ITmedia NEWS >
速報
» 2004年03月08日 18時29分 公開

声を入力すると発声時の顔の動きをCGアニメ化 セガが新技術

[ITmedia]

 セガは3月8日、音声を入力すると、声にあわせた口や顔の動きをCGアニメーションで再現できる技術「Magical VEngine」を開発したと発表した。ゲームソフトの開発効率化などに利用する。

 音声の母音に加え、従来技術では不可能だった子音も解析。実際の発話に近い表情を再現できるという。音声に含まれる「怒り」や「悲しみ」「喜び」「驚き」の感情も解析して表情に出せる。

 従来は、対象者の音声をあらかじめ学習させる必要があったが、同技術では不要で、不特定多数の話者の声を解析可能だという。解析方法も改善して処理を高速化し、リアルタイム解析が可能になった。解析精度も高め、従来よりも少ない回数の入力で正確な結果が得られるという。

 同社は、同技術をゲームなどの開発に使うほか、同技術を利用した双方向のエンターテインメント事業の展開も予定している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.