コラム
» 2012年06月08日 08時01分 公開

「鉄道ツアー」のカラクリは、このようにできている杉山淳一の時事日想(5/5 ページ)

[杉山淳一,Business Media 誠]
前のページへ 1|2|3|4|5       

 もうひとつ。団体旅行でありながら、個人の自由を尊重するプランが重要だという。宿泊ツアーの場合は、必ず個室、シングルルーム利用のオプションを用意しておく。一般の温泉旅行ツアーは夫婦やグループ参加が多いため、基本的には2人部屋を組み合わせる。しかし鉄道ツアーは「おひとりさま」が多い。旅館でもシングル利用がカギとなる。

 「ひとり2座席利用」というオプションもある。1人参加でありながら窓側、通路側と並んだ2座席を提供する。他人と相席しないで気兼ねなく過ごせるし、隣の席にカメラバッグを置いて作業に使えるため好評だという。こうした「かゆいところに手が届く」サービスを用意して「ツアーに参加してよかった」「ツアーのほうが楽しい」と評判になり、鉄道ファンを獲得してきた。

 旅行業界はツアーバスの台頭や格安航空会社(LCC)の就航など低価格志向となっている。チケットや宿のオンライン販売も普及してきた。オーダーメイドの旅を自分で作れる時代に、パックツアーとはどうあるべきか。サービスのあり方が問われている。

停車駅で撮影タイムを設ける。鉄道ファンはダイヤ順守を心得ており、進行はスムーズという
(写真提供:日本旅行)


前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -