ニュース
» 2010年11月09日 08時00分 公開

“高級おにぎり”誕生の、ちょっとした裏話を聞いてきたローソンを“研究する”(3/3 ページ)

[土肥義則,Business Media 誠]
前のページへ 1|2|3       

おにぎりは“別腹”

 ちなみに伊藤さんは、1日にどのくらいのおにぎりを食べるのだろうか。「新商品を開発していた2002年ころは、毎日数十個食べていましたね。最高で50個くらいかな? おにぎりは“別腹”なんですよ」と言って笑う。

 プロジェクトチームの仲間とは「あそこの店の○○、おいしかったですよ」といった情報交換を頻繁に行うという。それはおにぎりに限らず、食べ物であればなんでもアリといった感じ。「『おいしい店があるんですよ』と言われると、悔しい。なので教えてもらった店に何度も足を運んで、『実はオレの方がよく知っているぞ』と自慢することもある」とか。

 そんな彼らは、今後、どんなおにぎりを生み出すのだろうか。「コンビニでヒットする新商品は1000のうち3つほど」(業界関係者)と言われている。新商品をヒットさせるのは難しいかもしれないが、それでも「おいしいおにぎり」を期待する消費者は少なくないだろう。

7月から販売されている贅沢新潟コシヒカリおにぎりシリーズ
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -