ITmedia NEWS >
速報
» 2004年05月20日 08時50分 UPDATE

BEA、オープンソースの「Beehive」プロジェクト発表

米BEA Systemsは、Javaの採用促進を目指すオープンソースプロジェクト「Beehive」を発表。開発環境ではなくオープンソースのランタイム環境を提供するという点で、EclipseのようなIDEを補完する設計になる。

[ITmedia]

 Javaサーバソフト会社の米BEA Systemsは5月19日、Javaの採用促進を目指すオープンソースプロジェクト「Beehive」を発表した。サービス指向アーキテクチャ(SOA)およびJavaベースの企業向けアプリ開発に向けた業界初のオープンソース基盤になるとしている。

 BeehiveはJava開発を簡素化して採用拡大を目指す取り組みの一環で、同社のアプリケーションフレームワーク「BEA WebLogic Workshop」が基盤となる。BeehiveのサポートやBEA WebLogic Workshop ControlsおよびExtensibility Programへの参加を通じ、コンポーネント/ツール/プラットフォームベンダー50社以上の支持を取り付けたとしている。

 BEAによると、Beehiveは開発環境ではなくオープンソースのアプリケーションフレームワーク(ランタイム環境)を提供するという点で、商用およびオープンソースのEclipseのようなIDEを補完する設計になる。アプリケーションフレームワークのオープンソース化によって、デベロッパーや顧客は自分が選んだツールを使ったアプリケーション開発とサーバへの導入が可能になり、IT環境がベンダーに縛られるリスクを冒さずに済むと説明している。

 Beehiveは今夏、オープンソースライセンスの下で無償提供を開始する見込み。WebLogic Workshop IDEも引き続きデベロッパー向けに無償で提供するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.