ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  >  P

  • 関連の記事

「PASMO」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「PASMO」に関する情報が集まったページです。

ITmedia Mobile読者に聞く:
モバイルSuicaやモバイルPASMOで定期券を購入していますか?
スマホで定期券を購入すれば、駅の窓口に並ぶ必要がなく、便利に運用できます。皆さんはモバイルSuicaやモバイルPASMOで定期券を購入していますか? スマートフォンを使っていて「困った」「失敗した」エピソードについても募集します。(2024/4/12)

「モバイルSuica/PASMO」の誤解を解説 バッテリー切れだと使えない? クレカなしだと定期を買えない?
新年度を迎え、鉄道やバスの定期券売り場は大変混雑しています。人によっては「モバイルSuica」や「モバイルPASMO」を使えば並ばずに定期券買えるのに……と思うのですが、いろいろ“怖くて”一歩を踏み出せない人もいるようです。よくありがちな“誤解”について解説します。【訂正】(2024/4/11)

Apple PayのPASMOのみ“ダブルチャンス”あり:
LINEプリペ(Visa)を「モバイルPASMO」「Apple PayのPASMO」で使うと最大1000円分還元 6月30日まで
LINE Payとパスモが、「モバイルPASMO」「Apple PayのPASMO」のコラボキャンペーンを実施する。LINEプリペ(Visa)こと「Visa LINE Payプリペイドカード」を使ってチャージしたり定期券を買ったりすると、最大で1000円分の「LINE Pay残高」が贈呈される。(2024/2/1)

モバイルPASMOの「通学定期券」購入で保護者による代理決済が可能に 4月1日から
Apple PayのPASMOを含む「モバイルPASMO」における通学定期券のさらなる普及に向けて、PASMO協議会とパスモがサービスの改善を実施する。提出した通学証明書類を“卒業”まで有効とする措置を講じる他、保護者による購入代金の代理決済機能が実装される。(2024/1/17)

NEWS Weekly Top10:
モバイルSuicaだけじゃダメなんです 券売機に並びまくった夏休み
先週は、交通系ICの「Suica」「PASMO」の記名式カード販売中止が話題になった。筆者はモバイルSuicaを使っているため自分自身には影響なかったのだが、小学生の子供の対応に困った。モバイルSuicaは使えない年齢なのに、休み中は頻繁に電車に乗るからだ。(2023/8/14)

記名式「Suica」「PASMO」カード、8月2日から一時発売中止 半導体不足のため
既に無記名のSuicaとPASMOのカードは6月8日から一時販売中止となっていました。(2023/7/31)

供給不足解消の見込みたたず:
カード式の「Suica」と「PASMO」、8月2日から記名式も販売休止 モバイルSuica/PASMOの利用を呼びかけ
カードタイプの記名式Suica/PASMOの新規発行が8月2日をもって一時休止されることになった。カードの供給不足を受けた措置で、モバイル(スマートフォン/スマートウォッチ)向けカードの利用などを呼びかけている。(2023/7/31)

「Suica」「PASMO」カード、記名式も販売中止に 8月2日から
JR東日本など4社が、「Suica」「PASMO」カードの記名式タイプを販売中止する。6月20日には無記名タイプのSuica/PASMOカードの販売を停止していた。(2023/7/31)

モバイルSuicaの障害、原因は「Apple Payのシステムトラブル」 PASMOも同様【復旧済み】
6月27日午後4時30分ごろから発生している、iOS版「モバイルSuica」と「Apple PayのPASMO」による障害。原因はAppleが提供している「Apple Pay & ウォレット」での障害によるものだと、JR東日本への取材で判明した。(2023/6/27)

「モバイルSuica」でまた障害 iPhoneでチャージできず 「PASMO」でも発生【復旧済み】
6月27日午後4時30分ごろから、「モバイルSuica」のiOS版と「Apple PayのPASMO」で、チャージができないなどの障害が発生している。(2023/6/27)

PASMO アプリで「定期券払いもどし」などができず 改札通過やチャージなどには影響なし(復旧)
PASMO アプリで「定期券払いもどし」などが行えない。PASMO協議会が6月24日、明らかにした。SF(電子マネー)残額のチャージ、定期券の購入および利用、改札機の入出場などは行えるという。(2023/6/24)

パスモも知らなかった!? 読み取れない「PASMO」を復活させた「謎のシール」がSNSで話題 取材でわかった正体とは
そういうこともあるよね。(2023/6/16)

モバイルPASMO/Apple PayのPASMOで障害 6月8日8時35分頃から新規発行などがしづらく(復旧)
「モバイルPASMO」で6月8日8時35分頃、障害が発生した。PASMO協議会によると、モバイルPASMOとApple PayのPASMOで、チャージ/定期券購入/新規発行などがしづらい状態にあるという。原因はシステム障害と判明し、同日14時46分頃に復旧した。(2023/6/8)

「モバイルPASMO」などで障害 チャージや新規発行がしづらい状況に【復旧済み】
「モバイルPASMO」およびApple PayのPASMOで障害が発生している。6月8日午前8時35分ごろから、チャージ、定期券購入、新規発行などがしづらい状態が続いているという。(2023/6/8)

無記名Suica・PASMOのカード販売を一時中止 半導体不足の影響でICチップが入手困難に
必要数量の製造が難しくなっています。(2023/6/2)

6月8日から:
無記名「Suica」「PASMO」販売休止 ICチップ不足で製造困難
6月8日から無記名の交通系ICカード「Suica」「PASMO」の販売が一時休止となる。JR東日本などが発表した。世界的な半導体不足の影響で、製造に必要なICチップの確保が難しいためだという。(2023/6/2)

無記名「Suica」「PASMO」の販売が当面停止に 半導体不足で製造難しく
JR東とPASMO協議会、東京モノレール、東京臨海高速鉄道らが「Suica」「PASMO」カードの販売を一時停止する。半導体不足の影響で製造が難しいためとしている。(2023/6/2)

PASMOをうっかり洗濯したら…… 小さな残骸だけが残るレアな事故に「悲しいですね」「こんなに削れるんだ」
乾燥時の熱でボロボロに。(2023/4/13)

モバイルPASMOのチャージや定期券購入で「ダイナースクラブカード」を利用可能に 3月18日からは定期券の購入範囲も拡大
モバイルPASMOとApple PayのPASMOにおいて、「ダイナースクラブカード」によるクレジットカードチャージや定期券購入ができるようになった。発売事業者の拡大など、定期券サービスの拡充も順次行われる。(2023/3/15)

モバイルPASMO、記念デザイン4種を1年間無料で発行
パスモは、交通系ICカード全国相互利用の10周年を記念してイラストレーター4人とのコラボデザインPASMOを1年間発行。第1弾はギブミ〜!トモタカさんを起用する。(2023/3/14)

3月18日から「モバイルSuica」「モバイルPASMO」で中学生/高校生の通学定期券を購入可能に 注意点は?
JR東日本の「モバイルSuica」とパスモの「モバイルPASMO」において、中学生や高校生の「通学定期券」を購入できるようになる。その背景と、実際の購入方法について解説する。(2023/1/25)

「モバイルSuica」、中高生の通学定期券に対応へ 「モバイルPASMO」も
JR東日本が、「モバイルSuica」での中学生・高校生用の通学定期券の取り扱いを3月18日から開始すると発表した。これに合わせ、パスモが提供する「モバイル PASMO」でも、18日から同様の定期券の取り扱いをスタートする。(2023/1/25)

申請期限は2月末まで:
マイナンバーカード、SuicaやPASMOなどと連携 公共交通やタクシーの住民割引へ
政府は、マイナンバーカードとSuicaやPASMOなどの交通系ICカードを連携させ、自治体による公共交通やタクシーの住民割引などを行うサービスを全国で推進する方針を決めた。デジタル技術の活用により地方活性化を目指す「デジタル田園都市国家構想総合戦略」で閣議決定された。(2022/12/23)

「Apple PayのPASMO」で定期券購入&新規利用で最大2000円分キャッシバック
PASMO協議会とパスモは「Apple PayのPASMO」で定期券を購入、または初めて発行して利用したユーザーへ最大2000円分のキャッシュバックを行うキャンペーンを開催。10月14日からエントリーを開始し、30万件に達し次第終了する。(2022/10/13)

PASMOだけ持って飲食 → 決済未対応店だった “無銭飲食しかけた漫画”に身が引き締まる
最後は逆に落ち着いていく。(2022/10/9)

Google Payで「PASMO」が利用可能に 既存の「モバイルPASMO」も登録可能
Android端末向けの決済サービス「Google Pay」において首都圏私鉄の共通ICカード「PASMO(パスモ)」を利用できるようになった。先行するJR東日本の「Suica(スイカ)」と同様に、Google Payに登録したカードによるチャージや定期券の継続購入にも対応している。(2022/9/28)

Google Payが「PASMO」に対応 チャージ/PASMO定期券もGoogleアカウント登録クレカで連携支払い可能に
待ってました!(2022/9/28)

Google Payが「PASMO」に対応
Androidスマートフォン向けの支払いサービス「Google Pay」が「PASMO」に対応した。同サービスに対応した交通系ICカードは、これまで「Suica」のみとなっていた。(2022/9/28)

障害者用Suica・PASMO、2023年3月導入へ タッチするだけで割引適用に
現在は利用のたびに有人改札などを通る必要があります。(2022/9/21)

PASMOアプリ利用でApple MusicとApple Arcadeが3カ月無料に 無料体験キャンペーン
「Apple PayのPASMO」「モバイルPASMO」のPASMOアプリ内のお知らせから初回加入すると、通常1カ月のApple Music無料体験が3カ月になる。(2022/7/27)

モバイルPASMOのAndroid版に再起動を繰り返す不具合 原因はフォントサイズ設定の誤り
パスモ協議会はAndroid版「モバイルPASMO」アプリについて、7月19日10時から26日10時にかけて、一部の端末で同アプリが再起動を繰り返す不具合があったことを明らかにした。「繰り返し停止しています」というエラーメッセージが画面に表示される状態になる。原因は同アプリのフォントサイズ設定に誤りがあり、Android端末のフォントサイズを大きくした場合に、画面描画の問題が発生し、アプリが異常終了するためだという。(2022/7/26)

小田急ポイントをPASMOへチャージ 8月1日よりサービス開始
 小田急電鉄は8月1日より、同社のサービスプラットフォーム「ONE」(オーネ)を通じて、小田急ポイントを、全国のセブン銀行ATMにてPASMOにチャージできるサービスを開始すると発表した。(2022/6/16)

Xperia 10 IIIにおける「モバイルSuica」「モバイルPASMO」のトラブル、ドコモとauが対策ソフトウェアを公開
日本市場向けのXperia 10 IIIにおいて「モバイルSuica」「モバイルPASMO」が正常に利用できなくなるトラブルについて、NTTドコモ向けモデル(SO-52B)とau向けモデル(SOG05)が対策ソフトウェアの配信を開始した。Y!mobile向けモデルとソニー/楽天モバイルが販売するモデルではまだソフトウェア更新が配信されていない。(2022/4/1)

Xperia 10 IIIで「モバイルSuica」「モバイルPASMO」の一部機能にトラブル ソフトウェア更新で対処予定
ソニーが国内向けに供給している「Xperia 10 III」において、更新されたソフトウェアによって「モバイルSuica」「モバイルPASMO」の一部機能にトラブルが生じる可能性があることが判明した。最悪の場合、カードが利用出来なくなる可能性があるので注意が必要だ。【更新】(2022/3/31)

要エントリー:
「Apple PayのPASMO」で定期券購入/移行 or 新規発行から2000円使うと1000円キャッシュバック 3月18日10時から
PASMO協議会とパスモ(PASMOの発行元)が、「Apple PayのPASMO」の利用促進キャンペーンを開催する。3月18日10時から4月22日までの期間中にApple PayのPASMOにおいて定期券を新規購入またはPASMOカードから移行するか、Apple PayのPASMOを新規発行した上でプリペイド残高を2000円以上使うともれなく1000円キャッシュバックされる。(2022/3/16)

PASMOの払い戻しに220円の手数料 3月12日から 「短期利用で多くのカードが廃棄に」
「PASMO」カードを払い戻しする際に手数料が発生するようになる。PASMOを運営するPASMO協議会が2021年9月に発表したもので、3月12日から実施予定だ。(2022/3/10)

秩父鉄道がいよいよ「PASMO」に対応、3月12日から 導入記念、驚きの「急行秩父路」急行料金無料に
これまでの「昔ながらの改札口」も名物でした。(2022/3/4)

こいつ……改札で光るぞ! SuicaやPASMOをモビルスーツが飾る「ガンダムPIICA」登場
ガンダムや百式、ケンプファーやペーネロペーなど、全16種類がラインアップ。(2022/2/9)

「テストです」モバイルPASMOで誤通知 アクセス集中でつながりにくい状態に
パスモは12月17日午後3時40分ごろ、スマートフォン向けアプリ「モバイルPASMO」の利用者に対して、誤った通知を送信したと発表した。実際のサービスには影響がないとしているが、午後4時25分現在、アクセスが集中してつながりにくい状況になっている。(2021/12/17)

みずほ銀行のサービスにも波及:
「モバイルSuica・PASMO」のチャージできない障害が解消 JR東は一部返金対応へ
「モバイルSuica」と「モバイルPASMO」で、Apple Payを使ったチャージができなかった問題で、JR東日本などは障害が解消したと発表した。詳細な原因や影響範囲については「引き続き調査中」としている。(2021/10/5)

Apple PayのSuicaとPASMOでチャージできない障害
Apple PayのSuicaとPASMOでチャージができない障害が発生している。Appleのネットワークで障害が発生している模様。チャージした残高は利用できる。(2021/10/5)

復旧めど立たず:
「モバイルSuica」「モバイルPASMO」、Apple Payでチャージできない障害 Appleのネットワーク障害が原因か
JR東日本はモバイルSuicaのiOS版でアプリ経由のチャージや定期券の購入ができない障害が発生していると発表した。同社は「復旧を急いでいる」とし、券売機でのチャージを呼び掛けている。(2021/10/5)

モバイルSuica・モバイルPASMOでチャージできない障害 通勤・通学時間に発生し混乱広がる ※追記あり
16時ごろに復旧が発表されました。(2021/10/5)

10%〜50%還元施策が充実、PayPayは最大10万円還元のチャンス スマホ決済8月のキャンペーンまとめ
2021年8月もスマホ決済キャンペーンが充実している。PayPayがセブン-イレブンで実施している「ペイペイジャンボ」では、最大10万円が還元されるチャンス。楽天ペイのSuicaやApple PayのPASMO、Tマネーのかざして支払いなどで、初めて利用する人に向けた特典が充実している。(2021/8/3)

Apple PayのPASMO、50%還元キャンペーン開始
PASMO協議会およびパスモは7月20日、「つかった金額の最大50%もどってくる!キャンペーン」を開始した。iPhoneやApple Watchで発行したApple Pay PASMOの2000円以上の利用で、最大1000円分をキャッシュバックする。(2021/7/20)

Apple Payの「PASMO」新規利用で最大50%キャッシュバック
パスモは、7月20日から「つかった金額の最大50%もどってくる!キャンペーン」を開催。新たにApple Payの「PASMO」を利用開始したユーザーが2000円以上の交通/電子マネーを利用すると、1000円分をキャッシュバックする。(2021/7/19)

Apple PayのPASMO新規利用キャンペーン 最大50%キャッシュバック
PASMO協議会がApple PayのPASMOで使った金額の最大50%がキャッシュバックされるキャンペーンを7月20日から開始する。(2021/7/16)

区間外の鉄道利用を促進:
東武、定期区間外の運賃を「全額還元」する社会実証を実施へ
東武鉄道は、通勤・通学PASMO定期券を持つ乗客を対象に、定期区間外利用時の運賃相当額をグループ共通ポイント「TOBU POINT(トブポ)」で還元する「定期区間外おでかけ社会実証」を実施すると発表した。(2021/7/13)

SuicaやPASMOがライダーベルトに変わる「PIICA」 平成第2期「W」から令和のセイバーまで収録の第2弾登場
ICカードリーダーに反応して光ります。(2021/5/19)

改札にかざすとクウガやファイズに変身! SuicaやPASMOがライダーベルトに変わる「PIICA」、プレミアムバンダイで予約受付中
コンビニや自販機の決済時でもピカッ。(2021/4/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。