コラム
» 2012年06月12日 08時01分 公開

ゴビンダさん釈放の陰で報じられない、“灰色受刑者”たち窪田順生の時事日想(3/3 ページ)

[窪田順生,Business Media 誠]
前のページへ 1|2|3       

 それはこの話をあまり突っつくと、「そもそも、なんで民事不介入の警察が痴話ゲンカに首を突っ込んだの?」という読者や視聴者の素朴な疑問に答えなくてはいけないからだ。ストーカーやDVの被害を訴えても、腰が重いと批判されているくせに、父親が子どもに会いにいくだけで、わざわざ出動したのはなぜか……という謎に光があてられる。

 これはマズい。実はこの「別居の妻」というのが、警察庁長官官房会計課監査室長という重要なポストにいた警察OBの愛娘で、おまけにそのOBというのが、元警視総監の仁平國雄氏が会長を務める天下り組織「財団法人 日本交通管理技術協会」の常任理事。このヤマを扱うと、OBが自らの威光をつかって警官を「娘のボディガード」がわりにつかった可能性にも言及しなくてはいけない。

 マスコミと警察の関係は、アントニオ猪木とタイガー・ジェット・シンのそれとよく似る。一見、激しくやり合っているように見えるが、実はもちつもたれつの関係で仲がいい。だから、本気で相手が嫌がることは控える。銃発砲事件ぐらいで、事を構えたくないというホンネもある。

 かくして、Aさんは関係各位の大人の事情と、警察の威信を守るため、「警官から銃を奪った凶悪犯」としてムショに送られた。

 「納得はしていません。この3年間ずっと悔しい思いをしてきましたよ。でも、どうしようもないでしょ。警察を敵にまわすなんてことができるわけがない」

 悔しそうに言うAさんに、私はうなずくことしかできなかった。

 マスコミが伝えない。いや、ハナから伝えるつもりもない「灰色受刑者」たちは、今日もひっそりとシャバに戻っている。ゴビンダさんは、本当にラッキーだ。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -