Mobile Weekly Top10:
「504i」では“パケ死”復活!?

第3世代携帯電話を買わなくても,この春の新端末は軒並み通信速度が向上している。併せて,各種コンテンツも非常にリッチになる。そこで怖いのがパケット代。いつもと同じように使っていると……。

【国内記事】 2002年4月18日更新

Weekly Mobile Top10 4月11日〜4月17日
1位 みんなそろそろ“504i”が気になってきた
2位 写真で見るバイオU
3位 Webアクセスの半数はJPEG対応機──iモード画像もGIFからJPEGへ
4位 噂の電子コンパス付きGPSケータイで洋食屋にたどり着けるか?──C3003Pを試す
5位 Mobile Panic 第9回:次世代携帯普及に対するドコモの戦略的矛盾
6位 NEC,「N504i」を新聞広告?
7位 ドコモ,ルータ一体型のFOMA端末を発売
8位 176×220からQVGAへ。高解像度化進む携帯液晶
9位 Mobile Weekly Top10:J-フォンがKDDIを逆転したものの……
10位 “個人ユーザー”に目を向け始めたFOMA

 もうじき,NTTドコモが「504i」シリーズを発売する。これで,各キャリア共にパケット通信を高速化した端末が出そろうことになる。

キャリアシリーズダウンロード速度
ドコモ504i28.8Kbps
J-フォンJ-5128.8Kbps
KDDIA5000144Kbps
KDDIA100014.4Kbps
ツーカー最新機種28.8Kbps

 単純に考えれば,「速度が速くなって,コンテンツのダウンロードも楽々。Webページの閲覧もストレスなし」となるわけだが,ことはそう簡単ではない。

 利用できるコンテンツサイズも,飛躍的に大きくなるからだ。

パケット代が1万円?

 筆者は,仕事上複数の端末を常に所有している。通話でもメールでも,“必ず使う端末”というものがあるわけではなく,さまざまなキャリアのさまざまな端末を日常的に利用している。

 そんな中,3月分の携帯請求書を見て驚いた。J-フォンのパケット対応端末「J-SH51」の明細を見ると,パケット代金が8000円,コンテンツ利用料金が4500円もかかっていたのだ。

 もちろん,3月1日に発売された新端末だけに,“たっぷり使った”ことは確かだ(3月4日の記事参照)。しかし,ここまでパケット料金がかさむと,背筋が寒くなってくる。まったく,女子高生でもあるまいに……。

 しかし,ふとKDDIのカメラ付きGPSケータイを取り出し(4月17日の記事参照),「前日までの料金案内」を表示してみると,なんとこちらもパケット料金が9000円を超えている。利用期間20日程度で9000円とは仰天してしまった。

 各キャリアとも,ダウンロード速度の向上に伴い,コンテンツサイズも拡大している。例えばJavaコンテンツのサイズを見てみると,J-フォンでは50Kバイトだったものが100Kバイトに(2001年12月の記事参照)。ドコモの504iでは,10Kバイト+10Kバイトだったものが,30Kバイト+100Kバイトになる(4月8日の記事参照)。ダウンロードはあっという間だが,料金のほうは特に割り引かれるわけではない。

 “100Kバイトのコンテンツ”というのは,実に通信料が240円もかかるのだ。

 着メロにしてもそうだ。新シリーズでは,各社32和音や40和音の着メロに対応しているが,美しいサウンドデータほどサイズも大きい(3月6日の記事参照)。よくよくサイズをチェックしてみると,これまで5Kバイト程度だった着メロファイルが,10Kバイトを超えるまで大きくなっている。

 「写メール」こと,写真付きメールもパケット代を押し上げる。J-フォンのムービー写メールは,送信1通につき34円かかる(2月6日の記事参照)。KDDIのカメラ付きGPSケータイでは,VGAサイズの写真をメールに添付して送信できるが,ものによっては1通につき80円以上通信料がかかってしまう(ちなみに,ezwebmultiコースの時間帯割引,サイズ割引はメールには適用されない,2001年11月の記事参照)。

リッチコンテンツは知らぬ間にやってきている?

 リッチコンテンツの代表格ともいえる「動画」になると,さすがに「パケット代が高い」という認識がある。そうそうダウンロードはしないし,したとしても「これで100円くらいはかかったな」と心の中で思っている。

 しかし,これまで日常的に利用してきたサービス──例えばメールなどがリッチになってくると,あまり通信費を意識しないで使ってしまう。

 一時期,携帯のメールやWebサイトの閲覧にハマりすぎて数万円の料金を請求されることを“パケ死”と呼ぶことがあった。さすがに最近では“データ量課金”という概念の理解が進んだのか,あまり聞くことはなくなったが,通信速度が高速化し,コンテンツがリッチになってきた最新の携帯電話では“パケ死”しないように気をつける必要があるかもしれない。

 先週のアクセスランキングで,またしてもトップを飾ってしまった「504i」でも,くれぐれもパケット代を使いすぎないように気をつけてほしい。「N504i」のように液晶が高解像度になると,単なる壁紙でも従来の2倍のパケット代がかかることをお忘れなく。

[斎藤健二,ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!