ITmedia NEWS >
速報
» 2004年06月02日 15時37分 公開

ジャパンネット銀行、ATMの入金手数料を一部有料化

[ITmedia]

 ジャパンネット銀行は、ATMに5万円未満入金した時の手数料を、8月2日から有料化する。

 同社は自前のATMを持たず、提携先のATM網を利用してサービスを提供している。入金手数料はこれまで金額に関わらず無料だったが「ユーザーがATMを利用する度に、提携先への利用手数料が発生するため」(同社)有料化を決めた。

 8月2日からは、5万円未満の入金時、郵貯のATMなら1回262円(時間外なら367円)、それ以外のATMなら1回157円徴収される。5万円以上の入金は無料。郵貯以外のATMなら、月1回に限り5万円未満でも無料で入金できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.