連載
» 2011年10月27日 08時00分 公開

運動する人は、なぜ頭の回転がいいのかできる人の脳が冴える30の習慣(2/4 ページ)

[米山公啓,Business Media 誠]

定期的に運動をする人は、頭がよく回転するようになる

 運動をすると脳に2つの大きな影響が起こります。

 1つは運動によって脳血流が増えます。脳血流は心臓から脳へ入っていく血液のことなので、血液量が増えれば、血液の中に含まれる酸素や脳の唯一のエネルギー源であるブドウ糖もたくさん運ばれ、脳の神経細胞が活性化されるわけです。

 もう1つ、運動によってさまざまな脳内物質(神経伝達物質)が増えてくることが分かっています。

 神経伝達物質は脳の中の潤滑剤でもあり、経済におけるお金と同じ意味があります。これが増加し、適正に分泌されると、脳の中での情報伝達がスムーズにできるようになるので、脳の衰えを防げるようになります。

 運動によって増える脳内物質には、活動性がアップするノルアドレナリン、意欲や前向き性格、幸福感に関係のあるドーパミン、脳に安定性を作り出すセロトニンなどがあります。

 また、定期的な運動で、脳内物質だけでなく、神経伝達物質を受け取る受容体も増えてきますから、さらに脳は活性化されるようになります。

 うつ病になると不足してくるセロトニンも増えるので、運動をすることで、精神的な安定が保たれます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -