ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「新車」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「新車」に関する情報が集まったページです。

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
ディーゼルはオワコンなのか? 輸入車の現状とハイブリッドとの戦い
電動化が注目されるほどに存在感が薄くなっていくものがあります。それがディーゼル・エンジンです。「ディーゼル・エンジンは消えてなくなる」……と思いきや、世の中は単純ではなかったようです。(2022/5/16)

自動車業界の1週間を振り返る:
体質改善を進める自動車メーカーの前に、資材価格のかつてない高騰が立ちはだかる
土曜日ですね。1週間おつかれさまでした。昨日(5月13日)から、高齢ドライバー向けの実車試験の運用がスタートしました。運転免許を更新する75歳以上の人で、直近の3年間に信号無視や速度超過など一定の違反があった人に、実車試験が義務付けられます。免許の有効期間が終わるまでの6カ月の間に、実車試験を受けなければなりません。(2022/5/14)

EVは「安くなったら買う」が4割、「ステーションが増えたら」なども パーク24が調査
やっぱり買うなら価格は大事ですよねー。(2022/5/14)

改正道路交通法が施行:
80代以上の47.5%が自身の運転に「不安なし」 免許返納の理由は「運転する機会がなくなった」が最多
5月13日、改正道路交通法が施行された。自身の運転に不安を感じているドライバーはどれくらいいるのか。DeNA SOMPO Carlifeが提供するクルマ定額サービス「SOMPOで乗ーる」が調査した。(2022/5/13)

売却も入金もアプリからリアルタイムで:
Embedded Paymentsとは? 急成長Lithiaのサービスから読み解く
U.S.BankとLithia Motorsが共同で中古車売買のユーザー体験を変えるアプリを開発した。自宅にある自動車をオンラインで即売却でき、リアルタイム決済を通じて即時入金も実現する。(2022/5/13)

日産自の通期決算、3期ぶり黒字 純利益2155億円、売上高8.4兆円
日産自動車が2021年度通期決算を発表し、純利益が2155億円(前年は4487億円の赤字)となり、3期ぶりに黒字回復を果たした。米国市場での好調な業績などが、グローバル全体の業績をけん引した。売上高は8兆4246億円(前年比5620億円増)、販売台数は387万6000台(同17万6000台減)だった。(2022/5/12)

製造マネジメントニュース:
資材価格高騰の影響は1兆4500億円に、トヨタは数年単位の体質改善で吸収
トヨタ自動車は2022年5月11日、2022年3月期(2021年度)の通期決算を発表した。営業収益が前年度比15.3%増の31兆3795億円、営業利益が同36.3%増の2兆9956億円、当期利益が同25.9%増の2兆8501億円となった。(2022/5/12)

人気の車種について調査:
車の買い替えを検討する車種は? 年代や性別から見える傾向
車の購入や買い替えを検討している方の多くは、使い勝手の良さや安全面を考慮して選ぶ傾向が。(2022/5/10)

材料技術:
割れた自動車用ガラスを再び自動車用ガラスに、新車採用に向けて試験生産
Audi(アウディ)とReiling Glas Recycling、Saint-Gobain Glass、Saint-Gobain Sekuritは2022年4月25日、破損した自動車用ガラスを自動車用ガラスにリサイクルするパイロットラインを立ち上げたと発表した。さまざまなプロセスを経て接着剤などガラス以外の不純物を除去し、新たな自動車用板ガラスを生産する。パイロット生産が成功すれば、将来的にEV(電気自動車)「Q4 e-tron」のガラスに採用する。(2022/5/10)

安全システム:
PR:シートベルト着け忘れ防止や幼児置き去り検知、乗員保護センシングの課題
シートベルト着け忘れ防止、幼児置き去り検知、子どもを対象としたエアバッグの展開制御など、乗員向けの安全機能に対する要求が高まっています。しかし、1つの機能に対して1つのセンサーで対応するのはコストアップの要因となるため、新たなソリューションが必要です。(2022/5/9)

【バイクトリビア】新車を買ったら「慣らし運転」 なぜ必要? ホントに効果あるの?
「1000キロ走るまで回転を抑えて丁寧に」──。バイクもクルマも、新車を買ったら「慣らし運転」が必要とされています。そもそも慣らし運転って何でしょう。どんな意味があるのでしょう。(2022/5/8)

新排ガス規制未対応で“絶滅”=生産終了の危機?! [バイクのレッドリスト]ヤマハ編
“絶滅危惧”バイク、ヤマハ編。(2022/5/9)

電動化:
EVへの懸念と実際の満足度は? サブスクで新車に乗る人は? 自工会が調査
日本自動車工業会がまとめた「2021年度乗用車市場動向調査」では、EV(電気自動車)や安全技術に対する高い関心が示された。その一方で、自動車に支払う費用に負担を感じる声も小さくない。カーシェアリングの利用経験やサブスクリプションサービスの利用意向の少なさも判明した。(2022/5/6)

「bZ4X」プロトタイプを試乗して分かったトヨタの本気度
2022年5月に発売するトヨタの電動シリーズ「bZ」第一弾SUV。千葉・袖ヶ浦フォレストレースウェイで乗り味をチェックしてきました!(2022/4/29)

自動車メーカー生産動向:
日系乗用車メーカーの世界生産が8カ月ぶりに前年超え、本格回復はまだ遠い
日系乗用車メーカーが発表した2022年2月の生産台数では前年実績を上回る結果となったが、前年2月が半導体不足の本格化や福島沖地震の発生などにより低水準だったことが要因だ。(2022/4/27)

“キングジム電車”ついにコラボ プラレール「都営三田線 6500形」発売、限定コラボ特典はキングジム製品
確かに似ている……?(2022/4/26)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
フィアットの新型EV「500e」 が有望な理由 デザインにポイント
フィアット初のEVである「500e(チンクエチェント・イー)」が6月25日より日本で発売となります。確信しました。これはヒットすると。なぜ、そう思ったのか。それはデザインがいいから。(2022/4/26)

2021年度下半期の国内登録車販売 電動車トップは日産「ノート」「ノート オーラ」
日産自動車が2021年度下半期(2021年10月〜22年3月累計)の国内登録車販売の結果を発表し、ハイブリッド車を含めた電動車トップが「ノート」「ノート オーラ」だと分かった。2車種で計5万6119台を販売した。(2022/4/22)

新排ガス規制未対応で生産終了!? 絶滅の危機にある「バイクのレッドリスト」ホンダ編
スーフォアはどうなっちゃうの……!! 生産終了の危機にある「バイクのレッドリスト」まとめ。まずはホンダから。(2022/4/22)

カワサキ「Z650RS」待望の試乗! 往年のZスタイルをカジュアルに楽しむ「コンパクトで軽いZ」
4月28日いよいよ発売!! 注目モデル・Z650RSの試乗インプレを早速お届け!(2022/4/21)

日本で「150kW級」急速充電施設の相互ネットワーク拡充 アウディとポルシェがアライアンス締結
充電問題さえ解決すればEVほしいぞーという人は多そうです。(2022/4/21)

日本トレンドリサーチ調べ:
「今の車、古くなったなあ」と感じる期間は?
NEXER(東京都豊島区)が運営する日本トレンドリサーチは、車買い取り業者の会宝産業(金沢市)と共同で「車の経過年数」に関するアンケートを実施し、今所有している車を「3年以上〜5年未満」乗っている人が最多で20.7%を占めた。(2022/4/20)

データで導くプライシングの技術(1):
「稼ぐ力」を作り出す合理的なプライシングの技術
市場ニーズや事業環境が変化する中で「稼ぐ力」を継続的に維持するには商品やサービスの合理的な価格決定が必要です。複雑なサプライチェーンの中でどう仕組みを構築すればよいのでしょうか。(2022/5/13)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
アリアで知った、日産の走り味とは
先日、日産の新型EVである「アリア」のメディア向け試乗会に参加しました。試乗の後には、アリアの開発者の話を聞く機会も得ました。そこで気づいた「日産の走り」を紹介します。(2022/4/18)

オートモビルカウンシル2022:
展示は2台だけ、渋すぎるぞ「オートモビルカウンシル2022」のホンダブース かなりレアな「秘蔵モノ」も面白い
「このイベントに来るということはこっち系が好きですよね?」という要素モリモリなのでした。(2022/4/16)

うぉぉ、700万円(!)の「NAロードスター」にびっくり まさかロードスターにもこんな値が付く日が来るとはー!
もちろん理由を聞けば納得、一見の価値大ありの感動モノです。(2022/4/15)

藤川球児、「火の玉カラーのZ900RS」ついに納車 「球児のK、KawasakiのKだ!」「よっしゃ甲子園行くぞ」
ごきげんそのもの笑顔に「うらやましい〜」の声多数です。(2022/4/13)

電気自動車:
トヨタのEV「bZ4X」はKINTOやリースで、リユース前提にバッテリーを確実に回収
トヨタ自動車は2022年4月12日、EV(電気自動車)の「bZ4X」を5月12日に日本で発売すると発表した。個人にはサブスクリプションサービス「KINTO」で、法人にはリースで提供する。5月12日からは第1期として3000台の申し込みを受け付ける。第2期の申し込みは2022年秋を予定している。2022年度としては5000台の生産と販売を計画する。(2022/4/13)

ランクル速ぇぇ! 直線最速バトルでぶっちぎりの爆速性能見せつける 「スポーツカー真っ青」「とんでもねぇ怪物だ」の声
ひょぇぇ、こんなデケーのに驚きの速さだ……!(2022/4/12)

新型「シビック タイプR」、鈴鹿サーキットで最速記録を更新 車載動画でハンパない旋回性能を披露
偽装ラッピングでもかっこいい〜。(2022/4/11)

脱炭素に貢献するスマートモビリティ領域分析および同領域の日本企業分析 第1回
今後、モビリティ業界において、一層重要性が増すと予想される4つの分野にフォーカスし、分野毎に技術・ビジネス動向を分析する。(2022/4/11)

ヒロミ、「極上モトコンポ」1カ月遅れの誕プレでゲット シティに積まれてやってきた激レア「未登録車」にびっくり
かわいすぎるでしょ〜モトコンポ♪(2022/4/8)

軽自動車の販売動向:
2021年度、最も売れた軽自動車 「スペーシア」「タント」を抑えた1位は?
日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は、2021年度の軽自動車の新車販売数を発表した。21年度、最も売れた軽自動車は?(2022/4/7)

“マシン オブ ザ イヤー2021”結果発表:総合部門【新型で返り咲き! ハヤブサが前代未聞のV10達成】
読者投票で人気ナンバー1を選ぶヤングマシン伝統の企画「マシン オブ ザ イヤー」。排気量/ジャンルを問わない’21モデル全295車から頂点を決める総合部門の結果発表。(2022/4/8)

オートバイ部品を手掛ける工業メーカー、福利厚生に「レンタルバイク」導入 社内のバイクブームがきっかけ
社内に波及したバイクブーム、社員から「乗りたい」の声を受けて開始。(2022/4/5)

意外と難しい「業務提携」だが……:
勃発・EV戦国時代 勝つのは「提携」のソニー・ホンダか 「ケイレツ+買収」のトヨタか 「水平分業」のアップルか
EV市場を巡りさまざまなプレイヤーが出ている中、話題となったソニーとホンダの提携。自動車メーカーとしては巨人ともいえるトヨタ、そしてEV化によって重要度が高まるIT企業の雄としてアップなどがいる中、勝ち抜くのはどこなのか。(2022/4/4)

自動車業界の1週間を振り返る:
「クルマを好きになって」「おかしいと思ったら声を上げて」、入社式のメッセージ
新年度がスタートしました。環境に大きな変化があった方も、変わりのない方も、1週間おつかれさまでした。4月1日には多くの企業で入社式が開かれたかと思います。新卒の新入社員のキラキラした様子をまぶしく感じた方も多いのではないでしょうか。(2022/4/2)

決断早すぎ!! FUJIWARA藤本、「MINI」新車を神がかり的な早さで即決買い
ひぇぇ〜、クルマをほとんど迷いなく買っちゃうスタイル。(2022/4/1)

高根英幸 「クルマのミライ」:
高くなるクルマ コスト高は本体価格だけではない
この20年、サラリーマンの給料が上がらないといわれているにもかかわらず、クルマの価格は上昇していく一方だ。軽自動車でも200万円が当たり前の時代。クルマを買い替えよう、あるいは新たに購入しようと思った時、感じたことはないだろうか「クルマって高くなったなぁ」と。(2022/3/31)

月刊乗り鉄話題(2022年3月版):
順に並べて分かった意外な事実 新型車両「315系」デビュー記念! まとめてみましたJR東海「20年ぶりの新車」と仲間たち
意外と“へぇ〜!” 2022年春のダイヤ改正はちょっと寂しい話題が多かったので……「JR東海の現行車両カタログ」をどうぞ。(2022/3/29)

自動車メーカー生産動向:
オミクロン株が新車生産に与えた影響を振り返る
日系乗用車メーカー8社合計の2022年1月のグローバル生産台数は、前年同月比9.8%減の191万6510台と7カ月連続で前年実績を下回った。東南アジアに端を発した世界的なサプライチェーンの混乱が一段落し、10月、11月と回復基調を示していたものの、年明けからオミクロン株の感染が急速に広まったことで部品調達に支障をきたし、1月は再度マイナス幅が拡大した。(2022/3/28)

圧倒的1位:
好きな日本の車メーカー、1位は「トヨタ」 2位は?
「好きな日本の車メーカー」についてのアンケート調査を実施した。1位は「トヨタ」で44.7%だった。2位以降は?(2022/3/26)

一度は乗ってみたいリッターバイク 2位は「ホンダ CB1300」、1位は?
NEXERは、RIDEZと共同で、全国のバイク好きに、「一度は乗ってみたいリッターバイク」に関する調査を行ったところ、1位は「カワサキ ニンジャ1000」が選ばれた。(2022/3/24)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
EVは電力不足の敵か救世主か
日本の電力供給体制の脆弱性を明らかにした昨日の電力ひっ迫。ここで気になるのがEVという存在です。電気で走るEVはどのような存在になるのでしょうか。ポジティブなのか、はたまたネガティブなのか?(2022/3/24)

鈴木ケンイチ「自動車市場を読み解く」:
クルマにあふれかえるスイッチ問題。最新メルセデスはどう対処した?
機能が増加するたびに、それを操るためのスイッチが必要になります。数は多く、その理解と操作は煩雑で困難になる一方。そんな操作系の試行錯誤が続く中、「近頃、乗った中で、最も洗練されている」と感じたのがメルセデス・ベンツの最新モデル、「Cクラス」です。(2022/3/21)

テリー伊藤、謎の名車「WiLLサイファ」買う 「デザインにやっと時代が追い付いたクルマ」これ……一体何?
皆さんはご存じですかーこのクルマ。(2022/3/20)

中川翔子、真っ赤なベンツ「Cクラス」新車買っちゃった! デビュー20周年「自分へのご褒美!」
お値段約900万円、買っちゃった!(2022/3/19)

次長課長井上、愛車の渋すぎハーレー初披露 自身もYouTube初登場? 「乗ってる姿もカッコいい」の声
好みやこだわりがそれぞれの愛車にも出ています。(2022/3/18)

真っ赤なボディーが輝きを取り戻す 20年近く放置されていたランボルギーニ「カウンタック」を洗浄のプロが徹底的にクリーニング
納屋で20年近く放置されていたそうです。(2022/3/18)

走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
Teslaはこうやって買う(後編) 保険、ローン、最初の充電
前編は新車登録に必要な書類を揃えるところまでだったが、後編では納車とその後まで解説。(2022/3/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。