ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ドイツ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ドイツ」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

embedded world 2024:
エッジAIが至るところに 「embedded world 2024」がドイツで開幕
組み込み技術の展示会「embedded world 2024」(ドイツ・ニュルンベルク)が2023年4月9日に開幕した。企業/団体が計7ホールを埋め、組み込みシステム開発の分野における最新トレンドを紹介している。(2024/4/10)

製造マネジメント インタビュー:
製造業DXで日本が欧州から学ぶべき点、学ばなくてもよい点は何か
製造業のDXは広がりを見せているが、日本企業の取り組みは部分的で、ビジネスモデル変革など企業全体の価値につながっていないと指摘されている。製造業のDXに幅広く携わり、2023年12月に著書「製造業DX EU/ドイツに学ぶ最新デジタル戦略」を出版した東芝 デジタルイノベーションテクノロジーセンター チーフエバンジェリスト/アルファコンパス 代表の福本勲氏に話を聞いた。(2024/4/8)

ちょっと昔のInnovative Tech:
数字300桁を適当に言う→数列から96%以上で誰が言ったか特定 数列には個人の「クセ」が現れる
ドイツのシャリテ・ベルリン医科大学などに所属する研究者らは2021年に、無作為に生成した数列に個人特有のパターンが含まれることを示した研究報告を発表した。その数列を同一人物が書いたか、それとも別人が書いたかを判定するシステムを開発し、証明した。(2024/4/5)

資料映像かと思いきや…… ドイツ戦艦「ビスマルク」最後の戦いを描いたレゴ・アニメーション作品がすごい
迫力満点……!(2024/3/29)

市場の構造変化で「回復見込めず」:
シリコンウエハー大手Siltronic、150mmまでの小口径ウエハー生産から撤退へ
シリコンウエハー大手のドイツSiltronicが最大150mmまでの小口径ウエハーの生産を終了する。小口径のポリッシュドおよびエピタキシャルウエハーについて順次生産を終了していき、2025年中に撤退を完了する予定だ。(2024/3/26)

ドイツ人家族が日本のバウムクーヘンを実食、一番おいしいと絶賛したのは…… 満場一致の結果に「参考になります」「他の食べ比べもお願い」
ドイツではあまり食べられていないという意外な事実も。(2024/3/26)

システムの効率化やコスト削減に貢献:
車載および産業向けの750V耐圧 SiCパワーMOSFET新製品、Infineon
Infineon Technologiesは2024年2月27日(ドイツ時間)、車載および産業向けのSiC(炭化ケイ素)パワーMOSFET新製品「CoolSiC MOSFET 750V G1」シリーズを発表した。「クラス最高」(同社)とするRDS(on)× Qfrおよび高いRDS(on) × Qoss性能指数を実現し、システムの効率化やコスト削減に貢献する。(2024/3/18)

EPCに続き:
Infineonが中国のGaNパワー半導体Innoscienceを提訴、GaN技術の特許侵害で
Infineon Technologiesが2024年3月14日(ドイツ時間)、中国のGaNパワー半導体メーカーInnoscienceをGaN技術に関する特許侵害で提訴した。(2024/3/14)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
Intelが計画する「最先端プロセス採用」ドイツ工場、その詳細図面が公開
合計約2000ページというボリュームの文書に、2棟のファブを有する構築予定の拠点の姿が詳細に記載されています。(2024/3/11)

ハノーバーメッセ 2024:
「AIは競争力ある持続可能な産業の鍵」ハノーバーメッセ 2024の主催者が語る
ドイツ・ハノーバーで開催される世界最大級の産業見本市「ハノーバーメッセ(HANNOVER MESSE) 2024」(2024年4月22〜26日)の開催を前に、主催のドイツメッセが2024年2月下旬、現地で記者説明会を開催した。ドイツメッセCEOのヨッヘン・コックラー氏は、同見本市の開催概要や見どころを語るなかで、生成AIをはじめとしたAI技術の急速な発展が産業界にもたらす可能性を強調していた。(2024/3/8)


アップルも新規参入断念 EV市場が大きな曲がり角に差し掛かっている
電気自動車(EV)市場が大きな曲がり角に差し掛かっている。ドイツのメルセデス・ベンツや米「ビッグ3」の一角など大手メーカーがEV計画を急減速させ、米IT大手アップルはEVへの新規参入を取りやめた。(2024/3/7)

Innovative Tech:
ピタゴラス提唱の“不協和音”の理論、間違いだった? 人は少しズレた不調和を好む 英研究者らが発表
英ケンブリッジ大学、米プリンストン大学、ドイツのMax Planck Institute for Empirical Aestheticsに所属する研究者らは、古代ギリシャの哲学者ピタゴラスが提唱した協和音が整数比に基づくという理論に新たな洞察を加えた研究報告を発表した。(2024/3/7)

新たな歴史刻む北陸新幹線延伸終着駅の敦賀 かつては「東京ーベルリン」への経由地だった
16日に北陸新幹線が延伸され、東京と直結する福井県敦賀市。明治時代から戦前まで「欧亜国際連絡列車」が発着し、ウラジオストク(ロシア)への定期航路が出ていた同市は「鉄道と港のまち」として知られ、その歴史を学べるのが、敦賀港の近くにある「敦賀鉄道資料館」。(2024/3/5)

「世界サーバ投げ選手権」ドイツで開催 最大40人が参加
サーバを投げたことはあるだろうか。トラブルがあった際の匙(さじ)ではなく、サーバそのものだ。(2024/3/4)

“反ユダヤ”批判受けたベルリン映画祭 SNS乗っ取り被害も対応声明でまた炎上「臆病で哀れ」「映画人を守れず存在意義とは」
世界三大映画祭のうち、特に政治色が強く大衆主義的ではないと位置付けられています。(2024/2/27)

GDPで日本を抜いたが、物価高に悩むドイツの国内事情
2023年の日本のドル建ての国内総生産(GDP)がドイツに抜かれて4位に転落したことは大きな話題になった。「ドイツ経済の強さの秘密」を特集するメディアもあったが、ドイツ在住の医師でジャーナリスト、村中璃子氏は「庶民には実感がない」と指摘する。物価高がのしかかるドイツ経済の現状をリポートする。(2024/2/24)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
日本人は「労働の奴隷」? 働き損社会ニッポン、GDP4位転落の真因は……
日本のGDPがついにドイツに抜かれ、4位に転落しました。GDPとは「一定期間内に国内で新たに生み出されたモノやサービスの付加価値の合計額」です。付加価値が生まれるのは「現場」ですから、GDPが低下しているということは、現場が弱体化しているということ。なぜ、働けど働けど日本の生産性は上がらないのでしょうか?(2024/2/26)

Google、Microsoft、MetaなどIT系20社、選挙イヤーでのAI悪用阻止協定
GoogleやMicrosoftなど大手IT企業20社のグループがミュンヘン安全保障会議で、世界で行われる選挙でのAI悪用と戦うための技術協定を発表した。2024年は40以上の国、40億人以上の人々が選挙に参加する。(2024/2/19)

「おにぎり、死す」 次回予告みたいな名前で笑わせてくる「おにぎり」がドイツで発見され話題に
SHISUとは……。(2024/2/18)

povo2.0における海外「エリアトッピング」対象国が拡大 ヨーロッパ9カ国や中国、台湾などを追加
povo2.0の海外ローミングをより安価に利用できる「エリアトッピング」で利用できる国/地域が拡大される。新たにヨーロッパ9カ国(イギリス、イタリア、オーストリア、オランダ、スイス、スペイン、ドイツ、フランス、ベルギー)と台湾、中国、香港、マカオが対象となる。設定されるトッピングの内容は、対象国/地域によって異なる(2024/2/16)

高さを20〜30%削減:
高コスト効率のハイブリッドToF技術、ロボット掃除機の「低背化」に貢献
Infineon Technologiesは2024年1月30日(ドイツ時間)、1つのToFイメージセンサーと2種類の照明を組み合わせた次世代スマートロボット用ハイブリッドToF(hToF)ソリューションを開発したと発表した。(2024/2/8)

今日のリサーチ:
「生成AIに仕事を奪われる」に日本人は楽観的? 悲観的?――デロイト トーマツ グループ調査
生成AIに対する消費者反応を日本、英国、ドイツ、オランダ、イタリア、デンマーク、ノルウェー、スウェーデンで比較したグローバル調査の結果です。(2024/2/3)

古田拓也「今さら聞けないお金とビジネス」:
不正発覚しても、なぜトヨタの株は暴落しないのか
2024年に入って、トヨタグループ各社で不祥事が発覚し、その信頼性が揺らぐ事態を招いている。世界的な自動車グループの不正といえば、15年に発覚したドイツのフォルクスワーゲン社による排ガス不正問題が記憶に新しいが、トヨタグループは比較的、株価に影響がないようだ。なぜこのような差が生まれているのか、(2024/2/2)

森永康平の経済闘論:
日本のGDP「4位転落」にうろたえるな 経済成長率は低迷が続くのか
日本の2023年の名目国内総生産(GDP)がドイツに抜かれ、世界4位に転落する見通しが報じられた。この見通しは暫定的なものであるが、確定させるためには日本の23年10〜12月期のデータを待つだけの状態であるから、確度は現時点でも十分に高いことは間違いないだろう。(2024/1/25)

医療技術 インタビュー:
日本の技術が実用化に貢献、フォトンカウンティングCTは医療に革新をもたらすか
CTに新たな進化をもたらす技術として2021年に登場したのがフォトンカウンティングCTである。ドイツの医療機器大手であるSiemens Healthineersが開発を進める中で、実用化に大きく貢献したのが、沖縄を拠点とする研究開発型メーカーのアクロラドの技術だった。(2024/1/24)

HANNOVER MESSE 2024:
データ共有やAI、水素など最先端の産業トレンドが一堂に、ハノーバーメッセ2024
ドイツメッセは東京都内で記者会見を開き、ドイツのハノーバーで開催する世界最大級の産業展示会「ハノーバーメッセ(HANNOVER MESSE)2024」の概要や見どころを説明した。(2024/1/22)

育ちすぎた生垣を庭師がメンテ→4時間かけてきれいに ドイツの庭師の仕事ぶりに「よくやった!」「魅了された」
プロの仕事をじっくり紹介。(2024/1/11)

車載向けをターゲットに:
BoschやInfineon、NXPなど半導体大手5社によるRISC-V新会社が始動
Robert BoschやInfineon Technologies、NXP Semiconductors、Nordic Semiconductor、Qualcomm Technologiesら半導体大手の計5社が共同出資するRISC-Vベースのプロセッサ開発の新会社Quintaurisが2023年12月22日(ドイツ時間)、正式に設立された。まずは車載向けをターゲットとし、最終的にはモバイルやIoT(モノのインターネット)向けにも拡大していく方針だ。(2024/1/10)

協働ロボット:
壁付けや天吊り設置が容易、ドイツ発の高機能ポリマー製軽量協働ロボット
イグスは、低コスト協働ロボット「ReBeL」の日本での本格販売を開始した。高機能ポリマー製で軽量のため、壁付けや天吊り設置ができる。日本での販売強化に際し、操作画面の日本語表示に対応した。(2024/1/9)

電動化:
低速な小型電動車向け交換式バッテリーで新会社、ヤマ発がドイツで
ヤマハ発動機は低速な小型電動車向けの交換式バッテリーを展開する新会社「ENYRING」をドイツで設立した。(2023/12/26)

ドイツ移住の元TBSアナ・伊東楓、“へそ出し&金髪”のLA近況ショットがかっこいい イメージ激変な姿に「カラー入れた!?」「超かわいい」
イメージ全然違う!(2023/12/19)

万博へ 空飛ぶクルマの飛行見学会 独ボロコプター社
2025年大阪・関西万博で「空飛ぶクルマ」の運航を予定するドイツのボロコプターが、大阪湾岸のヘリポートで自治体関係者や子供たちを招いた試験飛行見学会を開いた。空飛ぶクルマが実際に飛行する様子を披露し、安全性などを含めて社会に受け入れてもらうことを狙いとして開催した。(2023/12/13)

石野純也のMobile Eye:
楽天の完全仮想化ネットワークを活用した「第4のキャリア」がドイツで誕生 そのインパクトを解説
楽天シンフォニーがネットワーク構築を支援するドイツの「1&1」が、12月8日(現地時間)に携帯キャリアサービスを開始した。同日開催されたイベントには、楽天グループの会長兼社長で、楽天シンフォニーのCEOを務める三木谷浩史氏が登壇。Open RANの意義や、この分野における楽天シンフォニーの強みを語った。(2023/12/11)

楽天グループらが支援した1&1、ドイツで携帯キャリアサービスを開始
楽天グループらがサポートした欧州初をうたうOpen RANネットワークが稼働を開始。これに伴い、ドイツの通信事業者である1&1 AGが携帯キャリアサービスを開始した。(2023/12/8)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
バッグのように持てる横折りスマホ、HONOR「V Purse」は中国で約12.5万円 ハイエンドである必要なし
2023年9月1月にHONORがドイツで発表した「HONOR V Purse」は、ファッション性を高めた折りたたみスマートフォンのコンセプトモデルでした。ところが、9月19日には中国で実製品を発売。コンセプトではなく、しっかりと動作する製品として開発されていたのです。(2023/11/27)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
TSMCやIntel新工場計画に影響は?ドイツ政府の半導体工場補助金に暗雲
ドイツの財政問題が、これまでに発表された半導体新工場への補助金に影響を及ぼすことが懸念されています。(2023/11/27)

散歩から帰宅したワンコ→自分でマットで足をふきふき! 礼儀正しい行動に「マナーのいい子犬だね!」と感心の声【ドイツ】
もし人間だったら靴をそろえてから家に入るタイプのワンコ。(2023/11/20)

IoTセキュリティ:
製造業大国の日本とドイツと中国の違い、DevSecOpsの現状比較から見えるもの
日本シノプシスは、ソフトウェアセキュリティに影響を与える戦略/ツール/プラクティスについて調査したレポート「世界のDevSecOpsの現状2023」について説明した。(2023/11/15)

妄想を現実にした社長:
「プーマ」ブランドのガテン系作業服 3年で売り上げ2倍に
世界的なスポーツブランドとして知られるドイツの「プーマ」。和歌山県有田市のメーカー「ユニワールド」は、プーマブランドの作業用品を展開している。(2023/11/5)

電子ブックレット(FA):
世界最大級の産業展で見た潮流、ハノーバーメッセ2023レポート
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、世界最大級の産業見本市「ハノーバーメッセ2023」の現地取材記事をまとめた「ハノーバーメッセ2023レポート」をお送りします。(2023/11/2)

研究開発の最前線:
ドイツでハイブリッド蓄電池システム事業を実証、PCR供給で約95%の落札を達成
NEDOはドイツで実施したハイブリッド蓄電池システム実証事業の成果と今後の展望について発表した。(2023/11/1)

モノづくり現場の未来予想図(1):
ハノーバーメッセと「ライトハウス」、グローバルトレンドに見る製造業の未来
本連載では、Schneider Electric(シュナイダーエレクトリック)インダストリー事業部 バイスプレジデントの角田裕也氏が、製造業で起きている大きな変化をグローバルな視点で紹介しながら、製造現場の将来像を考察する。第1回は欧州のスマート工場への取り組みと、近年注目される「ライトハウス」について取り上げる。(2023/11/13)

携帯、配信に次ぐ収益源に:
チケット最高額は1200万円 ドコモが「バイエルン対マンC」でスポーツ興行に参入した狙い
ドコモはJリーグと共に主催者となり、世界最高峰のクラブチームであるマンチェスター・シティFCとFCバイエルン・ミュンヘンという「奇跡の一戦」を開催した。なぜ通信会社ドコモが、スポーツ興行に参入したのか。キーマンに聞いた。(2023/10/25)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
ドイツGigasetのタフネススマホ「GX4」を発見 バッテリー交換可能でストラップ付き
ドイツの家電量販店を訪問したところ、日本やアジアでは見かけないスマートフォンを見つけました。Gigasetの「GX4」というモデルです。Gigasetはもともとシーメンスのコードレス電話などを展開していた部門が独立した会社。(2023/10/16)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
天野浩先生から感じた、トップランナーの視野の広さ
在日ドイツ商工会議所が主催する「日独オクトーバー技術交流会」にて、名古屋大学 天野浩教授が過去の研究における「反省点」について話されていました。(2023/10/17)

ワンコ「ぐぅぐぅ……」 飼い主に寄り添って幸せそうに熟睡→寝返りをうってもぴったりくっつく姿がかわいい【ドイツ】
最高の目覚め。(2023/10/9)

Cybersecurity Dive:
マルウェア「Qakbot」がテイクダウン 米国主導の大規模国際作戦の詳細
米国はフランスやドイツなどの国と連携して全世界70万台以上のコンピュータに感染していたマルウェア「Qakbot」を破壊するための大規模な作戦を実行した。(2023/10/8)

どうやって持ってるの……? 12杯のビールをトレイなしで一気に運ぶドイツのウエイトレスの技術と体力に驚かされる
常人離れしたバランス感覚。(2023/9/29)

欧州の”半導体ルネサンス”を主導:
欧州に進出するTSMCの狙いと、半導体産業への影響
TSMCは2023年8月、ドイツ・ドレスデンに欧州初の半導体工場を設置する計画を正式に発表した。今回、TSMCへのインタビューなどを通じて、同社の狙いと世界半導体産業への影響を考察した。(2023/9/22)

EUのセキュリティ基準を見据え:
組み込みセキュリティを強化したIoT向け無線モジュール
ドイツのWürth Elektronikは、新たなパートナーである英国のCrypto Quantiqueと提携し、セキュリティを強化したワイヤレスモジュールを2023年後半にリリースする。IoT(モノのインターネット)で課題となるセキュリティに対応する製品になるという。(2023/9/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。