ニュース
» 2007年09月07日 19時46分 公開

Suica加盟店が2万店、ポイント会員数は24万人を突破

「駅ナカから街ナカへ」をスローガンに、Suica加盟店が2万店を突破。また、6月に開始したSuicaポイントの会員数も24万人を超えている。

[Business Media 誠]

 JR東日本は、同社が運営する電子マネー「Suica」を利用できるSuica加盟店が、9月1日で2万店を突破したと発表した。

1日あたりの利用件数は約76万件

 Suicaはもともと交通乗車券としてスタートしたが、2004年3月より電子マネーとしても利用できるサービスを開始した。当初は駅ナカの売店、飲食店や駅ビルなどがSuica加盟店の中心だったが、現在では首都圏エリアを中心に、コンビニエンスストアなど、駅から離れた立地の店舗でも利用できるようになっている。現在Suicaが利用できる店舗は、Suica加盟店+PASMO加盟店の約2万2000店に、WAON対応店舗(7月調べで4700店、7月18日の記事参照)を加えた約2万7000店となる。

 3月にスタートしたPASMO相互利用(3月18日の記事参照)開始後は順調に利用件数も増えている。2006年12月と比べると利用件数は約2倍に増え、8月の利用件数は約2000万件、1日あたりの利用回数は76万件を超えた(7月18日の記事参照)

Suicaポイント、会員数は24万人

 6月1日から運用を開始した登録制のポイントシステム「Suicaポイント」のサービスも順調に会員数を伸ばしており、現在約24万人となった。これはJR東が発行しているクレジットカード「ビュー・スイカ」会員やモバイルSuica会員が利用可能で、Sucica電子マネーの利用と連動してポイントが貯まっていくものだ(5月10日の記事参照)

関連キーワード

Suica | 電子マネー | PASMO | FeliCa | モバイルSuica


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -