ITmedia NEWS >
ニュース
» 2004年02月18日 16時58分 公開

マーズ・ローバを追い風にしたシュワルツ氏、日本でも高いJava Desktop Systemへの関心

昨年開催のSunNetwork 2003でひと足先に発表されていた「Sun Java System」。そのプロダクトの1つJava Desktop Systemが、シュワルツ氏の基調講演でどのように紹介されるかが見物となった。

[ITmedia]

 Sun 3daysの2日目になる18日、東京・ホテルニューオータニでサン・マイクロシステムズ主催のカンファレンス「Java Technology Conference 2004」が開幕した(Sun 3daysレポート)。本カンファレンスは、Javaデベロッパーに向けたセッションを多数揃え、19日(木)まで行われる。

 18日の基調講演には、国内初登壇となる米Sun Microsystems、ジョナサン・シュワルツ執行副社長が迎えられた。同氏は先ず国内のJavaデベロッパーを歓迎し、「これだけの来場者を迎えられたことはコミュニティがグローバルになった証だと感じている。日本はとても重要な存在だ」と語った。さらに、Javaの方向性として今後もビジネスチャンスを増やすべく、サンのイノベーションは止まらず革新し続けるのだと明言した。→詳細記事

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.