法令改正で「Pixel 8 Pro」の価格はどれくらい変わった? ドコモ、au、ソフトバンクの最安値【2月25日最新版】

» 2024年02月25日 14時00分 公開
[房野麻子ITmedia]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 「電気通信事業法第27条の3」に関する省令が2023年12月27日に改正され、いわゆる「白ロム割」と呼ばれる端末単体販売割引が規制された他、値引き額上限が2万2000円から4万4000円に引き上げられた。なお、端末価格が4万4000円から8万8000円までの場合は半額まで、4万4000円以下の場合は2万2000円までとなる。

 この影響を受け、各キャリアのオンラインショップにおける端末の販売価格が変更された。この記事では「Pixel 8 Pro」の一括価格と実質負担額がいくらになったのかをまとめた。記事内の価格は全て税込み。実質負担額はドコモが「いつでもカエドキプログラム+」、KDDI(au)が「スマホトクするプログラム」、ソフトバンクは「新トクするサポート(バリュー)」を適用した場合の価格となる。

Pixel 8 Pro Googleのハイエンドスマートフォン「Pixel 8 Pro」

ドコモのPixel 8 Pro

  • 一括価格……256GB:19万8000円で据え置き/512GB:21万8680円で据え置き
  • 実質負担額(改正前)……256GB:10万8240円/512GB:13万5960円
  • 実質負担額(改正後)……256GB:13万5960円/512GB:15万7960円

 ドコモオンラインショップにおけるPixel 8 Proの価格を見ると、256GB、512GBとも一括価格に変更はないが、実質負担額が値上がりした。いつでもカエドキプログラム+を適用し、23カ月目に返却した場合の実質負担額が、256GBは改定前より2万7720円の値上げ、512GBは2万2000円の値上げとなった。

auのPixel 8 Pro

  • 一括価格……128GB:16万9900円で据え置き/256GB:17万9900円で据え置き/512GB:19万9900円で据え置き
  • 実質負担額(改正前)……128GB:6万5400円/256GB:7万円/512GB:7万9200円
  • 実質負担額(改正後)……128GB:6万5400円/256GB:7万円/512GB:8万350円

 auオンラインショップにおけるPixel 8 Proの価格は、改正前と改正後でほとんど変わらない。唯一、512GBの実質負担額が1150円値上がりしている。

ソフトバンクのPixel 8 Pro

  • 一括価格……128GB:17万2080円で据え置き/256GB:18万3600円で据え置き/512GB:20万6640円で据え置き
  • 実質負担額(改正前※2年間)……128GB:7万2336円/256GB:7万8816円/512GB:9万1776円
  • 実質負担額(改正後※1年間)……128GB:4万7880円/256GB:5万400円/512GB:5万9760円

 ソフトバンクオンラインショップにおけるPixel 8 Proの価格は、一括価格、実質負担額ともに、ガイドライン改正前と改正後で変わっていない。2月25日時点で、Pixel 8 Proは1年での買い換えでお得になる「新トクするサポート(バリュー)」の対象モデルになっており、1年間でお得に運用できる。

Google StoreのPixel 8 Pro

  • 一括価格……128GB:15万9900円で据え置き/256GB:16万9900円で据え置き/512GB:18万9900円で据え置き
  • 実質負担額(改正前)……128GB:3万9800円/256GB:4万9800円/512GB:6万9800円
  • 実質負担額(改正後)……128GB:3万9800円/256GB:4万9800円/512GB:6万9800円

 Google StoreのPixel 8 Proの価格も、一括価格、実質負担額ともに、ガイドライン改正前と改正後で変わっていない。2月8日から3月31日までの新生活キャンペーンにより、一括価格、実質負担額とも3キャリアより安くなっている。ストア クレジットが5万円分付与されるが、これは次回購入時に使えるもの。また、下取り額も対象スマホによって変わる。

最安値はGoogle、3キャリアではau

 Pixel 8 ProはPixel 8とは異なり、各キャリアともガイドライン改正前と改正後で価格の変動は小さい。一括価格は3キャリアとも据え置き。実質負担額でドコモが2万円程度、auが512GBを1000円程度値上げしている程度だ。Pixel 8が実質12円(ソフトバンク)、1万円未満(au、ソフトバンク)という低価格に設定されてきたことと大きく異なる。

 高額ながらも高性能、機能充実のPixel 8 Proなので、長く使うことを考えると、Googleで購入して手元に持ち続けるのがお得になりそうだ。Googleの新生活キャンペーンも、ストア クレジット5万円分はかなり魅力的だ。

 端末を2年で返却してもいいなら、どの容量もauが最安値だが、1年返却ならソフトバンクがお得だ。ドコモの実質負担額は他2キャリアと比べると高額となっている。

Pixel 8 Pro Pixel 8 Proの一括価格
Pixel 8 Pro Pixel 8 Proの実質負担額

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年