ITmedia NEWS >
速報
» 2004年03月23日 16時13分 公開

IBM独自ツールでPC移行作業を4割削減

[ITmedia]

 日本アイ・ビー・エム(IBM)は3月22日、ダイセル化学がIBM独自のツールを使うことでPCデータ移行作業を約4割削減できた、と発表した。

 ダイセルは同社PCの約3分の1弱に当たる約740台をWindows 98環境からWindows XP環境(ThinkPadとThinkCentre)に移行した。新旧PCのデータ移行にIBMの無料ツール「システム・マイグレーション・アシスタント」を利用し、昨年末に移行を完了した。ツールを使わない場合に比べ作業時間を約4割削減でき、日本IBMは1台当たり約6400円のコスト削減効果があったと試算している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.