ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「マーケティング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

今日のリサーチ:
韓国と台湾の訪日旅行客 旅マエ検索データで分かった行きたい場所の傾向は?
グローバルマーケティングを手がけるアウンコンサルティングが、2023年の訪日外国人客の動向をまとめました。(2024/2/22)

Xperiaと「原神」のコラボモデル、18万8400円で受注販売 実機を見てきた
ソニーマーケティングは、ゲーム「原神」とコラボしたスマートフォン「Xperia 1 V」コラボモデルの受注販売を開始した。価格は18万8400円(税込み)。(2024/2/21)

トライバルメディアハウスの「マーケティングの学び方を学ぶ塾」:
マーケティングの「学習範囲と8つのスキル」 プロは「理論」から学ぶ
一言で「マーケティング」といっても、その領域は広く深いため、どこから学べばいいか迷子になっている人も多いです。今回はマーケティングの全体像を示すとともに、学習すべき範囲や求められるスキルについて解説します。(2024/2/21)

行列を許容できるもの、できないものは? 「待ち時間」の意識調査
クロス・マーケティングが待ち時間に関する調査結果を発表した。怒らずに待てる時間や、行列しても待てると感じるものなどを調査している。(2024/2/20)

コミュニティマーケティングの普及・促進活動をより早期かつ広範囲に実現:
「一般社団法人コミュニティマーケティング推進協会」が設立
コミュニティマーケティングに関する交流や学びの機会を通して、コミュニティマーケティングの実践者・成功者を増やし、日本のビジネスシーンで活用される状況を加速することが目的。(2024/2/19)

3社の専門性とノウハウを統合:
デロイト トーマツのグループ3社が合併、デジタルマーケティング領域の支援強化
エスピーアイと、SPIインタラクティブ、シンプルビジネスソリューションズの3社は、エスピーアイを存続会社として合併した。(2024/2/16)

マーケティング業務の自社主導へのシフトを支援:
NTTデータグループのクニエが「マーケティングリーダーシップ支援サービス」提供開始
デジタル化の進展に伴うマーケティング業務の高度化をはじめ、マーケティング部門の本来業務を自社主導で行う力(マーケティングリーダーシップ)の強化を支援する。(2024/2/16)

データ×制作力:
ホットリンクが厳選クリエイターとのタッグで新サービス「HottoLink Creator Marke(ホックリ)」を開始
ホットリンクのデータ分析力とクリエイターの制作力を掛け合わせ、成果につながるインフルエンサーマーケティングを実現する。(2024/2/15)

「マーケティングは原点回帰している」 B2Bマーケの第一人者・庭山氏が語る、日本企業に欠かせない原理原則とは
(2024/2/15)

月額1万2000円から:
ChatGPTと連携してコンテンツ作成を支援 「シャノン コンテンツアシスタント」を提供開始
マーケティングのコンテンツ制作業務における「時間がかかりすぎる」や「複数案の提案が難しい」といった課題解決を目指す。(2024/2/14)

Marketing Dive:
2024年、米国ではデータドリブンマーケティングへの投資が360億ドル超え 活気づく広告市場に死角はないか?
Cookieの廃止とコネクテッドコマースの台頭により、マーケターは戦略の転換に本腰を入れようとしている。(2024/2/14)

トライバルメディアハウスの「マーケティングの学び方を学ぶ塾」:
マーケティング学習で陥る3つの罠 「学び方を学んでいない」迷子が多すぎる
マーケティングを学ぶとき、迷子になるマーケターが後を絶ちません。なぜでしょうか? また、学習時に陥りやすい3つの罠についても解説します。(2024/2/14)

間違いだらけの製造業デジタルマーケティング(12):
マーケターにも技術的知識が必須に マーケティング成功の鍵は「相互理解」
コロナ禍で製造業のマーケティング手法もデジタルシフトが加速した。だが、業界の事情に合わせたデジタルマーケティングを実践できている企業はそう多くない。本連載では「製造業のための正しいデジタルマーケティング知識」を伝えていく。第12回のテーマは「マーケターが技術を理解することの重要性」だ。(2024/2/14)

グループの「デジタルコア」に:
博報堂DY、DACとアイレップを統合してデジタルマーケティング領域をリードする新会社設立へ
新会社はその他のグループ内事業会社のデジタルマーケティングに関わるナレッジやリソースも集約し、グループのデジタルマーケティングの核となることを目指す。(2024/2/13)

「次の駅まで」に読めるハナシ:
27万円の「お菓子の城」が即日完売 明治が“子どもの頃の夢”を商品化したワケ
子どもの頃に憧れた「お菓子の城」を形にできる商品がある。明治が1月16日に発売した「明治 子どものころ夢に見た、お菓子でつくる大きな大きなお城キット」だ。商品化の経緯を、同社グローバルカカオ事業本部カカオマーケティング部の杉山詩織さんに聞いた。(2024/2/11)

B2B企業のマーケティングオーケストレーション実現を伴走支援:
シンフォニーマーケティングがNTTアドと提携 最適なCXをAIで創造する「次世代B2Bマーケティング」を提供
シンフォニーマーケティングがNTTアドとの戦略的提携を発表した。両社の強みを組み合わせて、B2B企業の価値向上につながるマーケティングソリューションを提供する。(2024/2/9)

Retail Dive:
SNSは2025年までにオワコンになる? 「インプレゾンビ大発生」の影響が調査で判明
適当な発言を繰り返すbotやインプレゾンビをSNSで見ない日はない。ガートナーの調査によると、一般ユーザーのSNSへの信頼度は低下している。宣伝やマーケティングにSNSを利用している企業は、「ユーザーの信頼を失ったSNS」にどう対応すべきだろうか。(2024/2/8)

ソニーと日立、物流を相互利用へ 2024年問題に対応
ソニーマーケティングと日立グローバルライフソリューションズは、両社が持つ物流プラットフォームの相互利用を4月から始める。(2024/2/7)

500人に聞いた:
「デジタルマーケは外注」7割超 外注先の選定基準は?
デジタルマーケティングを実施する企業の73.3%が、外部ベンダーやパートナーを利用していると回答したことが、ナイル(東京都品川区)による調査で明らかとなった。外注先の選定基準とは。(2024/2/7)

今日のリサーチ:
デジタルマーケティング外注利用の選定基準1位は「価格の安さ」でもリプレイスの理由1位は……?――ナイル調査
企業がデジタルマーケティングを実施する際の外注先の選定基準や満足度に関する調査の結果です。(2024/2/6)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2024年2月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。(2024/2/6)

適切なコンテンツ評価を支援:
アドエビスが「Google Search Console」とデータ連携 どんないいことがある?
マーケティングDX支援事業を手掛けるイルグルムは、広告効果測定プラットフォームにGoogle Search Consoleとのデータ連携機能を追加した。(2024/2/2)

間違いだらけの製造業デジタルマーケティング(11):
製造業が2024年に取るべきSEO対策 デジタルマーケティングの重要論点を振り返り
コロナ禍で製造業のマーケティング手法もデジタルシフトが加速した。だが、業界の事情に合わせたデジタルマーケティングを実践できている企業はそう多くない。本連載では「製造業のための正しいデジタルマーケティング知識」を伝えていく。第11回のテーマは「最新の製造業WebサイトのSEO対策」だ。(2024/1/30)

今日のリサーチ:
キャリア3年以内のマーケターに聞いたマーケティング用語の理解度
「CPA」「CTR」「SEO」他、マーケティング用語はどれだけ理解されているのでしょうか。(2024/1/28)

デジタル化に伴うマーケティングの役割の変化を反映:
「マーケティング」の定義が34年ぶりに刷新 旧定義との違いは?
日本マーケティング協会が新しい「マーケティング」の定義を発表した。(2024/1/28)

PontaのiPhone 15ケース、au限定で発売 オリジナル壁紙2種も
ロイヤリティ マーケティングは、1月26日に「iPhone 15対応 ソフトケース/Pontaとスイーツ」を発売。全国のauショップとau Online Shop限定販売で、オリジナル壁紙2種もプレゼントする。価格は3168円(税込み)。(2024/1/26)

戦略立案からカスタマーサクセスまで:
複雑化するB2Bマーケティングの課題を一気通貫で解決 PLAN-Bが支援サービスを提供
PLAN-Bが「BtoBマーケティング総合支援サービス」の提供を開始した。デマンドジェネレーションだけでなく、営業やカスタマーサクセスの領域までをカバーできるのが特徴だ。(2024/1/26)

今日のリサーチ:
「マーケティングテクノロジーカオスマップJAPAN 2023」をアンダーワークスが公開
日本国内で利用可能な1740種のマーケティングテクノロジーを32分類で一覧化。2023年版の特徴は「生成AIテクノロジーの増加」です。(2024/1/25)

PCIe 4.0 x4/5.0 x2接続に対応した内蔵型M.2 NVMe SSD「Samsung 990 EVO」
ITGマーケティングは、日本サムスン製M.2 NVMe SSD「Samsung SSD 990 EVO」の取り扱いを開始する。(2024/1/24)

今日のリサーチ:
2022年度のCDP市場は前年度比14.2%増、2027年まで年平均13.6%の高成長を予測――ITR調査
ファーストパーティーデータによる顧客理解とマーケティング強化の重要性がますます高まる中、CDP市場は高い伸びが見込まれています。(2024/1/23)

Social Media Ttoday:
TikTokマーケティングで成功するための5つのヒント
2024年にTikTokに注力したいと考えているマーケターのために、取り組みを正しく軌道に乗せるためのTipsを紹介する。(2024/1/23)

日清食品グループ内でも評価:
発売1年で2億本 ピルクル ミラクルケアの「安い」と言い切るマーケ戦略、なぜ成功した
日清ヨークの「ピルクル ミラクルケア」が好調だ。「安い」と言い切るマーケティング戦略で、発売1年で2億本を売り上げた。価格訴求はブランドを傷つける可能性もある、諸刃の剣だ。なぜ「安い」と言い切るマーケ戦略を採用したのか、販売戦略とコミュニケーション設計を取材した。(2024/1/23)

今日のリサーチ:
2023年に視聴者が最も多く検索したテレビCMランキング
マーケティングの効果を測る重要指標である「指名検索」。2023年に最も指名検索スコアが高かったテレビCMは何だったのでしょうか。(2024/1/21)

石川温のスマホ業界新聞:
今年のCES 2024は「AI祭」につきる――でもそのAI、今までと何が違うのか
米ネバダ州ラスベガスで開催された「CES 2024」が閉幕した。今年はAI(人工知能)推しの出展者が多かったのだが、10年以上CESを取材してきた筆者からすると、よくよく考えると「毎年同じことを言っているだけ」にも思える。AIは、結局マーケティングワードでしかないのだろうか。(2024/1/21)

Cybersecurity Dive:
ロシアの脅威アクター、大手ケチャップメーカーを攻撃したと言い張る
ランサムウェアグループが攻撃への関与を主張する中、クラフト・ハインツは「潜在的な攻撃は廃止されたマーケティングサイトに関するものであり、社内システムは正常に動いている」とコメントした。(2024/1/20)

2400人に聞いた:
「人間関係リセット」4割が経験、なぜ? 転職繰り返す人も
職場やプライベートなど、さまざまなシーンにおいて人間関係をリセットした経験がある人は4割に上ることが、市場調査会社クロス・マーケティング(東京都新宿区)の調査で分かった。人間関係をリセットしたきっかけとは――。(2024/1/19)

今日のリサーチ:
「企業が注力するマーケティング調査レポート」最新版で「生成AI」が初めて上位に
「ad:tech tokyo」などに参加した企業の広告・マーケティング担当者を対象に、2024年の取り組みに関して調査した結果です。(2024/1/17)

Honda「CIVIC」「N-BOX」カラーのスマホケース発売 自動車用塗料で再現
エンターテインメントマーケティングは、自動車用塗料を使って実車のカラーを再現したiPhone/Androidスマートフォンケースを発売。対象はHondaの「CIVIC」「N-BOX」で、「NSX」などの人気車種にも順次対応する予定だ。(2024/1/16)

B2Bマーケターのための広報入門【第5回】:
広報を迷わせる5つの理由とその解決方法
広報業務はマーケティングとは似て非なるものです。故にその効果測定のあるべき形に悩む人は少なくありません。課題解決のヒントとなる考え方を紹介します。(2024/1/15)

Marketing Dive:
マーケティングのニューノーマルはどこへ向かう? 「Marketing Dive」の8つの予言
リテールメディア、コネクテッドTV、ソーシャルコマースなど、新たな潮流の中で勝者と敗者がどのように分かれるのか。(2024/1/13)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2024年1月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。(2024/1/9)

Social MediaToday:
2024年、成功したいデジタルマーケターがやるべきこと5選
2024年のマーケティングプランニングにおいて注目すべき5つの主要なトレンドについて、ポイントを絞って解説する。(2024/1/4)

年間アクセスランキングベスト10:
「ChatGPT」快進撃、みんな大好き「任天堂」「Z世代」他 2023年に最も読まれた記事ランキング
マーケ×ITの最新潮流を伝えるITmedia マーケティング。2023年、読者はどんな記事に注目したのか。ランキング形式で振り返ります。(2023/12/31)

今日のリサーチ:
2023年必要とされたスキル、「Webマーケティング・集客」は何位?
ランサーズが発表したフリーランスに求められるスキルのランキングです。(2023/12/31)

2023年の好きなテレビ番組 『どうする家康』『水曜日のダウンタウン』を抑えた1位は?
若者のテレビ離れが進む中、2023年人気を集めたテレビ番組とは。クロス・マーケティング(東京都新宿区)が調査を実施した。(2023/12/31)

「AIペルソナ」を導入:
キリンビールが生成AIをマーケティングに実装へ 商品開発の高速化に向けた具体的な活用方法とは?
キリンビールがマーケティングに生成AIを活用する実証実験を始めた。「AIペルソナ」を構築することで商品開発の高速化を目指す。(2023/12/28)

今日のリサーチ:
B2Bのコンテンツマーケティングに関する2023年総括と2024年展望レポート
2023年は広告のCPA高騰や生成AI活用の一般化の兆しが見られました。2024年のB2Bマーケターはどう動くべきなのでしょうか。(2023/12/28)

Marketing Dive:
炎上しても「パーパスドリブンマーケティング」から逃げてはいけない理由
環境保護や多様性、公平性、包括性などを「パーパス」に掲げ、金儲けを超えた活動に取り組むブランドが増えている。しかし、そうした活動が強い反発を生むこともある。苦悩するマーケターはどうすればいいのか。(2023/12/28)

株式会社Contentserv提供Webキャスト
“顧客価値”起点のマーケティングと経営変革を目指す、先進企業の取り組み
グローバルに事業を展開するパナソニック コネクトでは顧客価値を起点としてマーケティングおよび経営変革を実現すべく、さまざまなチャレンジをしている。その1つが、製品やサービスのデータを全プロセスでつなげるデータの統合と連携だ。(2023/12/28)

マーケティングにおけるコンテンツ制作の課題を解決:
シャノン、ChatGPTと連携してコンテンツ作成を支援する「シャノン コンテンツアシスタント」を発表
企業がマーケティング活動をする上で避けて通れないコンテンツの作成の課題を解決する。(2023/12/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。