ニュース
» 2014年04月21日 08時00分 公開

“キモい父”が本になった! 娘を持つすべてのお父さんへ、中学生女子が伝えたいこと父と娘のマジトーク・番外編(2/5 ページ)

[ シックス・アパート 中山順司,Business Media 誠]

マジトークは、やりたくなかった

父: これまでのマジトークを振り返りたいんだけどさ、最初に誘ったとき、ちょっとイヤそうな素振り見せてたよね?

娘: 正直に言うと、イヤだったよ。

父: どうして?

娘: だって、「お父さんと、いったい何を話すのよ?」ってなるでしょ。学校や部活のことは下校したらお母さんに話すから、べつにそれ以上言うことないんだよね。

父: でも、お父さんは、お前とお母さんの会話は聞いていないじゃないか。

娘: うん、でも面倒くさい。同じ話を2回も繰り返したくないの。

父: お父さんは、学校や勉強のこと、気になるから話しかけるんだけどな。

娘: そりゃ分かるけどさ、ドラマみたいに毎日事件はないよ。フツーに授業受けて、フツーに部活しているだけだから、わざわざ話すほどのこともないでしょ。

父: そのフツーなことでいいから、聞きたいんだってば(笑)。

娘: でも、お父さんは以前よく、「学校はどうだ?」とか、「最近どうだ?」って振ってきたでしょ。あの質問は雑すぎると思わない?

父: そう?

話題を子供に丸投げしないで

小学6年生のころの娘。持っているのは自作のなめこイラスト。左のはアッガイなめこ、右のはシャア専用ズゴックなめこ(@ジャブロー)

娘: あたしからしたら、「どうって……なにがよ?」ってなっちゃうし。

父: 質問の意図があいまいすぎる?

娘: うん。話題をこっちに丸投げしないでって思ってた。そういう質問の仕方をするってことは、娘を観察していないって証拠だよ。あたしをよく見ていれば、何に興味があるとか気づくはず。

父: うーむ、それは認める……。サオリのほうから、面白い話をしてほしがっていた部分はあったな。

娘: あたしが好きな柴犬とかなめこ栽培とか、他にも話のキッカケはあるでしょう? そういうところから来ればいいのに。大人の男の人が、女子中学生の立場になって考えるのは難しいかもしれないけど、想像力を使えば不可能ではないでしょ?

父: いや、でもそれは難しいぞ。

娘: お父さんだって、じいちゃんとばあちゃんの子供なんだから、子どもの立場は分かるはず。自分が親からされて嫌なことは、きっとあたしもそうだとは、なんとなくイメージできるでしょ?

父: うーむ、ぐうの音も出ない……。

娘: 要は、もっと工夫をしなさいってこと。押してダメならもっと押せじゃなくて、引くんだよ。拳銃で歯が立たない敵には、ミサイルをぶつけるとか、そういうことね。

父: はい、すみません…。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -