ニュース
» 2009年10月08日 19時30分 公開

レクサス待望のヒット作「HS250h」の魅力を探る岡崎宏司のクルマ DE トリップ(2/2 ページ)

[岡崎宏司,LUXURY TV]
LUXURY TV
前のページへ 1|2       
「LEXUS HYBRID DRIVE」……価格は395万円から535万円。僕のお薦めは453万円の「バージョンI」です(左)。テールランプはホワイトレンズを使っていますが、なんとなく「街のスピードショップ製」のようで、レクサスには似合わないと思います(右)
FISCOのゲートを背景に

街も山岳路の登りも力強い加速

 HS250hのボディサイズは、幅が10ミリ狭い以外は、レクサスISより一回り大きくなっています。とくに全高は75ミリも高く、さらにはアッパーキャビンの台形が絞り込まれていないので、キャビンは広々しています。スポーティなルックスの持ち主ではありませんが、 ドッシリと落ち着いた印象があります。

 エンジンは2.4Lで、組み合わされるモーターも強力です。加速は力強く、街はもちろん、ハイウェイでも、そして、山岳路の登りでも活発に走ってくれます。ただし、とくに中速域の追い越し加速では、電気モーターのアシスト感をもう少し前面に強く出した方が、より気持ちがいいのではないかと僕は思います。

 タイヤは18インチと17インチがありますが、僕のお薦めは(とくに乗り心地面で)17インチです。ハンドリングも素直ですし、回生ブレーキに気を遣わされることもありません。レクサスにようやく春が巡ってきたようです。

 では、また。(文&撮影:岡崎宏司)

関連キーワード

自動車 | デザイン | レクサス


前のページへ 1|2       

Copyright (c) 2014 PLOTS Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -