ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「エコロジー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
Business Media 誠:ECO誠チャンネル
質問!エコロジー→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でエコロジー関連の質問をチェック

クラウドERP導入の壁とそれを乗り越える方策(3):
PR:SAP BTPによるDX推進
グローバルにビジネスを展開する製造業にとって、デジタルトランスフォーメーション(DX)の重要性は高まる一方であり、企業が競争力を発揮するためにはDXへの取り組みが不可欠です。本連載では基幹系DX基盤のあるべき姿と、その実現に向けてポイントとなるソリューションを提案します。第3回ではさまざまなSaaSソリューションを活用し、企業に最適化されたITエコシステムを実現する仕組みについて解説します。(2024/3/1)

CAEニュース:
Ansys、衝突テスト用の擬人化試験装置プロバイダーとのパートナーシップ拡大
Ansysは、BridgepointからHumaneticsの少数株主持分を取得する最終契約を締結した。パートナーシップを拡大し、ヒューマンセーフティエンジニアリングのエコシステムを強化する。(2024/2/26)

グリーンコンピューティングの基本
電力消費の無駄をなくすデータセンター「エコ化」の8ステップ
データセンターにおける環境配慮の方針を具現化するためのさまざまな方法がある。現状把握から実践まで、環境とビジネスにメリットをもたらす8つのステップを紹介する。(2024/2/13)

Suicaのペンギンがおむすびになった!? かわいいデザインのエコバッグ付おむすびセット登場
おむすび処「ほんのり屋」で販売。(2024/1/28)

Itmedia Security Week 2023秋 イベントレポート:
Contiの解析から判明した“攻撃者エコシステムの実態”と“EDRの限界”
今やランサムウェアグループは分業化などが進み、組織はますます高度化している。著名なランサムウェアグループContiの実態と攻撃手法から、EDRの限界が見えてきた。(2024/1/31)

人工知能ニュース:
エッジAIによる製品開発に貢献する包括的な開発エコシステム
STマイクロエレクトロニクスは、エッジAIによる製品開発に貢献する包括的な開発エコシステム「ST Edge AI Suite」を発表した。2024年前半の提供開始を予定している。(2024/1/10)

「The State of Developer Ecosystem 2023」を発表:
開発者が最も使用している生成AIツール、2位は「GitHub Copilot」 1位は?
JetBrainsは、開発者エコシステムの現状をまとめたレポート「The State of Developer Ecosystem 2023」を発表した。196の国と地域の2万6348人の開発者から回答を得た。(2023/12/27)

材料技術:
リンテックが12μmのラベルを貼り付け可能なラベリングマシンを開発
リンテックは、「エコプロ [第25回]」で、12μmのラベルを貼り付けられる「薄膜ラベル対応ラベリングマシン(曲面貼付タイプ)」のデモ機を参考出展した。(2023/12/27)

Imperas Softwareを傘下に:
SynopsysがRISC-V市場に攻勢、シミュレーションツールベンダーの買収で
Synopsysが、RISC-Vのシミュレーションツールを手掛けるImperas Softwareを買収した。RISC-Vを採用したプロセッサIP「ARC-V」を発表したばかりのSynopsysは、RISC-Vのエコシステム形成に力を入れる。(2023/12/25)

「2進数のバースデーケーキ」が「エコで賢い」と話題 たった5本のロウソクで31歳まで祝える!
8本なら255歳まで祝えます。(2023/12/21)

なぜ、セブンの「レジ袋風」エコバッグが7万個も売れたのか ヒットの裏にあるストーリー【2023年ベスト記事】
セブン‐イレブンのレジ袋風エコバッグに関する記事が2023年アクセスランキングの上位入りを果たしました。年末に記事の概要を振り返ってみます。(2023/12/17)

リサ・ラーソンの福袋「ふくよびぶくろ2024」発売 エコバッグなどアイテム7点とランダムのおまけ入り
「マイキーセット」「ハリネズミセット」の2種。(2023/12/14)

「ジョジョ」「ムー」コラボの『地球の歩き方』がエコバッグ&ポーチに! カプセルトイで登場
「世界のカレー図鑑」などもラインアップ。(2023/12/10)

イノベーションのレシピ:
オフィスで紙循環サイクルを簡単構築、エプソンの水を使わない製紙機に新モデル登場
セイコーエプソンは、乾式オフィス製紙機「PaperLab」の新型機を開発し、環境総合展「エコプロ2023(SDGs Week EXPO 2023)」において、この新型機のプロトタイプの紹介と今後の戦略などを発表した。(2023/12/7)

楽天社員に呼び掛け:
三木谷浩史「AIは全てのエコシステムの中心になる」 グーグル、メタにない強みは?
楽天グループの三木谷浩史会長兼社長は、グループを挙げてAI活用に注力することを宣言した。「AIは全てのエコシステムの中心になる」と話し、AI活用によってマーケティング、オペレーション(運営)、クライアントの事業効率をそれぞれ20%上げるよう社員に呼び掛けているという。(2023/11/30)

クリスピー・クリーム・ドーナツ、2024年の福袋を販売 エコバッグと年末年始限定ドーナツなどがセット
福袋はレギュラーセット(4800円)とプレミアムセット(6800円)の2種。(2023/11/26)

1Dモデリングの勘所(25):
自然エネルギーで自活する街“グリーンシティー”をモデリングする
「1Dモデリング」に関する連載。連載第25回は、自然エネルギーで自活する街“グリーンシティー”を取り上げる。まず、グリーンシティーの全体像を考え、次にこれらを構成する要素の定式化を行う。最後に、全体を統合してグリーンシティーのエネルギー収支をモデリングする。(2023/11/20)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
FA機器と家電製品、サーキュラーエコノミーの議論を進めやすいのは?
ステークホルダーの観点から考えます。(2023/11/10)

楽天モバイル、2024年末までに800万回線突破で黒字化を目指す SPUは「多くの方々にはアップグレードになる」と三木谷氏
楽天モバイルは赤字が続いているが、営業利益は改善している。700MHz帯の獲得や新ローミング契約でネットワークの品質も改善していく。契約者数と売上アップのためには、「楽天グループのエコシステムのベネフィットを最大に活用していく」(三木谷氏)という。(2023/11/9)

3Dプリンティング:
3Dプリンタ住宅がカード1枚で購入可能に ダイナースクラブカードと提携
セレンディクスが供給する3Dプリンタ住宅「serendix10」が、クレジットカード決済に対応した。同社が掲げる「デザインはデジタル、建築はロボット、購入はカード一枚」という近未来の住宅エコシステムの構築が現実のものとなりつつある。(2023/11/8)

小寺信良のIT大作戦:
公式ストア以外いる? 国のスマホ「サイドローディング」論争で多数の指摘、あぶり出された問題点とは
内閣官房デジタル市場競争本部事務局が「モバイル・エコシステムに関する競争評価」の最終報告を提出。パブリックコメントが集計され、結果が公開された。559件が提出され、この施策の問題点がより明確になっている。公開されたパブリックコメントの中から主だったものをピックアップし、この施策の何が問題なのかまとめてみたい。(2023/10/31)

常時表示の消費電力“ゼロ”:
25.3型のカラー版も、エコな電子ペーパーポスター
シャープは「CEATEC 2023」(2023年10月17〜20日/幕張メッセ)に出展し、消費電力“ゼロ”で表示維持が可能な電子ペーパーディスプレイを展示した。電源に接続することで表示の変更が可能で、一度表示した画像は電源を切っても維持される。(2023/10/26)

材料技術:
TSMCとイビデンが3次元実装で連携強化、先端パッケージ基板の生産性を10倍に
TSMCは同社が主導する半導体製造のオープンイノベーションの枠組みであるOIPエコシステムや、3次元実装に向けたアライアンス「TSMC 3DFabric Alliance」、3次元実装プロセスにおいてツールや材料の相互利用を可能にする標準規格「3Dblox」について説明した。(2023/10/25)

AI主導の今後のネットワーキング要件に対応:
Google Cloud、低レイテンシのハードウェアトランスポート「Falcon」を公開
Google Cloudは、信頼性の高い低レイテンシのハードウェアトランスポート「Falcon」を、Open Compute Project(OCP)を通じてイーサネットエコシステムに公開した。(2023/10/23)

「ピクミン」や「あつ森」の「ラッピング×エコバッグ」発売 プレゼントのラッピングにもエコバッグにもなるアイテム
マリオやスプラトゥーン3のデザインも。(2023/10/21)

脱炭素:
経済合理性あるサーキュラーエコノミーの実現を、三菱電機と東大が研究講座開設
三菱電機は東京大学大学院工学系研究科と共同で、サーキュラーエコノミーの実現に向けた課題解決を目指す社会連携講座「持続可能な循環経済型未来社会デザイン講座」を開設した。(2023/10/19)

米連邦政府、AI関連チップの中国輸出規制強化へ
米商務省は、中国を念頭に置いた半導体関連製品の輸出管理規則を更新し、より高度なAIチップの輸出を阻止する計画であると発表した。NVIDIAやAMDが加盟するSIAはこれを受け、「米国の半導体エコシステムに損害を与える危険がある」という声明を発表した。(2023/10/18)

「サステナブルな商品です!」 その商品の「宣伝方法」はどこまでエコなのか?
サステナビリティの推進が世界的に求められている。サステナビリティと事業成長を両立させるために「エコな商品」の開発・販売に取り組んでいる企業もいるだろう。商品自体はサステナブルかもしれないが、その宣伝方法は果たしてエコになっているだろうか?(2023/10/17)

デバイスからプラットフォームに進化するAMD FPGA/SoC:
PR:AI対応エッジデバイスの設計・開発を加速するFPGAベースのエコシステム
エッジコンピューティングでAI活用のニーズが高まっている。だがその開発は複雑で高難度だ。リアルタイム性や低消費電力、拡張性などの課題をクリアしつつ、AI対応エッジデバイスの設計・開発をシンプルにするプラットフォームとは?(2023/10/16)

製品開発の舞台裏:
G-SHOCK 40周年モデルはパッケージもとことんエコ、カシオの環境配慮への取り組み
2023年で誕生から40周年を迎えたカシオ計算機の耐衝撃ウォッチ「G-SHOCK」シリーズの40周年モデルに採用された“エコパッケージ”の取り組みについて、同社 羽村技術センター 開発本部 開発推進統轄部 第一開発推進部 11開発推進室の工藤之欣氏に話を聞いた。(2023/10/12)

サステナブル設計:
伊那市内で回収したエコキャップを使った環境教育向けモデルカーが完成
日産自動車は、環境教育の教材となる再生プラスチックを使ったモデルカーを完成させた。教材の材料調達からスクール開催までを市内で完結して循環させる、新たなモデルの構築を目指す。(2023/10/11)

PR:AI対応エッジデバイス開発を加速するFPGAベースのエコシステム
(2023/10/11)

エプソン、エコタンクを採用したエントリーモデルなど家庭向けインクジェットプリンタ7製品
エプソン販売は、家庭向けモデルとなるエコタンク搭載A4インクジェットプリンタ「EP-M476T」など7製品を発表した。(2023/10/5)

セキュリティニュースアラート:
Chrome 118から「iCloudキーチェーン」におけるパスキーのサポートが開始
Chrome 118以降から「iCloudキーチェーン」におけるパスキーのサポートが始まる。これによってAppleのエコシステム内でのパスキーの同期と共有が可能となる。(2023/10/5)

車載半導体:
製品を修理して長く使うには、スペアパーツの安全性の証明が必要だ
インフィニオンがサーキュラーエコノミー(循環型経済)に貢献する認証ソリューション「OPTIGA」やサーキュラーエコノミーへの取り組みについて紹介した。(2023/10/2)

製造業×IoT キーマンインタビュー:
日本版データ共有圏「ウラノス・エコシステム」とは? 欧州データ包囲網への対抗軸
世界中で「GAIA-X」や「Catena-X」などのデータ連携の枠組み作りが進む中、日本にはどのような取り組みが求められるのだろうか。2023年4月に正式に命名された日本版データ共有圏「ウラノス・エコシステム」の概要と狙いについて解説する。(2023/10/2)

新たな土地活用:
コインパーキングなのに、精算機がない 「常識破り」で「エコ」な駐車場が生まれたワケ
コインパーキングにつきものの精算機がない。それどころか、車を制御するフラップ板もなく、電力を完全ソーラーでまかなう駐車場がちらほら出てきている。どのように実現しているのか。(2023/9/29)

「RaaS」の普及で、攻撃はより複雑に:
NCSCとNCA、ランサムウェア攻撃の経路、手口、ツールをまとめたサイバー犯罪エコシステムレポートを公開
ランサムウェア攻撃は大規模な犯罪組織によるものから複雑なサプライチェーンに依存する多様なビジネスモデルへと変化している。NCSCとNCAは、サイバー犯罪エコシステムについて調査した結果を発表した。(2023/9/28)

製造マネジメントニュース:
東芝がドイツで新たな技術拠点を開設、コア技術を応用した新技術の創出を狙う
東芝は、同社グループが経営方針で掲げる「デジタル化を通じたカーボンニュートラル/サーキュラーエコノミー」の実現を加速するため、ドイツのデュッセルドルフに新しい技術拠点「Regenerative Innovation Centre」を開所したと発表した。(2023/9/21)

SAPが国内におけるAIエコシステムを展開 狙いとユーザーのメリットは?
昨今はAI活用に注目が集まっている。そんな中、SAPがAIエコシステムの展開を発表した。ユーザーへのメリットとは。(2023/9/20)

ZEH:
2025年度のエコキュート生産30万台達成 パナソニック 空質空調社の3つの戦略
カーボンニュートラル実現など、地球環境への関心の高まりを追い風に、堅調な市場成長を続ける再生可能エネルギーを活用した給湯機「エコキュート」。2025年度には30万台の生産体制も視野に入れるパナソニック 空質空調社のエコキュート事業の事業戦略とは。(2023/9/11)

徳島市が防災エコバッグの販売を中止 デザインが「キース・ヘリング作品」に酷似の指摘相次ぎ
「ご心配のお声」が多数届いたとしています。(2023/9/2)

スタートアップシティーつくばの可能性(3):
「地産地消電源」を作る! つくばのベテラン技術者がチャレンジする夢
筑波研究学園都市としての歴史を背景に持つ茨城県つくば市のスタートアップシティーとしての可能性を探る本連載。第3回は、電力問題の解決に貢献する可能性を秘めたアンビエント発電技術に取り組むスタートアップ・GCEインスティチュートへのインタビューを通して、スタートアップエコシステムが果たす役割についても考える。(2023/8/28)

グーグル・クラウド・ジャパンが生成AIサービスのパートナーエコシステムを発表
グーグル・クラウド・ジャパンは生成AIサービスの利用促進に焦点を当てたパートナーエコシステムを発表した。4つのカテゴリーにパートナーを分類している。(2023/8/25)

拡張機能の開発者にアップデートを推奨:
Mozilla、Android用Firefoxでサードパーティ拡張機能をサポートすると発表
Mozillaは数カ月以内に、Firefoxアドオンサイト(addons.mozilla.org:AMO)でAndroid用Firefoxブラウザ向け拡張機能のオープンエコシステムのサポートを開始する。(2023/8/17)

“アプリストア解放”法案に識者2人が警告 縦割り行政による偏った立法が子供たちを危険にさらす理由
デジタル市場競争会議から出された「モバイル・エコシステムに関する競争評価」の最終報告を受けて、林信行氏が識者に話を伺った。(2023/8/10)

Weekly Memo:
KDDIの通信キャリアならではの「DXエコシステム」とは――キーワードは「ダイバージェンス」
DX支援事業は範囲が広いことから「エコシステムがカギを握る」と言われる。KDDIは通信キャリアとしてDX支援事業に注力している。どんな戦略なのか。そこにはDX支援事業の「エコシステムづくり」におけるヒントがありそうだ。(2023/8/7)

「OpenUSD」による3Dコンテンツの相互運用性向上を促進:
Pixar、Appleなどが3Dエコシステムの標準化に向けて「Alliance for OpenUSD」を創設
Pixar、Adobe、Apple、Autodesk、NVIDIAは、Pixarの「Universal Scene Description」技術の標準化、開発、進化、成長を促進するため、非営利団体「Alliance for OpenUSD」(AOUSD)を創設した。(2023/8/4)

OpenUSDで3Dエコシステムの標準化を目指すアライアンスをPixar/NVIDIAなど5社が立ち上げ
PixarとAdobe、Apple、Autodesk、NVIDIAの5社は、3Dコンテンツのオープン標準規格を推進する団体「Alliance for OpenUSD」の結成を発表した。(2023/8/2)

スマート工場最前線:
パナソニックが進めるリサイクル工程の自動化、エアコン室外機をAI活用で分解
パナソニックHDなどは、エアコン外装自動分解設備と、分解に必要な情報を蓄積する分解データベースによるエアコン室外機外装自動分解システムを開発し、同設備を導入したパナソニック エコテクノロジー関東を公開した。(2023/8/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。