Mobile:NEWS 2003年6月19日 00:21 AM 更新

Mobile Weekly Top10
そろそろFOMA?──FOMAの歴史

夏から秋に向けて、FOMAがかなり魅力的なラインアップで登場しそうだ。今ひとつ分かりにくいFOMAの型番と歴史を、当初から振り返ってまとめておこう。

Mobile Weekly Top10 6月12日〜6月18日
1位 「505i」はFOMAへの架け橋
2位 NTTドコモ、TV電話機能を標準搭載したFOMA端末3機種を発表
3位 「撮った後」までを考えた多彩な機能〜「J-SH53」のカメラを試す
4位 特集:ドコモの「505i」
5位 「505i」のデータをPCで作る
6位 "本気のFOMA"にQRコードリーダを標準搭載〜ドコモ夏野氏
7位 ここまで来た、TV電話FOMA
8位 6月20日に「A5303HII」発売、「A5402S」は27日発売に
9位 「Nokia 6650」世界に先駆けてお目見え〜ノキア直営店で販売
10位 Mobile Weekly Top10:「SO505i」を使ってみた

 FOMAが次第に盛り上がってきている。筆者の周りでも、多くのユーザーが「FOMA P2102V」を購入した。そろそろ、“使える携帯”になってきたFOMAについて、これまでの流れと現状のラインアップを整理しておきたい。

 第1世代のFOMAが登場したのは、2001年10月だ(2001年9月の記事参照)。当初の端末「N2001」「P2101V」は、いずれも連続待受時間が50時間と短く、“FOMAは電池が持たない”と言われるきっかけとなった(2002年2月の記事参照)。

 続いて登場したのが、「iモーション」に対応した“青いFOMA”「N2002」だ(2001年10月の記事参照)。TV電話以外に、動画というFOMAならではのサービスがここで始まった。

 それから1年後、2002年9月には連続待受時間を125時間まで伸ばした「T2101V」が登場(2002年9月の記事参照)。続いて、2002年末から2003年頭にかけて、連続待ち受け時間が180時間程度まで向上した3モデルが登場した(2002年12月の記事参照)。一般に、「第2世代FOMA」と呼ばれる「N2051」「F2051」「P2102V」である。

 2051シリーズの“51”は、当時大ヒットしたドコモのカメラ付き端末「251iシリーズ」から取ったネーミングだという。また、「P2102V」は液晶が回転する斬新な形状で大ヒット。現在50万契約を抱えるFOMAのうち、10数万台は「P2102V」だという。この3台は、未だに現役だ。各端末のレビューはこちらをどうぞ。

 そして、2003年6月に発表された第3世代と呼べるであろう新端末はTV電話機能を標準搭載した(6月16日の記事参照)。2051シリーズの後継ではあるが、型番は2102Vに統一された。要するに、最新FOMAといえば「2102V」シリーズである。

  • N2102V……109グラム。99cc
  • F2102V……USBで接続してOutlookとシンクロ可

 「2102V」シリーズの特徴は、(1)TV電話対応(2)iモーションメール対応 といったところ。ただしiモーションメールは、「N2002」「T2101V」「SH2101V」などからフォーマットが変わっている。しかも新コーデックが追加されたため「N2051」「F2051」「P2102V」とは互換性がない場合もある。

 軽量かつ、連続待受時間は200時間を超えた。FOMAのエリアが順調に広がっていることとも合わせて、購入候補として挙げられる端末だ。

 今後のFOMAの動向は、ドコモが開発支援するメーカーとして名前が挙がっているシャープと三菱電機が2003年度中にFOMAを投入する予定(4月23日の記事参照)。また、秋に登場といわれる新型FOMAは、iモード事業部の夏野剛氏が「ミリオンセラーが出るようなFOMAを計画している」と言うように(6月10日の記事参照)、かなり力の入ったものになるようだ。一説にはカメラは200万画素とも言われている。

変わりダネFOMA

 FOMAには、変わった端末も多い。筆頭に挙げられるのは、PDA一体型の「SH2101V」だ。ザウルスOSをカスタマイズしたOSを持ち、PIM機能は抜群。超小型の通話ユニットは、本体とBluetoothで接続される。残念なのは10万円を超えるお値段か(2002年8月の記事参照)。


 もう1つは、PDC(普通のiモード)とのデュアル端末「N2701」だ。FOMAのエリア内では普通のFOMAだが、FOMAエリア外ではPDCとして利用できる(5月27日の記事参照)。サイズも極端に大きいわけではなく、「FOMAは欲しいけど、エリアが……」という人にはお勧めだ。




関連記事
▼ FOMA本サービスの料金体系が発表
FOMA本サービスでは3種類の「パケットパック」が用意される。通信料もプランによって1パケット0.2円から0.02円まで変動する。

▼ FOMAはどうして電池が持たないか?
サービスエリアは拡大し、端末の価格もこなれてきたものの、“待ち受け55時間”というバッテリー駆動時間の短さは相変わらずFOMAのウィークポイント。しかし、FOMAのチップセットには消費電力に関しても「工夫する余地がかなりある」と東芝の担当者は語る。

▼ 「iモーション」の概要が明らかに──“青いFOMA”
年内にサービス開始を予定しているFOMAの動画クリッピングサービス「iモーション」の概要が明らかになった。最大100KバイトのASFファイルを使い、30秒の動画、100秒程度の音楽再生が可能になる。

▼ ドコモ、バッテリー強化、動画メール送信対応のFOMA〜3機種発表
NTTドコモは続待受時間が約170−180時間と向上、動画のメール送信に対応したFOMA端末3機種を発売する。12月中旬以降順次投入予定

▼ FOMA/PDCデュアル「N2701」の期待と課題
FOMAのエリアが広がった……といっても、不安を持つユーザーは多いだろう。初のFOMA/PDCデュアル端末「N2701」は、“いざという時”にPDCでの利用を可能にしてくれる

▼ FOMA、TV電話標準搭載で普及目指す
6月15日付で50万契約を達成したFOMAのうち、6割がTV電話機能付き端末。アクティブにTV電話を使うユーザーは、月額2000円をTV電話代に費やしている。ドコモはTV電話を標準搭載することでFOMAの更なる普及を狙う。

▼ ここまで来た、TV電話FOMA
すべてTV電話に対応した新FOMA3機種は、連続待受時間が伸びただけでなく、大きさ・重さの面でもかなりPDCに近づいた

▼ 2003年度中にシャープと三菱電機のFOMAが登場
NTTドコモは、端末開発にかかる費用を半額負担するかわりにノウハウを共有する端末開発投資の対象に、シャープを追加した。シャープ、三菱電機を含む5社の10機種が支援による開発端末となる

▼ "本気のFOMA"にQRコードリーダを標準搭載〜ドコモ夏野氏
自称「業界一のぶっちゃけ男」の夏野氏が、今年度後半に発売するFOMAについて言及した。QRコードリーダを標準搭載するといい、"リアル"との連携を推進したい考えだ。

▼ 「505iと同じくらいヒットするFOMAを投入」〜ドコモ夏野氏
これまで505iの開発に携わっていたiモード事業部が、FOMAの商品主幹も務める。今年度後半に発売するFOMAでは、「ミリオンセラーが出るようなFOMAを計画している」という

[斎藤健二, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!