ITmedia NEWS >
速報
» 2004年03月19日 20時49分 公開

無料のまま正式スタートするガマニア「巨商伝」

基本料金はベータテストと同様に無料のまま。ゲーム内で使用できるアイテムをWeb販売することで売り上げを得るユニークな仕組みを採用した。

[ITmedia]

 ガマニアデジタルエンターテインメントは3月19日、MMOSRPG「巨商伝」の正式サービスを3月29日に開始すると発表した。基本料金はベータテスト時と同様に無料のままとし、ゲーム内で使用できるアイテムをWeb販売することで売り上げを得るユニークな仕組みを採用した。

photo プレイヤーが選択できる商人キャラ

 巨商伝は16世紀末の日本を含む東アジアが舞台。プレイヤーは商人に扮し、戦闘に加え貿易や投資を繰り返して大商人「巨商」を目指すシミュレーションRPGだ。

 ベータテストは2003年4月下旬にスタート。当初、正式サービス移行時から基本料金を課金する方向で検討していたが(関連記事を参照)、最終的にベータテストと同様に基本料金は無料とした。

photo 「アイテムモール」の画面

 収益は「アイテムモール」での売り上げで得る。アイテムモールではゲーム中では普通には入手できないものなどを販売。通販サイト感覚でアイテムをカートに入れて購入、アイテムはゲーム内で受け取る仕組み。「基本課金を無料にしてアイテムモールによる課金システムを導入することで、新しいオンラインゲームの遊び方を提供したい」(同社)。

photo 購入したアイテムはゲーム世界の「酒場」で受け取る Copyright(C)2003 GAMANIA DIGITAL ENTERTAINMENT CO., LTD. All Rights Reserved.

 MMORPGを始めとする国内のオンラインゲームでは、月額制の基本料金を課金するケースが主流。だが韓国などでは基本料金を無料として大勢のユーザーを集め、別の仕掛けで収益を上げるモデルが確立されている。日本でも巨商伝やネクソンジャパンの「メイプルストーリー」が基本料金無料を打ち出したことで、同様のモデルが広がる兆しが出てきた。

 巨商伝では正式サービス時に伴い、ユーザーインタフェースやマップ拡張、グラフィックス変更といった大幅なアップデートを計画している。対応環境はWindows 98/Me/2000/XPとDirectX 8.1a以上など。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.