連載
» 2008年06月24日 09時27分 公開

エコで賢いハイテクカー「ゴルフ TSI トレンドライン」に乗ってみた神尾寿の時事日想・特別編(3/3 ページ)

[神尾寿,Business Media 誠]
前のページへ 1|2|3       

「賢くダウンサイジング」という価値

 ガソリン価格の高騰やライフスタイルの変化、さらにカーシェアリングのような新たな自動車利用サービスの登場もあり、「クルマを所有しない」は消費者の賢い選択肢の1つになっている。また、今後登場するプラグインハイブリッドカーやEVなど、電気の力を借りたエコカーに人々の興味が集まるのも自然な流れだろう。

 しかし、小さな子どものいる家庭にとって、「クルマがないと、やっぱり不便」であることも事実だ。いま手の届く範囲で、無理せず使えるエコカーが必要というニーズは否定できるものではない。

欧州におけるオートマチックトランスミッションのトレンド(左)、TSIシングルチャージャー90kW+7速DSG(右)

 そのような中で、フォルクスワーゲンがTSIとDSGの技術革新で進める“ダウンサイジング”というアプローチは、とてもスマートで高く評価できる取り組みだと筆者は思う。人それぞれのライフスタイルの中で、必要最小限のサイズのクルマを、ハイテクを駆使した小さなエンジンで動かす。エコの旗を振りかざすのではなく、それは生活者視点の発想だろう。

 大排気量・高出力で大きなクルマが価値を持った時代は確かに存在した。しかし、それは今ではない。クルマを取り巻く環境変化の中で、「小さく賢くあること」は1つのキーワードになっている。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -