ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「モバイルSuica」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「モバイルSuica」に関する情報が集まったページです。

「モバイルSuica」「Suica」アプリのチャージとチケット購入に仕様変更 3Dセキュア対応カードが必要に(代替手段あり)
Android端末の「モバイルSuica」アプリとiPhone(iOS)の「Suica」アプリにおいて、会員情報とひも付ける決済用カードに「3Dセキュア」が必須となった。3Dセキュアの利用できないカードをひも付けている場合は、そのカードでGoogle PayやApple Payを利用できれば問題を回避できる可能性がある。(2021/5/18)

楽天EdyやモバイルSuicaの利用で最大1万円還元 おサイフライフ+でキャンペーン
おサイフケータイ・電子マネーのサービスまとめアプリ「おサイフライフ+」が還元キャンペーン開催。4月の毎週火曜日に対象の電子マネーを利用すると1決済当たり最大2500円分相当、4電子マネー利用で最大1万円分相当が当たる。(2021/4/5)

リニューアルした「モバイルSuica」は何が変わった?
長時間に渡るメンテナンスを経て、3月21日に「モバイルSuica」のアプリとサービスがリニューアルされた。その特徴を簡単に紹介する。【更新】(2021/3/22)

モバイルSuica、リニューアル後に不具合 定期券登録などでエラー、原因はアクセス集中
JR東日本のスマホアプリ「モバイルSuica」で、3月21日午前7時半〜午後10時半に不具合が発生。定期券の登録や機種変更の手続きといった各種操作が完了できない状態だった。原因はメンテナンス終了に伴うアクセス集中という。(2021/3/22)

モバイルSuica、3月20日朝〜21日朝までサービス一時停止 アプリのリニューアルで
JR東日本が「モバイルSuica」のサービスを3月20日午前11時から21日午前7時にかけて一時停止する。アプリのリニューアルに伴うもので、期間中はアプリからのチャージなどが行えなくなる。すでにチャージしてある残高の利用などは行える。(2021/3/18)

モバイルSuicaが3月21日リニューアル Android版はモバイルPASMOと併用可能に
Android版を中心にリニューアル。(2021/2/11)

「モバイルSuica」リニューアル OS間の移行に完全対応、AndroidならモバイルPASMOと共存可能に
JR東日本が、スマートフォン向けサービス 「モバイルSuica」 を3月21日にリニューアルすると発表。iOS端末からAndroid端末へSuicaを移行できるようにするなど機能を増やす。(2021/2/10)

「モバイルSuica」が3月21日に刷新 PASMOの使い分け、iOSからAndroidへのデータ移行が可能に
JR東日本の「モバイルSuica」が3月21日にリニューアル。Androidでは「おサイフケータイアプリ」との連携により、複数枚のSuicaを設定可能となる。リニューアルに伴い、3月20日11時〜21日7時頃までサービスを一時停止する。(2021/2/10)

d払い、au PAY、PayPay以外でも10〜20%還元 スマホ決済2月のキャンペーンまとめ
2021年2月はPayPayやdカードのキャンペーンが1月よりも少なくなる一方、三井住友カードやモバイルSuicaのキャンペーンも見逃せない。今回もPayPay、au PAY、d払いを中心に2021年2月開催のキャンペーンをまとめた。(2021/2/9)

利用サービス上位は「楽天Edy」「iD」「モバイルSuica」――MMD研究所のスマホ決済(非接触)調査
MMD研究所が「2021年1月スマートフォン決済(非接触)利用動向調査」の結果を発表した。利用サービスの上位は「楽天Edy」「iD」「モバイルSuica」となり、利用検討サービスの上位は「楽天Edy」「モバイルSuica」「Visaのタッチ決済」となった。(2021/1/22)

ドコモショップでLINEやポケモンGOなどの設定を有料サポート 1アプリ1650円(税込み)
NTTドコモは、ドコモショップで「アプリ設定サポート」を実施。「LINE」「Twitter」「Instagram」「Facebook」「メルカリ」「モバイルSuica」「ディズニー ツムツム」「Pokemon GO」の初期設定などを1アプリ1650円(税込み)で行う。(2020/11/19)

交通費も自動取込して精算 NTTコム、モバイルSuica連動の経費精算サービス「SmartGo Staple」開始
NTTコミュニケーションズは、モバイルSuicaと法人用プリペイドカードを組み合わせて、交通費を含めた経費を自動で精算できる「SmartGo Staple」の提供を始めた。従業員にプリペイドカードを配布し、紐付いたモバイルSuicaを利用してもらうことで、カードで使用した経費や交通費が自動的に経費精算サービスに取り込まれ、容易に経費処理できる。(2020/9/30)

PR:楽天ポイントをためるなら“楽天ペイのSuica”を使うべし お得の理由を徹底解説
「楽天ペイ」アプリから「Suica」を発行できることはご存じだろうか。楽天カードからSuicaにチャージをすれば、楽天ポイントをためられる。JRE POINT Webサイトに登録したモバイルSuicaでJR東日本の鉄道を利用すると、50円ごとに1ポイント(※カードタイプのSuicaの場合は、200円ごとに1ポイントたまる)のJRE POINTがたまるので、ポイントの二重取りができる。(2020/9/30)

「モバイルSuica」の会員数が1000万人突破 3900人にオリジナルエコバッグが当たるキャンペーン開催
JR東日本の「モバイルSuica」が、9月8日に会員数1000万人を突破。これを記念し、3900人にオリジナルエコバッグが当たる謝恩キャンペーン開催する。(2020/9/10)

モバイルSuica、会員1000万人突破
JR東日本は、「モバイルSuica」の会員数が8日付けで1000万人を突破したと発表した。2006年1月の開始から約14年半で大台に乗った。(2020/9/9)

スマホ非接触決済の利用経験ありは2割、利用上位は「楽天Edy」「iD」「モバイルSuica」
MMD研究所は、7月28日に「2020年7月スマートフォン決済(非接触)利用動向調査」の結果を発表。利用サービス・利用検討ともに上位は「楽天Edy」「iD」「モバイルSuica」となった。(2020/7/28)

モバイルSuicaが復旧 残高チャージなどサービス再開 不具合の原因は調査中
JR東日本の携帯電話向けサービス「モバイルSuica」が復旧。原因はシステムトラブルで、詳細は調査中としている。(2020/7/15)

「モバイルSuica」アプリ、不具合で一時停止 15日18時に復旧予定
iOSとAndroid向け「モバイルSuica」アプリが、システム不具合のため一時停止となっている。15日18時に復旧する予定。モバイルSuicaアプリを介さない機能は利用できる。(2020/7/15)

モバイルSuicaでシステム障害、サービスを一時停止 復旧はきょう午後6時を予定【追記あり】
JR東日本の携帯電話向けサービス「モバイルSuica」でログインが必要なサービスが停止中。復旧は午後6時頃を予定している。(2020/7/15)

モバイルSuicaが4回(予定)の「臨時メンテナンス」を実施 3月21日/26日は少し長め
JR東日本の「モバイルSuica」が、臨時のシステムメンテナンス断続的に実施する。メンテナンス中は、サービスへのログインが必要なサービスが一切利用できなくなる。特に3月21日と26日は、メンテナンス時間が長いので注意しよう。(2020/3/9)

非接触決済の利用頻度トップは「nanacoモバイル」、満足度1位は「モバイルSuica」 MMD調べ
MMD研究所は、2月4日に「2020年1月 スマートフォン決済(非接触)の満足度調査」の結果を発表。利用頻度が最も高いのは「nanacoモバイル」で、総合満足度1位は「モバイルSuica」。利用上位6サービスの総合満足度は53.2%となった。(2020/2/5)

東北・上越・北陸新幹線などの「eチケットサービス」が3月14日にスタート 「Suica」など交通系ICカードで乗り降り可能に
事前登録した「交通系ICカード」で東北・山形・秋田・北海道・上越・北陸新幹線に乗車できるサービスが3月14日にスタート。それに伴い、3月13日をもって「モバイルSuica特急券」のサービスは終了する。(2020/2/4)

「モバイルPASMO」2020年春サービス開始 Androidおサイフケータイで利用可能
モバイルSuicaのアプリ更新などを通して“伏線”を張ってきた「モバイルPASMO」が、いよいよ現実のものに。2020年春、Android 6.0以降を搭載するおサイフケータイ対応スマートフォンで利用できるようになる。サービスの詳細は、3月初旬に改めて発表される予定だ。(2020/1/21)

「モバイルSuica」で乗るだけ、立て替えや申請不要の交通費精算サービス「Smart Go」がスタート
NTTコミュニケーションズ(NTT Com)とJR東日本は、「モバイルSuica」と自動連携して業務交通費の精算を簡素化するサービス「Smart Go」を開始。従業員による交通費の立て替えや申請手続き、上長承認、経理部門の精算処理といった従来のプロセスが不要になる。(2019/9/27)

交通費精算事務をゼロに。モバイルSuicaから自動で取り込む「Smart Go」  NTTコムとJR東
モバイルSuicaから自動的に移動データを取得して、交通費精算の事務作業をゼロにする。(2019/9/25)

モバイルSuicaで乗車すると2%のポイント還元 10月1日から
JR東日本は、Suicaを使って乗車するとポイント還元をするサービスを10月1日に提供開始すると発表した。還元率はモバイルSuicaが1回の利用額の2%、カードタイプのSuicaは0.5%にとどまる。(2019/9/3)

ふぉーんなハナシ:
「モバイルSuica」定期券の継続はGoogle Payでもできる
モバイルSuicaでは定期券も買えます。実は継続定期ならGoogle Payでも購入できるって知ってました?(2019/7/19)

メルペイが驚きの「最大70%還元」キャンペーン GW中に大盤振る舞い
【2019年4月26日追記】モバイルSuicaチャージは対象外に。(2019/4/26)

モバイルSuicaの銀行チャージ、2019年9月で終了
東日本旅客鉄道(JR東日本)は、2019年9月に「モバイルSuica」の銀行チャージを終了する。終了日時は、7月24日1時が三菱UFJ銀行、9月25日0時がみずほ銀行とじぶん銀行。(2019/4/8)

ふぉーんなハナシ:
なぜ2020年2月26日から? 「モバイルSuica」無料化について、JR東日本に聞いてみた
「モバイルSuica」が2020年2月26日から年会費を無料にするそうです。いろいろな疑問が湧いてきたので、東日本旅客鉄道(JR東日本)に質問してみることにしました。(2019/1/18)

「モバイルSuica」の年会費が無料に フィーチャーフォン向けサービスは2020年に終了
JR東日本は、2020年2月26日以降に「モバイルSuica」の年会費を無料にすると発表した。また、フィーチャーフォン全機種とAndroidスマホの一部機種は2020年2月25日または2020年12月22日にサービス提供を終了とする。(2019/1/16)

「モバイルSuica」年会費無料に ガラケー向けはサービス縮小
JR東日本は、Androidスマートフォンやガラケー向けに提供している「モバイルSuica」のサービスについて、2020年2月26日から年会費を無料にすると発表した。iPhoneで同様なサービスを利用できるApple Payは当初から無料だった。(2019/1/16)

大規模な接続障害? 多数のWebサービスがつながりにくい状態に
8月25日昼過ぎから、「メルカリ」「モバイルSuica」「Netflix」「楽天証券」など多数のWebサービスにアクセスしづらいという報告が相次いだ。【更新】(2017/8/25)

Mobile Weekly Top10:
人はなぜ「ケータイ」を求める?/「モバイルSuica」のUI変更
最近の中古携帯電話市場では、ケータイ(フィーチャーフォン)へのニーズが高まっているようです。なぜなのでしょうか?(2017/7/4)

ふぉーんなハナシ:
Android版「モバイルSuica」アプリがバージョンアップして……
今日(6月27日)、Android版「モバイルSuica」アプリとiOS版「Suica」アプリがバージョンアップしました。Android版では、バージョンアップによって「あること」が発生します。(2017/6/27)

トリニティ、おサイフケータイ対応の「NuAns NEO [Reloaded]」を6月9日発売 「モバイルSuica」「iD」などに対応
トリニティのSIMロックフリーAndroidスマートフォン「NuAns NEO [Reloaded]」が、いよいよ発売となる。大手キャリアへの納入実績がないメーカーの機種としては初めて「おサイフケータイ」に対応し、「モバイルSuica」「iD」といった主要なサービスに対応する。(2017/6/7)

「モバイルSuica」障害、約3時間半で復旧 「通常の10倍のアクセス」 Apple PayのSuica対応が影響か
25日朝から起きていた「モバイルSuica」の障害が、約3時間半でおおむね復旧した。サーバには通常の10倍のアクセスがあったという。(2016/10/25)

Apple PayにSuicaを登録できない!? 原因はモバイルSuicaサービスへのアクセス集中
Android版も含め、サービス全体が混雑しているようです。(2016/10/25)

私鉄沿線住みで電子マネー未経験のiPhone 7 PlusユーザーがApple PayとモバイルSuicaを使ってみた
生粋のiPhoneユーザーで、おサイフケータイなにそれという態度であった筆者のところにiOS 10.1が降ってきた。これでiPhone 7 Plusが電子マネー端末になったのだ。(2016/10/25)

Apple Pay日本で開始:
「iPhoneでSuica」きょうスタートも、アクセス集中で登録しづらい状態に モバイルSuicaにも影響
25日、日本でもApple Payが使えるようになったが、Suicaサービスにアクセスが集中。登録しづらい状態になっている。(2016/10/25)

石川温のスマホ業界新聞:
JR東日本幹部が語る「iPhoneのSuicaでできること、できないこと」――iCloud連携で、無記名カードでもセキュリティが格段に向上
待望の「Suica」対応を果たしたiPhone 7/7 Plus。しかし、Androidスマートフォンの「モバイルSuica」とも違うその仕組みには、まだまだ謎も多い。そこで、JR東日本の小縣方樹副会長への取材を通して、それを少しでも解いていこう。(2016/9/30)

PASMOの相互利用は? モバイルSuicaとの違いは?――Apple Pay Suicaの疑問
iPhone 7/7 PlusはFeliCaを搭載して「Suica」を利用可能になったことがトピックの1つだが、Android向けのモバイルSuicaとは何が違うのか? PASMOの相互利用はできるのか?(2016/9/9)

石川温のスマホ業界新聞:
「9月発表のiPhoneにFeliCa搭載」に新証言が続々――背後に、アップルとJR東日本を仲介した「日本のキャリア」の存在
まもなく発表されるであろう新型iPhoneに、FeliCaが搭載されるという話が相次いでいる。以前よりも真実味を増した証言が相次ぐ背景には、モバイルSuicaを擁するJR東日本と、iPhoneを作るAppleとの“橋渡し”をする日本の大手キャリアの存在がありそうだ。(2016/8/26)

石川温のスマホ業界新聞:
JR東日本が「2017年4月以降、グローバルスマホにFeliCa」と断言――現実味を帯びてきた「iPhoneでおサイフケータイ」の可能性
NFC Forumが日本で開催したイベントにおいて、東日本旅客鉄道(JR東日本)のIT・Suica担当部長がグローバルモデルのスマートフォンにおける「モバイルSuica」対応を言及した。早くて2017年4月以降に公共交通機関に対応するNFCスマホにおいて、原則としてFeliCa搭載が搭載されるというのだ。(2016/7/22)

ぶらり乗車しない旅:
PR:モバイルSuica対応記念! SIMフリー「arrows」で山手線を一周 〜ただし徒歩で〜【PR】
「モバイルSuica」が使えるようになったSIMフリーの「arrows」を持って、山手線を一周してきました。徒歩で。(2015/12/25)

ITmediaスタッフが選ぶ、2015年の“注目端末&トピック”(ライター小林編):
「SIMフリー×モバイルSuica」と「ガラホ」に期待しつつも、ウェアラブルの“盛り下がり”が心配に
2015年、筆者が注目したのは、「SIMフリー端末のモバイルSuica対応」「Android搭載フィーチャーフォン・ガラホの広がり」「ウェアラブル端末の盛り下がり」の3点だ。(2015/12/18)

モバイルSuica、一部のSIMフリー端末に対応 「Xperia J1 Compact」など
SIMフリー端末対応のモバイルSuicaサービスが12月中旬にスタート。まず「Xperia J1 Compact」など6機種に対応する。(2015/12/3)

「モバイルSuica」が国内メーカーのSIMフリースマホで利用可能に
12月中旬から、Xperia J1 Compact、AQUOS SH-M02、arrows M02などで利用できる。モバイルSuica10周年を記念したキャンペーンも行う。(2015/12/2)

BookLive!、決済手段に楽天EdyとモバイルSuicaを追加
連動キャンペーンも開催。(2015/3/31)

モバイルSuica、キャリア決済に対応 クレカなしでもオンラインチャージ
「モバイルSuica」がキャリア決済に対応。クレジットカードがなくてもオンラインチャージが可能になる。(2014/1/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。