ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「法改正」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「法改正」に関する情報が集まったページです。

取得組でも「2週間未満」が最多:
0歳児パパ、「育児関わりたい」97% 一方、半数以上が「育休取得せず」 なぜ?
「日本で男性の育休取得が進まない」。長年の課題に対し6月3日に政府が法改正を行った。企業には男性が育休を取得を促進するための取り組みが課される。0歳児の父親の育休取得率は調査によると半分未満だった。会社の雰囲気をハードルに感じる人が多いようだ。「とるだけ育休」なども懸念されているが、日本の育休取得の実態や父親が育児のどんな点に課題を感じているか見ていこう。(2021/6/19)

電力供給サービス:
インバランス料金に2段階上限、電力価格高騰を受け経産省が省令改正
経済産業省がンバランス料金算定の基となる省令の改正を行ったと発表。インバランス料金に2段階の上限価格を導入する。(2021/6/16)

「個別に説明」をどう実現?:
育休法改正でこう変わる! 「全社的に説明」のみはNG、人事がすべき“準備”とは?
6月3日、改正育児・介護休業法が成立した。今回の法改正の要点や、人事が今から進めておくべき準備とは? Works Human Intelligenceの阿弥毅氏に話を聞いた。(2021/6/11)

ラストチャンスかも?:
PR:便利な裏にもリスクあり 法律の要件緩和が進む「ペーパーレス化」の失敗しない対応法
ペーパーレス化を巡り、2022年に施行予定の改正電子帳簿保存法、23年に導入予定のインボイス制度を前にして、いよいよ「ラストチャンス」ともいえる状況となっている。さまざまな要件緩和が進む一方で、落とし穴も潜むペーパーレス化・デジタル化だが、どう対応すれば「失敗」しないのだろうか?(2021/6/9)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
鉄道と脱炭素 JR東日本とJR西日本の取り組み
2021年5月26日に参議院で可決した「地球温暖化対策推進法の改正法案」は、地球温暖化対策として、CO2など温室効果ガスの削減への取り組みを求めている。CO2削減では自動車業界の話題が突出しているが、鉄道業界はどのようにしていくつもりだろうか。(2021/6/4)

3Mフルハーネスに新ラインアップ:
もうすぐフルハーネス完全原則化、電柱工事もカバーした3Mの「柱上作業用フルハーネス」
労働安全衛生法施行令の改正に伴い、2019年2月1日から6.75メートルを超える(建設工事は5メートル超)の高所で作業する場合は、フルハーネスの着用が原則化された。現在は経過措置期間にあたり、完全施行日の2022年1月2日以降は、胴ベルトや旧構造規格のフルハーネスは、基準の高さを超える作業では使用が禁じられる。(2021/5/19)

命令に従わなかった場合:
すべて飲食店! 東京都の休業要請に応じなかった33施設、今後は
東京都は17日、新型コロナウイルスの緊急事態宣言下で酒類を提供する飲食店などへの休業要請に応じていない33施設に対し、改正特別措置法45条に基づく休業命令を出した。33施設はいずれも飲食店。命令に従わなかった場合……。(2021/5/17)

改正資金決済法への対応:
「PayPayマネー」の残高上限が500万円から100万円に“減額” 6月1日以降
決済サービス「PayPay」において、資金移動にも使える残高である「PayPayマネー」の残高上限が100万円に減額されることになった。5月1日に施行された改正資金決済法などに対応するための措置だ。【更新】(2021/5/7)

バーチャル株主総会の現在地(後編):
完全バーチャル株主総会、運営のポイント 通信障害・なりすまし対策は?
法改正が進み、実現間近の完全バーチャル株主総会。運営のポイントは4つある。(2021/4/30)

バーチャル株主総会の現在地(中編):
完全バーチャル株主総会、不可欠な「定款変更」 早すぎない・遅すぎない変更タイミングは?
法改正によって、上場企業が一定の条件を満たし、定款を変更すれば、継続的にバーチャルオンリー型株主総会を開催できるようになる。定款変更のタイミングはいつがいいのか。(2021/4/28)

修理する権利とコネクテッドカー(1):
マサチューセッツ州の修理権改正案は自動車業界にどんな影響を与えるか
診断データは、修理工場が車両の状態をよりよく理解し、車両の潜在的な問題を分析かつ特定し、クルマの修理に役立つものだ。この記事では、そうしたデータの扱いに関する「修理する権利(修理権)」を分析し、幾つかの課題について解説する。(2021/4/28)

バーチャル株主総会の現在地(前編):
法案成立も間近! 完全バーチャル株主総会を開催するための「3つの要件」
上場会社がバーチャルオンリーで株主総会を開催できるように法改正が行われようとしている。現在開会中の通常国会に提出される見通しだ。開催するためには定款変更に加え、3つの要件を満たす必要がある。(2021/4/27)

定年延長のリアル(番外編):
「国家公務員の定年延長」で、企業でも改革が加速する3つの理由
今国会で国家公務員法改正案が成立すれば、民間企業に先駆けた「定年延長の法制化」になりそうだ。民間企業の今後の定年延長に向けた改革にも大きく影響を与えることになると考えられる。その理由は。(2021/4/7)

郵便法改正で普通郵便の土曜配達が廃止に “翌日配達”も見直しで1日程度繰り下げに
速達や書留などに変更はありません。(2021/4/3)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
平城京や自由が丘で「踏切除却」! 鉄道、街はどうなる?
2021年3月25日、奈良県、奈良市、近鉄が「平城宮遺跡内を通過する近鉄奈良線の移設」に合意した。また東京都目黒区自由が丘地区の都市再生計画が始動。改良したい踏切があっても、今までは国土交通大臣の指定を待つしかなかったが、4月1日から「踏切道改良促進法等の一部を改正する法律」が施行され、自治体側から提案できる。(2021/4/2)

コード決済事業者もクレカ番号管理義務 セキュリティ不安は和らぐか?
「割賦販売法の一部を改正する法律案」が閣議決定され、4月1日から施行される。この中では、多様化する決済技術に対応するため、大きく3つの改正が行なわれる。フィンテック関連のセキュリティ不安に対応できるか。(2021/3/31)

小池知事への104円訴訟に1500万円の支援! グローバルダイニングの狙いは?
新型コロナ対応の改正特別措置法に基づいて東京都が出した時短営業命令が、営業の自由を保障した憲法に違反するなどとして、都に104円の損害賠償を求める訴訟を起こした外食大手「グローバルダイニング」。訴訟費用をクラウドファンディングで募ったところ、1500万円以上が集まった。(2021/3/26)

ネット通販で悪質“お試し商法”急増か 背景に巣ごもり需要 消費者庁、規制強化へ
インターネット通販のトラブルに関する消費生活センターへの相談が2020年、過去5年で最多となった。特に増えているのは悪質な「お試し商法」に関する相談。消費者庁は注意を呼び掛けており、特定商取引法の改正などの規制強化に乗り出す構えだ。(2021/3/26)

緊急事態宣言後も通常営業の飲食店 東京都の命令により21日まで時短へ
午後8時以降の営業を続けている店は相当数あったが、東京都が18日、27店に対し改正特別措置法45条に基づく命令を出した。(2021/3/18)

悪質通販を見分ける自衛策 「初回無料」「お試し価格」の文言に要注意! 罰則強化へ法改正議論も
健康食品や化粧品の「初回無料」「お試し価格」とうたうネット広告につられ、高額な定期購入を契約してしまうトラブルが急増している。消費者庁は刑事罰も含めた罰則強化に乗り出している。(2021/3/8)

テレビ番組のネット同時配信権利手続きを簡素化 著作権法改正案を閣議決定
政府が、テレビ番組の同時配信に掛かる権利処理手続きを簡素化する著作権法改正案を閣議決定した。現状は視聴者からの提供映像などを利用する場合、放送と配信で別々に許諾が必要だが、改正案では放送の許可を得る際に配信も許諾したと推定する規定を設けた。(2021/3/8)

2022年1月に経過措置満了、旧規格品は使用禁止に:
PR:新規格への完全移行迫る!安全性と作業性を両立させたプロが認める3Mの“フルハーネス”と“ランヤード”
3Mの墜落防止ソリューションは、1940年代に端を発する。世界初となる安全ブロックの特許取得を皮切りに、1970年代にはフルハーネスとランヤードの提供を開始。現在では、世界75カ国以上もの建設/製造の現場で、働く人々の命を日々守っている。世界中のプロの現場で信頼を得てきた3Mのフルハーネスとランヤード――。日本法人のスリーエム ジャパンでも、2020年3月に5メートル以下の高所作業で活躍する「巻取り式ランヤード」の約40%軽量化に成功し、同年9月には「ワークポジショニング用」をはじめとするフルハーネス3種も拡充するなど、国内ニーズに寄り添った製品開発には余念がない。安衛法の改正に伴い、旧規格の安全帯が禁じられる経過措置期間の満了があとわずかと迫るなか、2021年2月からは購入者にランヤード1本を無料でプレゼントするキャンペーンもスタートした。安全衛生製品の責任者へのインタビューから、なぜ3Mのフルハーネスとランヤードがワールドワイドで使用されているのか、他製品との選択時に3Mを選ぶべき理由などを聞いた。(2021/3/8)

プロバイダ責任制限法、改正案が閣議決定 投稿者IPアドレスなどの開示手続きを簡略化
政府がプロバイダ責任制限法の改正案を閣議決定したと、共同通信などが報じた。インターネットで誹謗中傷を受けた被害者が訴えを起こしやすいよう、裁判手続きを簡略化する。(2021/2/26)

対応方法・スケジュールを弁護士が解説:
3月1日施行、改正会社法 「取締役の報酬等の決定方針」の定め方と記載例
2021年3月1日から「会社法の一部を改正する法律」と、それに伴って公布された「会社法施行規則等の一部を改正する省令」が施行される。これにより、取締役の個人別の報酬等の内容についての決定に関する方針を取締役会で決定することが義務付けられる。企業に求められる対応のスケジュールと、具体的な記載例とは?(2021/3/1)

日本にスポーツベッティングは根付くか:
バスケットボールが「スポーツくじ」の対象に 「スポーツベッティング」はスポーツ界の救世主となるか
2020年末の法改正で、バスケが「toto」の対象に追加予定となった。コロナ禍で資金繰りに苦しむプロスポーツも多い中、スポーツベッティングは新たな稼ぎ頭となるのか。(2021/2/25)

約8割が「改正個人情報保護法でセキュリティ対策強化を考えた」:
すぐに対策をしない理由は「自社がサイバー攻撃による被害に遭う可能性が低いから」 サイバーセキュリティクラウド
サイバーセキュリティクラウドが企業の経営層を対象に実施した「改正個人情報保護法成立後のサイバーセキュリティ対策に関する意識調査」の結果を発表した。それによるとサイバーセキュリティ対策強化の必要性を感じている経営層が多数いることが分かった。(2021/2/18)

混乱の理由:
パワハラと指導の境界線はどこにあるのか 旭川医大問題を考える
2020年6月、パワハラ防止法こと「改正労働施策総合推進法」施行された。パワハラケーススタディとして、話題となっている旭川医大を例に対応を考えてみる。(2021/2/9)

Autodesk University 2020:
歴史的建造物の調査を高精度に行う“クイックスキャン”、Revit連携でVR展開も
文化財保護法が一部改正され、以前は政府が行っていた歴史的建造物の管理が都道府県や市町村に委ねられることになった。実現には、歴史的建造物に関する管理や活用を市民参加型にする必要がある。レーザースキャナーや写真データを活用した歴史的建造物のデータ化は、将来的な建造物の修繕やバリアフリー化などの情報を共有化するのに有効だ。また、BIMとの連携で、調査や修繕の管理・立案などにも役立つ。(2021/2/1)

bitFlyer、仮想通貨取引証拠金のレバレッジを4倍から2倍に
仮想通貨取引所を営むbitFlyerは、金融商品取引法の改正に基づき、仮想通貨の証拠金取引のレバレッジ倍率を、従来の4倍から2倍に引き下げる。(2021/1/29)

GPS用いた居場所探索規制へ 警察庁のストーカー規制検討会が報告書
警察庁の有識者検討会が、GPSを用いて相手の承諾なく居場所を探る行為などを規制することが適当だとすることなどを盛り込んだ報告書をまとめた。この報告書を受け、警察庁は、ストーカー規制法の改正案を今国会に提出する方針。(2021/1/29)

新連載・定年延長のリアル:
「定年延長」への対応方法 4月の高齢法改正で何が変わる?
70歳までの就業機会確保を定める、改正高年齢者雇用安定法(高齢法)の施行まで間もなくとなりました。今回の高齢法改正で何が変わるのか? 定年延長が義務化されるのか? 定年延長の効果は? など、よく聞かれる問いに答えます。(2021/1/29)

政府は負けを認め、反省の上にDXを一気に進める。民間企業はどうか――平井デジタル相が目指すもの
行政のDX推進を目指すデジタル庁設立の構想やそれに向けた法改正が急がれる中、デジタル改革担当相の平井卓也氏が目指す「日本のDX」はどういったものだろうか。話を聞いた。(2021/1/21)

注意点は:
改定された「副業・兼業ガイドライン」を読む
2020年9月に「副業・兼業の促進に関するガイドライン」が改定されました。より具体的に、踏み込んだ内容になっていますが、その改正ポイントを解説します。(2021/1/20)

飲食店名公表、実効性は? 非協力店“宣伝”のジレンマも
新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言発令を受けた営業時間短縮要請に関連し、各知事が要請に従わない飲食店を公表できるよう政令が改正された。とはいえ、実際に公表に踏み切るかどうかの判断にはさまざまな事情が絡む。(2021/1/14)

デジタルプラットフォーム取引透明化法、個人情報保護法など:
2021年、最低限押さえておきたいIT関連の法改正をまとめてチェック
IT業界で働いているなら最低限押さえておきたい2021年施行予定、審議予定の法律を紹介する。(2021/1/13)

SNS誹謗中傷に保険も登場 官民で対策加速
ネットでの誹謗中傷への対策が官民で加速している。総務省が裁判手続きを簡素化する法改正を目指す中、ネットのトラブルに特化した少額保険にも関心が集まっている。(2020/12/24)

Twitterトレンド大賞、1位は「コロナ(新型コロナ)」 最多いいね・リツイートは「100日後に死ぬワニ」
2位、3位には「#検察庁法改正案に抗議します」「緊急事態宣言」がそれぞれ選ばれました。(2020/12/22)

総務省が改正「MNPガイドライン」を公表 手数料無料、引き止め行為の禁止など
総務省が12月18日、改正した「携帯電話・PHSの番号ポータビリティの実施に関するガイドライン」を公表した。MNPの手続きにかかる手数料については無料とするが、対面や電話で手続きをする場合は、税別で1000円以下とする。転出元の事業者は、MNPの手続きをするユーザーに対して、一切の引き止め行為を行わないよう規定している。(2020/12/18)

政府が2021年度の税制改正大綱を発表 クラウド導入など企業のDX化で減税
自民、公明両党が2021年度の税制改正大綱を発表。クラウド型システムの導入など企業のDX化を促す減税措置などを盛り込んだ。(2020/12/11)

いまさら聞けない「同一労働同一賃金」の基礎
2018年6月、働き方改革関連法が成立しました。目玉の一つ、いわゆる同一労働同一賃金について、法改正の内容など基礎を整理します。(2020/12/7)

特許庁、画像を初めて意匠登録 クラウド活用、センシング技術の発展見据え
特許庁が小糸製作所の「エリアマーカー」を、画像として初めて意匠登録した。クラウド活用やセンシング技術の発展を背景に意匠法が改正され、画像のデザインにも独占権を認められるようになった。(2020/11/10)

SUBARUが認証ソリューションAuth0を採用 改正個人情報保護法に対応
SUBARUは、同社のオーナー向けアプリ「マイスバル」に認証ソリューション「Auth0」を導入した。今後、Auth0の認証基盤を利用して改正個人情報保護法に対応した顧客向けのポータルサイトを構築する予定だ。(2020/11/6)

5ちゃんねるの姉妹サイト「PINKちゃんねる」で「半角文字列板」などが突然閉鎖に リーチサイト規制の影響か
10月1日からの改正著作権法施行で、著作権侵害コンテンツへのリンク情報を掲載する、いわゆる「リーチサイト」行為も違法となっていました。(2020/11/5)

エキスパートが語り下ろすモダンマーケティングの論点:
サードパーティーCookieの利用制限はデジタル広告にとって大きなチャンスでもある
2020年6月に国会で改正個人情報保護法が可決され、消費者のプライバシー保護の問題がますます注目を集めている。今後のデジタル広告はどうなっていくのか。(2020/11/5)

石川温のスマホ業界新聞:
クアルコムが「スマホが売れないのは改正法のせい」と噛みつく――総務省は「5G端末を特例扱いはしない」と一蹴
総務省がまとめた「競争ルールの検証に関する報告書2020」に対するパブリックコメントが公表された。注目すべきは、米Qualcommが提出した「端末販売の減少は、改正電気通信事業法が施行された直後から始まっている」という意見。総務省はこれを事実上無視した。(2020/10/30)

「ITmedia Security Week秋」:
日本のIoTは、なぜ今でも“危ない”のか 脆弱性チェックと法改正を重ねる総務省の現在地
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)で社会が大きく変化し、セキュリティ対策も変化の時を迎える。そんな中、数年前から5GやIoTの普及に向けたセキュリティ対策を本格化してきたのが総務省だ。大掛かりな脆弱性チェックや法改正も実施したという彼らの危機感と、対策の現在地は。(2020/10/22)

伊達政宗がジェットコースターで小田原へ! 『建築知識11月号』は戦国武将と一緒に改正建築基準法を学べる1冊に
法改正をマスターして天下統一!(2020/10/19)

海外医療技術トレンド(64):
米国HIPAA規則改正にみる、医療プロセスのDX推進と個人健康記録保護のバランス
本連載第40回で、米国の退役軍人およびメディケア被保険者向け個人健康記録(PHR)に関わる「Blue Button 2.0」に触れた。今回は、PHRの将来を左右するであろうプライバシー規則であるHIPAA規則の改正動向を取り上げる。(2020/10/16)

解体市場のトレンド予測も解説:
改正法で急変する解体業界、施主とつなぐ「くらそうね」に“賠償保険”など無償の保証サービス
解体工事の一括見積もりWebサービスを運営するクラッソーネは、会社倒産や事故発生など、万が一の際、金銭的リスクの回避や工事停滞などの不安を解消する保証サービスを無償オプションで追加した。(2020/10/6)

違法音楽アプリの根絶に向けて 日本レコード協会が「あの音楽アプリは、もう違法。」開設で啓蒙活動
「リーチサイト・リーチアプリ規制」に関する改正著作権法が10月1日から施行されたことを受けて。(2020/10/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。