ITmedia NEWS >
速報
» 2004年01月13日 20時59分 UPDATE

カラオケの歌詞をギャル文字で DAM

 通信カラオケ「DAM」で、女子中高生が携帯電話メールで使っている「へた文字」(ギャル文字)による歌詞表示が試験的に始まった。

[ITmedia]

 通信カラオケ「DAM」を展開する第一興商はこのほど、女子中高生が携帯電話メールで使っている「へた文字」(ギャル文字)による歌詞表示を試験的に始めた。

photo へた文字を使った暗号、もとい歌詞表示の例

 へた文字は、かな文字などを分解して別の記号などで表現したもの。1月末までに「モーニング娘。」の楽曲を中心に30曲程度を配信する。

 「みんな知っているはずの曲を若い女の子は歌えるのにおじさんは歌えない、しかし、慣れるとしだいに歌えてくるなど、世代間ギャップからそこから広がるコミュニケーションを演出できる」と同社。試験配信のリクエスト頻度などをみて今後の展開を検討する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.