ITmedia NEWS >
速報
» 2004年06月09日 08時10分 公開

Intel、デジタルホーム用ソフト開発で中国企業と提携

[ITmedia]

 米Intelと中国のオンラインゲーム提供企業Shanda Networkingは6月8日、デジタルホーム用のソフト開発で協業する覚書を交わしたと発表した。中国で急成長中のオンライン業界をターゲットに、次世代の双方向エンターテインメントソリューション開発に当たるとしている。

 契約に基づき、Intelのチップアーキテクチャを基盤としたPC、TVセットトップボックス、携帯電話といった各種機器向けに、オンライン双方向エンターテイメントソフトの開発に当たる。

 さらに、デジタルホーム・ゲーム用のテストセンターを設置し、オンラインエンターテインメントビジネス向けのクライアント、コンテンツ、インフラを構築。また、IntelのItanium、Xeonプラットフォームおよびツールといったサーバ技術を使って、Shandaのデータセンターインフラのコスト削減を図る。

 Intelの発表資料で紹介されたIDCの統計によると、2008年までに中国のゲーマーは5400万人、ネットユーザーは1億8700万人に達する見通しだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.