連載
» 2012年01月19日 08時00分 公開

幸せと豊かさはキッチンからやってくる――オモシログッズを紹介郷好文の“うふふ”マーケティング(3/3 ページ)

[郷好文,Business Media 誠]
前のページへ 1|2|3       

料理は好奇心、アート心を育てる

 キッチンは“心の栄養”も育む。

 子育てに適した住宅認証、学研ネクストの「子育てde家庭教育ベスト住宅プラン」を適用したマンションが「サングランデ公津の杜グレイス」(千葉県)。

 キッチンに補助用の調理スペースや、図鑑や本を収納するスペースがある間取りも提供。「ボクにもできるもん」で好奇心を育てよう。お母さんと子どもの対話も増えるだろう。

サングランデ公津の杜グレイスのイメージ図

 システムキッチンは機能重視で殺風景になりがち。ならば、「アートのあるキッチン」はいかが。米国のNew Ravenna Mosaicsはタイルアートのキッチンを提供している。

 料理はクリエイティブなものなので、殺風景な空間から新しい発想は生まれない。タイルがムリなら、好きな陶器の展示スペースをキッチンに作ったら楽しいかも。食とアートはつながっている。

タイルアートのキッチン

幸せはキッチンからやってくる

 そもそも台所と食堂を1つにした“LDK”は、狭い日本の住宅を合理的に使おうと、公団住宅が1950年代に発明したもの。かつて家の北側にあった、暗くてジメジメした台所を、家族がそろうリビングと一緒にする革新的発想だった。

 暮らしの変化とともに北から真ん中へ、そしてもっと南へ。キッチンの大移動は「何を大切にして生きるか」という価値観の変化を背負ってきた。

 だが、誕生から半世紀、モノあふれてキッチンにヤマあり。調理家電はいっぱいでも、料理は上手くなったのか? 流行の健康食をつまみ食いして、かえってカロリーコントロールができない人もいたり。食物アレルギーも増えた。キッチンは人を幸せにしているだろうか? 今一度、水回りを点検してはいかがだろうか?

 GNH(国民総幸福量)という指標も取り上げられるようになった現代、幸せ仕様でキッチンを再開発する時代に入った。料理する人、食べる人が楽しく健康になる。そこに集う子どももペットも笑顔になる。「楽しむ」「創造する」「育てる」「会話する」……好奇心をくすぐるロマンのあるキッチンを開発しよう。料理がおいしいと人は幸せになる。幸せはキッチンからやってくるのだ。

関連キーワード

キッチン | 料理 | マーケティング


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -