ITmedia NEWS >
速報
» 2004年03月30日 20時16分 公開

デジタル家電向けプログラマー講座、日立ADなどが開講

[ITmedia]

 日立アドバンストデジタルとトランスコスモスは、デジタル家電の組込み系システム開発者を養成する講座「デジタル家電プログラマ講座」を5月から開講する。

 C言語やリアルタイムOS(μITRON)、アルゴリズムについての講義や、シミュレーターによる実習などを行う講座。デジタル家電や携帯電話、カーナビゲーションシステムなどの動作を制御する組み込み系システムの開発者を養成する。

 日立アドバンストデジタルは、開発環境をPC上で再現するシミュレーターや教材を提供するほか、現役技術者による講演も行う。カリキュラムを作成し、講義するのはトランスコスモスのITスクール子会社・アクセルキャリア。

 C言語の初歩から学ぶ初級者コース(全72時間、50万円から)と、C言語の基礎を習得している人向けの中級者コース(全24時間、30万円から)の2コース。1講座あたりの定員は約20人。年齢や職業、経験の有無にかかわらす誰でも受講できる。

 多機能化が進むデジタル家電ではソフトウェアの重要性が高まっているが、汎用/オープン系アプリケーションの開発よりも厳しい制約があり、開発者が不足しているのが現状。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.