ITmedia NEWS >
速報
» 2004年05月18日 17時34分 UPDATE

サミーとセガが経営統合へ

両社の連結売上高合計(2004年3月期ベース)は約4400億円とゲームソフト業界最大手となる。

[ITmedia]

 サミーとセガは5月18日、持株会社方式で10月に経営統合すると発表した。両社の売上高合計(2004年3月期ベース)は約4400億円とゲームソフト業界最大手となる。

 10月1日付けで「セガサミーホールディングス」を設立。両社は事業会社として持株会社の傘下に入る。サミー株1株に対し持株会社株1株を、セガ株1株に対し同0.28株を割り当てる。会長兼社長には、サミーの里見治社長(セガ会長も兼任)が就任する。

 サミーはパチンコ・パチスロ事業、セガはアミューズメント機器販売・施設事業の占める割合が大きくなっており、事業競合などはないため統合で相互補完が可能だとしている。

 中期的には、セガの技術力をサミーのパチンコ・パチスロ事業に導入するほか、サミーのパチンコ・パチスロコンテンツを有効活用することでコンシューマー部門で収益を拡大する計画などを重点に置く。

 サミーは昨年12月、CSKからセガ株式の22.4%を買収、筆頭株主になっていた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.