ニュース
» 2011年01月21日 08時00分 公開

トイレにある“放尿ゲーム”ってナニ?うふふなマーケティングレシピ(3/3 ページ)

[郷好文,Business Media 誠]
誠ブログ
前のページへ 1|2|3       

トイレに広告はどうなのか?

 植村花菜さんの歌を思い起こせば、トイレとは「自分と向き合う場所」でもある。「自分を見失っていないだろうか?」と自問する。そこに神様がいる――。ひとりきりだから、そんなことを考える。

 ホッとひと息ついて、イライラした自分をいさめたり、冷静になったりの効用もある。発想の泉でもあるし、思考整理もできる。新聞もiPadも読めるし、メールもTwitterもできる。トイレの効用はいろいろある。だからゲームがあってもいいし、広告があってもいい。でも「トイレまで追いかけて来ないで!」というのが正直な気持ち。

 「広告付き無料公衆トイレ」「一般有料トイレ」が並んでいたら、広告付きを選んでしまいそうだけど。(郷好文)

※この記事は、誠ブログトイレの広告主様 〜トイレには神様だけではない。広告主様もいる〜」より転載しています。

 誠ブログでは、ブログを執筆してくださるブロガーを募集中です。詳細については、「誠ブログとは?」「FAQ」をご覧下さい。


前のページへ 1|2|3       
アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -