ・まる録」の設定画面。このように大ざっぱな条件設定ができるほか、キーワードでは“除外キーワード”も設定できる。複数のキーワードをいずれか/全て(or/and)で検索できる。またジャンルとキーワードは最大7つの組み合わせをユーザーが変更することすら可能。同一放送波であれば複数チャンネルを選択して検索条件にすることもできるし、CS放送では有料チャンネルのうち契約済みの番組のみを録画する。極めてインテリジェントだ
photo 通常の録画予約と「x-おまかせ・まる録」の自動録画予約は別一覧として表示できる。通常の録画予約の方が優先されるので、自動予約で録画した番組を気に入ったら通常予約に昇格させればいい
photo こちらは「x-おまかせ・まる録」と同様に検索条件を設定しておき、シンプルに一覧表示ができる「お気に入り番組表」。録画は番組をしっかり選んで確実に録画できる通常予約で……という人にはこっちが便利だ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.