連載
» 2014年06月12日 08時00分 公開

伊吹太歩の時事日想:世界から「児童ポルノ帝国」と呼ばれるニッポン (4/4)

[伊吹太歩,Business Media 誠]
前のページへ 1|2|3|4       

世界が納得できる児童ポルノの法整備を

 ちなみに米国は当然のことながら、児童ポルノを日本以上に厳しく規制しており、世界でもっとも児童ポルノに厳しい先進国の1つと言われる。児童性愛者を摘発するためのおとり捜査にアニメやマンガが使われたケースもある。児童ポルノに対しては、どちらかといえば、表現云々よりも児童の権利搾取という考えが先に立つ。

 ただ日本に暮らしながら、日本について海外でどのように伝えられているのかを見ていくと、このように肌感覚の違いを実感することは多い。どちらかが正しく、どちらかが間違っているという問題ではない。どう見られているのかを知ることで、自分たちを客観視するきっかけになるということだ。

 かつて許容されていたことが、決して許されないものに変わった例は、世界では少なくない。19世紀後半の欧米では、コカインのような麻薬の使用はそこまで珍しいものではなかったが、時代の変化とともに、厳しい処罰の対象になった。こうしたケースのように、世界では子供や児童ポルノに対する見方も変わり、規制はどんどん厳しくなっている。

 変わりゆく時代の中で、アニメ大国である日本は、少なくとも児童ポルノに対して世界が納得できる法整備を議論する必要があるだろう。

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -