ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「レクサス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「レクサス」に関する情報が集まったページです。

約7年ぶりの全面刷新 レクサス、まもなく登場の新型「RX」を“チラ見せ”公開 6月1日にオンラインで発表
顔、またでっかくなった?(2022/5/21)

「こんな渋いクルマ乗ってるとは!!」 片瀬那奈、10年乗り続ける愛車「レクサス GS」披露 ちょっと意外な「4ドアセダン愛」見せつける
4ドアセダンって渋〜! 免許取ったのも「アリスト」に乗りたかったからだそうです。(2022/5/20)

新型車をカーシェアで試乗 AnycaにバッテリーEV「IONIQ 5」、神奈川県で初導入
IONIQ 5のカーシェアが横浜にも拡大!(2022/5/12)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
レクサスLXで分かったGA-Fプラットフォームの構造
レクサスLXとは、要するにトヨタランドクルーザーのレクサス版である。プラットフォームはGA-Fと呼ばれるTNGA世代のラダーフレームであり、ランドクルーザーおよび北米向けのタンドラと共用する。今回のポイントはこのフレームである。(2022/5/9)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
「年収1000万でも苦しい」……貯金100万円未満の「高所得貧乏」が“倍増”している理由
このところ「世帯年収が1000万円を超える高所得者の生活は、優雅なものではなくむしろ苦しい」という価値観が広がりを見せている。年収1000〜1200万円世帯における“高所得貧乏”の増加は顕著で、その伸び率は前年比で倍増している。(2022/5/6)

EV元年 トヨタなど急速充電器急ぐ 市場拡大後押し、全国でインフラ拡充
今年は国内自動車メーカーが相次いで新型EVの投入を予定し、国内市場でも本格的にEVが普及し始める「EV元年」ともいわれているが、充電インフラの整備が課題となっている。(2022/5/3)

上空に「ニコちゃんマーク」出現! エアレースパイロット室屋義秀選手の「Fly for ALL #大空を見上げよう」フライト実施 「今日はいいことありそう」の声
ありがたや〜。(2022/4/22)

電気自動車:
レクサスにもEV専用モデル、bZ4Xと同じく「e-TNGA」を採用
トヨタ自動車は2022年4月20日、レクサスブランドの新型EV(電気自動車)「RZ」の詳細を発表した。レクサスとしては初のEV専用モデルで、トヨタブランドの新型EV「bZ4X」と同じくEV専用プラットフォーム「e-TNGA」を採用した。(2022/4/21)

ハンドルがなんだかスポーティー レクサス、新型BEV「RZ」を正式発表 発売は「今年の後半」
攻めてるな〜。【画像139枚】(2022/4/20)

レクサス初のバッテリーEV専用モデル「RZ」、仕様公開 発売は「今年の後半」
レクサスは新型EV「RZ」の仕様詳細を発表した。レクサスブランド初のバッテリーEV(BEV、バッテリー駆動の電気自動車)専用モデルとなる。価格は未定だが、発売時期は「今年の後半」としている。(2022/4/20)

ついにキタ! レクサスの新型BEV「RZ」、全体像が明らかに 4月20日にオンラインで発表
丸型じゃないハンドル、かっこいい? 使いやすい?(2022/4/19)

よっこいしょっ! 隠し「脚」を使って器用に“歩く”ボートが話題 開閉式の船首に2本の爪状の脚ロボットを内蔵
パワー!(2022/4/18)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
ホンダ、中国でアキュラ生産中止 EV化に乗れず衰退する日系メーカーの象徴との声も
ホンダの中国合弁会社・広汽本田汽車が今月8日、高級車ブランド「アキュラ」の生産を年内で終了すると発表した。ホンダは2030年以降、中国での新型車は全て電動車とする方針で、その一環。しかし中国の消費者からは、日本車メーカーの衰退を象徴する“撤退”とも受け取られている。(2022/4/14)

国土交通省、トヨタ「ハリアー」「シエンタ」など12車種・約35万台リコール ブレーキ不具合などで
国土交通省は、ブレーキなどに不具合があったとしてトヨタ自動車から「ハリアー」「シエンタ」など12車種、約35万台をリコール対象とする届け出があったと発表した。(2022/4/13)

うひゃぁぁめっちゃゴーカ! お値段たったの6億円、レクサスのゴージャスヨット「LY650」船内に潜入〜
レクサスって船もあるんだー!(2022/4/7)

5種類の木を使用:
レクサスのショールームで提供される「木を飲むドリンク」 木を食べる未来がくるのか?
食用花や昆虫食など「一見、食となじみがないけど食材になっちゃったよ」シリーズに「木」が追加される未来もそう遠くないかもしれない。日本草木研究所が、ヒノキなど5種類の木材を使用した「木を飲むドリンク」を開発した。どのような商品なのかというと……(2022/3/31)

シリコンバレーから見た風景:
Appleカーもあります シリコンバレーの公道を走り抜けるセルフドライビングカーを激写してきた
シリコンバレーは自動運転の技術開発に最適な場所。その証拠に、さまざまな自動運転車が走っています。筆者が遭遇したセルフドライビングカーを紹介しましょう。(2022/3/30)

日本損害保険協会調べ:
車名別盗難ワースト1は「ランドクルーザー」 ワースト10は?
日本損害保険協会が「第23回自動車盗難事故実態調査結果」を発表した。2021年における車名別盗難ワースト1は「ランドクルーザー」だった。(2022/3/26)

社員9人で米ナスダック上場 日本のベンチャーWarranteeが進める“無料保険”とは何か
東京証券取引所を飛び越して、2月に米ナスダック市場に上場申請を行った日本企業がある。庄野裕介氏がCEOを務めるWarranteeだ。社員はわずか9人。フリーインシュアランス、つまり無料保険について国際特許を申請しており、ナスダック上場の知名度を武器に、世界展開を進める。(2022/3/15)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
Appleの「最高峰を解禁」ってどんな製品が出るの? 3月9日の発表会予想をまとめてみた
日本時間3月9日午前3時から開催予定のApple「Peek performance.」イベント。長年Appleユーザーの記者2人が発表内容についていろいろ語りました。(2022/3/4)

自動車メーカー生産動向:
2021年のグローバル生産を足止め、半導体不足、部品供給や物流の混乱
2021年の自動車産業は、経済回復による旺盛な自動車需要に対して、半導体不足や東南アジアからの部品供給難、物流の混乱などが足止めする格好となった。このため、2021年の日系乗用車メーカー8社合計の世界生産は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大で相次いで生産停止を余儀なくされた2020年と比べてもわずかなプラスにとどまる結果となった。(2022/2/24)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
EVの個性や競争力を、数字から改めて考える
「この値段でこれしか走らないの……?」というガッカリ感は確実に生まれている。(2022/2/16)

「まさかこんなイカツイ車運転してるとは!」 鈴木亜美、厳つい愛車「Jeep」ドーンと公開、ハンドル握ると「オラオラ系」
車内で聞くのはクレヨンしんちゃんだそうです。(2022/2/10)

車種は「SUV」が人気:
一度は乗ってみたい憧れのクルマ、1位は?
ドライバー向け会員制サービス「タイムズクラブ」を運営するパーク24は、同会員を対象に憧れのカーブランドを調査した。1位に選ばれたのは?(2022/2/9)

トヨタ、4−12月期は最高益 半導体ひっ迫で通期販売台数は引き下げ
トヨタ自動車は2月9日、2022年3月期の第3四半期(21年4−12月)決算を発表した。売上高は19%増加して23兆2670億円。営業利益は67%増加して2兆5318億円となり、増収増益となった。4−12月期としては過去最高益。(2022/2/9)

2021年1〜12月:
トヨタの「レクサス」、2021年に世界で何台売れた?
トヨタ自動車は2月1日、2021年に全世界で販売したレクサスの台数を発表した。2021年1〜12月で何台のレクサスが売れたのだろうか?(2022/2/1)

24回目:
最も優れているクルマのカラーデザインは? トヨタと日産が同時グランプリ
日本流行色協会は、優れたモビリティのカラーデザインを顕彰する制度「オートカラーアウォード2021」を開催した。トヨタと日産がグランプリを同時受賞した。どのクルマが選ばれたのか?(2022/1/27)

国内Aライセンスを取る方法:
モータースポーツの入口って意外と簡単! 鉄道ライターが「国内Aライセンス」取っちゃいました
富士スピードウェイを快走〜。皆さんもやってみませんか?(2022/1/22)

安全システム:
デンソーのミリ波レーダーとカメラが第3世代へ、小型化と性能向上が加速
デンソーは2022年1月14日、ADAS(先進運転支援システム)向けのミリ波レーダーとカメラのパッケージ「Global Safety Package 3」を開発したと発表した。(2022/1/17)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
プレミアムって何だ? レクサスブランドについて考える
すでに昨年のことになるが、レクサスの新型NXに試乗してきた。レクサスは言うまでもなく、トヨタのプレミアムブランドである。そもそもプレミアムとは何か? 非常に聞こえが悪いのだが「中身以上の値段で売る」ことこそがプレミアムである。(2022/1/17)

ル・マン24h優勝マシンも! 競技車両やトロフィーがずらり「東京オートサロン」トヨタのブースレポ 「GRNM ヤリス」「GR GT3 コンセプト」など展示
GRNM ヤリスに熱い視線が集まっていました。(2022/1/15)

わくわくカスタム&魔改造、きれいなお姉さんたくさん! カスタムカーの祭典「東京オートサロン2022」開幕
2年ぶり実開催、わくわくなクルマがいっぱいですよぉぉ! 幕張メッセで1月16日まで。(2022/1/14)

組み込み採用事例:
AIを用いたクラウドベース情報検索システム、北米トヨタが次世代システムに採用
Toyota Motor North Americaは、CerenceのAIを用いたクラウドベースの情報検索システム「Cerence Browse」を採用した。トヨタおよびレクサスの次世代マルチメディアシステムに搭載する。(2022/1/13)

新世代レクサスの第2弾:
レクサス、新型「LX」を発売 多様なライフスタイルに応える次世代モデル
トヨタ自動車は1月12日、レクサスの次世代モデルとする新型「LX」を発売した。(2022/1/12)

ソニー損保調べ:
新成人が「欲しい車」ランキング 3位はレクサス、2位はBMW、1位は?
ソニー損害保険は新成人(2001年4月2日〜02年4月1日生まれ)を対象に実施した「2022年 新成人のカーライフ意識調査」の結果を発表した。新成人が欲しい車とは?(2022/1/10)

EV市場、三つどもえの戦い 変革急ぐ自動車大手
米ラスベガスで開かれている世界最大級の家電・IT見本市「CES」で、ソニーグループが電気自動車市場への参入を本格検討する方針を示したことで、自動車業界は既存の大手、新興メーカーと異業種による三つどもえの競争がますます激しくなりそうだ。(2022/1/7)

変革急ぐ自動車大手:
新興メーカーと異業種が参戦 EV市場が三つどもえ
米ラスベガスで開かれている世界最大級の家電・IT見本市「CES」で、ソニーグループが電気自動車(EV)市場への参入を本格検討する方針を示したことで、自動車業界は既存の大手、新興メーカーと異業種による三つどもえの競争がますます激しくなりそうだ。(2022/1/7)

ホロライブ大躍進の2021年 ねとらぼで紹介した「痛車」まとめ ウマ娘や初音ミクも
2021年にねとらぼで紹介した痛車、イベントレポートのまとめ。(2022/1/2)

トヨタFCV「ミライ」快走 販売5600台
20年12月に初代から性能が向上した2代目を投入。14年に発売した初代の累計販売台数約1万1000台の半数を約1年で超える快走を見せた。(2021/12/27)

クルマもスマホのように「アップグレード」? トヨタとKINTOがマイカーを進化させる新サービス
対象車種はプリウス、アクア、アルファードなど。(2021/12/23)

F1マシンをモチーフにしたホンダ「CR-Z」SAO・閃光のアスナ仕様レプリカ痛車がカッコイイ
マルボロカラーとアスナを組み合わせたらかっこよかった。(2021/12/22)

走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
「トヨタの本気」全力攻勢のEVに、Teslaオーナーが期待すること
衝撃のトヨタのEV(BEV)展開をTesla乗りは面白くない? いやいやそんなことはないです。(2021/12/22)

安全システム:
購入から数年たったクルマをトヨタがリフレッシュ、ADAS追加やシート表皮交換
トヨタ自動車とKINTOは2021年12月21日、購入後の車両を最新の状態にするサービスを2022年1月下旬から開始すると発表した。(2021/12/22)

EV世界戦争とトヨタの勝算 専門家「ライバルを一気に追い抜く可能性十分」
トヨタ自動車がEVへの巨額投資を発表したことで、世界の“EV戦争”が開戦した。既存の自動車メーカーに加え、EVで独走する米Teslaや急伸する中国勢の他新興メーカーも続々誕生している。トヨタは既存の販売網、生産効率の高さで勝負に出る。(2021/12/21)

テスラが独走:
トヨタはEVでも勝てるのか 専門家「ライバルを一気に追い抜く可能性十分」
トヨタ自動車が電気自動車(EV)への巨額投資を発表したことで、世界の“EV戦争”が開戦した。既存の自動車メーカーに加え、EVで独走する米テスラや急伸する中国勢のほか新興メーカーも続々誕生している。群雄割拠のなか、トヨタはEVでも勝てるのか。(2021/12/20)

トヨタEVで大逆襲! 欧米、中韓メーカー撃破へ4兆円投資 豊田社長「選択肢に優先順位を決めるのではなく、全て一生懸命やる」
 トヨタ自動車が電気自動車(EV)で本気を見せた。2030年の世界販売目標を350万台へ大幅に引き上げ、同年までに4兆円規模を投資、EVを従来計画の2倍の30車種に拡大する。欧米や中韓メーカーを一気に抜き去る狙いだ。(2021/12/16)

EVの本気度を見せつけたトヨタ 8兆円かけてでもEV・水素・PHEVを全部やるワケ
トヨタ自動車がEVに本腰だ。同社は14日に新発表の15車種を含むバッテリーEV(BEV)16車種を披露した。しかし、EVだけでなく水素、PHEVへの投資も続ける。なぜトヨタは「全方位戦略」を続けるのだろうか。(2021/12/15)

電気自動車:
EV戦略を発表から数カ月で上方修正、トヨタがアジャイルさ示す
トヨタ自動車は2021年12月14日、EV(電気自動車)の戦略説明会を開催した。2030年までに商用車と乗用車でEV30車種を展開し、全てのセグメントにEVを設定する。EVのグローバル販売台数は、同年に年間350万台を目指す。(2021/12/15)

サーキットを駆ける「漆黒のステイヤー」 シルビア S15×ライスシャワーの痛車がカッコイイ
疾走感があってカッコイイ痛車。(2021/12/15)

トヨタ、BEV戦略目標を大幅上方修正 2030年までに350万台、全方位に30車種「BEV新車種」もチラ見せ
電動化に今後計8兆円投資、「EVに否定的なのではない。全方位/フルラインを目指している」と豊田社長。(2021/12/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。