ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「レクサス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「レクサス」に関する情報が集まったページです。

一番イイヤツは約2340万円! レクサス初のミニバン「LM 300h」中国で先行発売、7人乗りと4人乗りの2種展開
安くても約1860万円……!(2020/1/21)

うそ、だろ!? 「EVスープラ」すげぇ 東京オートサロンでキラリと光っていた「ブッ飛び学生カスタム」大集合【写真37枚】
分かりやすく「本気」なのがすごくいい〜。(2020/1/14)

「うぉぉ何だこりゃ!?」「マジで意味分からん」 東京オートサロンでド目立ち「魔改造&すげークルマ」まとめ
みんな気合い入りまくり。(2020/1/12)

「異常発生を家族に通知」──クルマの運転、IoTで見守り オートバックスが月額980円で提供
カー用品量販店大手のオートバックスセブンが、車載型IoT機器を使った運転見守りサービスの提供を始めた。(2019/12/6)

製造マネジメントニュース:
トヨタは経営と現場間の階層をさらに削減、領域長は統括部長とフェローへ
トヨタ自動車が2020年1月1日付で実施する組織改正と人事異動を発表。組織改正では、幹部職の1つである領域長を「統括部長」と「フェロー」に見直すこととした。これにより、執行役員以上のトップ経営陣と、実務を担当する現場との間の階層をさらに減らして、実行力のさらなる強化とスピードアップを推し進めるとしている。(2019/12/5)

お値段も高級、ズドンと620万円から 高級巨大ワゴン「グランエース」12月16日発売【写真45枚】
やっぱでけぇぇ!(2019/11/25)

待望? カッコイイ? でも日本は後回し……? レクサスが初のEV市販モデル「UX300e」初披露
広州モーターショーで発表。日本では「2021年前半」発売予定です。(2019/11/25)

航続距離は400キロ:
レクサス、初のEVを公開 日本発売は2021年 専用アプリで充電管理も
トヨタ自動車は、高級車ブランド「レクサス」で初の電気自動車(EV)「UX300e」を発表。広州モーターショーで世界初公開した。(2019/11/22)

何この満載セレブ感 レクサスが“官能"オープン「LC500 コンバーチブル」、LAオートショーで華麗に発表【写真88枚】
「車外からの見え方」や「官能エキゾーストサウンド」を最大限に感じられるように徹底チューニングしたのだそうです。(2019/11/21)

そういえばよく分かんない……! 「TNGA」「CMF」……クルマの「プラットフォーム」って結局何のこと?
IT用語に匹敵するくらい略語だらけの世界。(2019/11/21)

車載情報機器:
電子ミラーの普及をにらみ、トヨタ「e-Palette」向けにソフトウェアも自社開発
東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会にトヨタ自動車が提供する「e-Palette」に、東海理化の統合電子ミラーシステムが採用される。合計3つのカメラの映像を合成し、後方から後側方の情報を一括で表示できるようにする。(2019/11/19)

東京モーターショー2019 インタビュー:
トヨタの未来の愛車づくりは、「愛車」が伝わらないところから始まった
AIエージェントはどのように人を理解し、クルマを愛する気持ちを喚起するのか。AIエージェント「YUI」を搭載したコンセプトカー「LQ」の開発責任者であるトヨタ自動車 トヨタZEVファクトリー ZEV B&D Lab グループ長の井戸大介氏に話を聞いた。(2019/11/7)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
東京モーターショーで見ておくべきものは?
海外メーカーの撤退が相次いだ東京モーターショー。しかしユーザーとして、あるいは自動車産業に何らかのつながりを持つビジネスパーソンにとっては、多くのメーカーがこぞって商品を持ち寄る場であり、普段なかなか確認できない業界動向を直接観察するチャンスであることは変わりない。見どころを一気に紹介する。(2019/11/1)

「楽しい?」「普及する?」 「話題の電動キックボード」東京モーターショーでぜんぶ乗ってきた!
体験できるだけでなく、拠点移動もできて一石二鳥ですよぉぉ!(2019/10/31)

東京モーターショー2019:
「C-HR」のEVにeAxle採用のアイシン、ドライバーモニターでの“おもてなし”も
アイシングループは、「第46回東京モーターショー2019」に出展し、ハイブリッド車向けの電動システムをはじめとするさまざまな電動技術を披露。また、コンセプトカーの「i-mobility TYPE-C」は、ドライバーモニターの技術を活用した“おもてなし”を体験できる。(2019/10/30)

各社こだわりの華やかな衣装にも注目! 「東京モーターショー2019」美人コンパニオンまとめ第2弾
4つのエリアにまたがるTMS2019でお姉さんたちを激写!(2019/10/29)

東京モーターショー2019、“そこそこ現実的”な「近未来のクルマ・乗り物」まとめ【写真26枚】
「お子さまも多分ワクワク」。いつかはこれらが普通になりそうです。(2019/10/29)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
東京モーターショー“過去最大”の野心、そしてマツダは高級車メーカーに!?
いろいろ厳しい声もありますが、けっこう野心的なのではないかと。(2019/10/29)

写真で見る「東京モーターショー2019」
自動運転技術やAIアシスタントを搭載するコンセプトカー、コンパクトEV(電気自動車)など、「第46回東京モーターショー2019」で披露されているクルマを写真で振り返る。(2019/10/26)

歩行者の位置をレーダー表示 小糸製作所のロード・プロジェクション・ランプが面白くてすごい
ゲームみたいでわかりやすい。(2019/10/25)

えっ!? 環境省がスポーツカーを!? 「東京モーターショー」環境省が出展した「木からつくったミライのクルマ」がめっちゃかっこいい
「環境にやさしい」「軽量化」がコンセプト(2019/10/24)

東京モーターショー2019:
レクサスが目指す2030年のEV、エンジン車にはできない姿勢制御をモーターで
トヨタ自動車は2019年10月23日、「第46回東京モーターショー2019」(会期:2019年10月24日〜11月4日、東京ビッグサイト他)でプレスカンファレンスを開き、2019年11月にレクサスブランド初となる電気自動車(EV)を発表することを明らかにした。(2019/10/24)

先進技術が満載:
マツダも初の量産化 “普及EV”に向かうクルマのカタチとは 東京モーターショー2019
10月24日に開幕する「東京モーターショー2019」では、電気自動車(EV)をはじめとした電動化技術を目玉とする展示が目立つ。マツダは初の量産EVを初公開した。(2019/10/23)

みんな大好きガルウイングドア! レクサス、スゲーカタチのEV「LF-30」を世界初披露【写真60枚】
今回は逆に珍しい、「いかにも」なコンセプトカーでかっけぇぇぇですね!(2019/10/24)

LEXUSのブランドデザイン戦略:
世界一高いビルをアートに変えた若手デザイナー 吉本氏に聞く「LEXUS DESIGN AWARD」の価値
躍進する高級車ブランド「LEXUS」は、才能のある若手クリエイターたちを発掘する取り組みを行っている。ブランド価値はどのように生み出されるのか、その秘密に迫る。(2019/10/17)

躍進する高級車ブランド「LEXUS」:
レクサスインターナショナルの澤プレジデントが語る「ブランドにひもづいたデザイン」戦略
人から愛されるブランドをどのように作るか。高級車「LEXUS」を成功させたレクサスインターナショナルの澤 良宏プレジデント(トヨタ執行役員)に話を聞いた。(2019/10/17)

うぉぉでけぇぇ! トヨタ、4列シートの高級巨大ワゴン「グランエース」ズドンと発表【写真45枚】
東京モーターショー2019で実車お披露目。(2019/10/8)

ハイスペックAMGモデルも メルセデス・ベンツ、SUV「GLC」新型を発表 音声認識や自動発進などの支援システム搭載
ハイパフォーマンスな「AMG」モデルも用意。(2019/10/4)

色気たっぷりの専用カラー レクサス、最上級クーペに限定モデル「LC PATINA Elegance」発売、生産数わずか100台のみ
優雅で豪華なラグジュアリークーペに仕上がっています。(2019/9/30)

ひょぇぇお値段4億5000万円から レクサスがガチ豪華ヨット「LY650」発売、ワールドセレブ狙い撃ち【写真22枚】
かっけぇぇぇ!(2019/9/20)

2019年、これまでの10大データ流出【後編】
トヨタ販売店の顧客データ最大310万件流出など、世界のデータ流出事件
データ流出は世界中の企業で発生している。国内企業も例外ではない。2019年に判明した10大データ流出事件を振り返る本連載の後編は、トヨタ自動車で発生した不正アクセスなど、残る3つの事件を紹介する。(2019/9/17)

安全システム:
LED素子300個なみの配光制御を12個で、ヘッドランプにブレードミラーを採用
小糸製作所は2019年9月9日、トヨタ自動車の「レクサスRX」で新開発のヘッドランプ「ブレードスキャンADB」が採用されたと発表した。(2019/9/13)

日産GT-R、トヨタGRスープラ、ホンダNSXが並ぶ 「Super GT」2020年シーズンを戦う新型マシンを揃って発表
オイオイオイ……たまんねぇな!(2019/9/12)

ミクさんギュっと詰まってる! ボカロやごちうさ、まどマギなど「シスフェス2019」痛車写真まとめ第3弾
今回はコスプレも一緒に。(2019/9/12)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
不具合が多いのに売る時とアフターサービスが評価されている、あのブランド
調査対象外のブランドは、きっと不具合とか関係なく愛されている。(2019/9/5)

安全システム:
新車ユーザーに不具合経験を調査、品質トップはダイハツ、ワーストはVW
J.D.パワー ジャパンは2019年8月21日、2019年日本自動車初期品質調査の結果を発表した。この調査では新車購入後2〜9カ月のユーザー2万1728人を対象に8分野233項目について不具合の経験を聴取し、100台当たりの「不具合指摘件数」(PP100)を算出。今回で9回目の調査となる。その結果、不具合指摘件数が最も少ない自動車メーカーは2年連続でダイハツ工業となった。(2019/9/2)

バンドリ勢が強い……! デレマス、ニパ子、ごちうさなど「シスフェス2019」で見かけた痛車写真まとめ第2弾
がっつりフルラッピング痛車がずらり。(2019/9/2)

トヨタ、自動運転で中国Pony.aiと提携 9月にレクサスで公道実験
トヨタが中国の自動運転技術企業Pony.ai(小馬智行)と自動運転パイロットで提携する。9月には北京と上海の公道で、Pony.aiのシステムを搭載したレクサスによる実証実験を開始する。(2019/8/27)

黒色ボディーにクロムがキラリ NV350キャラバンに「ちょい悪迫力仕上げ」の特別モデル
ドォォォン、威風堂々の存在感。(2019/8/22)

今度の新色は「海苔」!? レクサスの最上級クーペ「LC」にスゲー名前の限定色
ペブルビーチ2019で発表。あの「レクサス・インスピレーション・シリーズ」の第3弾ですよ。(2019/8/19)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
400万円オーバーのBセグメント DS3クロスバック
一般に高級ブランドというものは、長い歴史があり、ブランド論がとやかく言われる前から「高級品」として世の中にイメージが共有されているものである。DSは2010年代という、技術もマーケティングも高度に発達した時代にこれに挑もうとしている。そこは大変興味深い。DS3クロスバックがこれにどう挑むのか。(2019/8/19)

35キロをたった20分で 仏発明家、ジェットエンジンで空を飛ぶフライボードでドーバー海峡横断に成功
空を飛ぶ乗り物ってワクワクしますよね。(2019/8/6)

レースフォトグラファー奥川浩彦の「サーキットへ行こう」(7):
【直伝】流し撮りの成功率を上げる方法(2)「一脚を効果的に使う」
後編は「一脚のメリットと撮り方のコツ」を具体的に説明します。(2019/7/31)

レースフォトグラファー奥川浩彦の「サーキットへ行こう」(6):
流し撮りの成功率を上げる方法(1)「集中する」
撮れれば快感! 前編は原点に立ち返って「集中する」具体的な方法を紹介します。(2019/7/30)

アメ車なのにめっちゃ静かやん!? ルックスそのまま“フォード公認”EV仕様「マスタング」爆誕
マッチョなアメ車がEVに大変身。(2019/7/7)

市販化は目前? レクサス、新型「LCコンバーチブル」試作車を一般公開 最上級モデルのオープン型
レクサスの最上級クーペをオープンカーにした新型モデル。(2019/7/6)

Google系列のWaymo、ルノー・日産と自動運転分野で提携
Google系列の自動運転企業Waymoが、ルノー、日産自動車と独占契約を締結した。フランスと日本で、自動運転実現の可能性を検討していくとしている。(2019/6/21)

モビリティサービス:
ルノー日産がウェイモと「独占契約」、まずは日本とフランスから無人運転サービス
ルノー(Renault)、日産自動車とウェイモ(Waymo)は2019年6月20日、無人運転車を使ったモビリティサービスに関する独占契約を締結したと発表した。ウェイモは、フランスでルノーと、日本では日産自動車とのみ、ドライバーレスモビリティサービスの実現可能性を検討する。(2019/6/21)

これはいい真っ黒具合! レクサス制作「MIB仕様のRC F」が上陸、映画「MIB:インターナショナル」とコラボ
特別展示は京ミッドタウン日比谷のショールームで6月14日から30日まで。(2019/6/10)

WWDC 2019:
Macの性能を新次元に 新Mac Proの魅力とデザインに迫る
数々の話題が盛り込まれたAppleの世界開発者会議「WWDC 2019」だが、そこで発表されたモンスターPC「Mac Pro」を林信行氏とクリエイターの真鍋大度氏が読み解く。そこから見えてきたものは――(2019/6/5)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。