ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2004年07月30日 09時18分 公開

MS、廉価版Windows XPの提供国拡大を計画

廉価版の「Windows XP Starter Edition」はまだ試験プロジェクトの段階だが、既に提供予定のタイ、マレーシア、インドネシア以外の国々にも提供を拡大していく計画だという。(IDG)

[IDG Japan]
IDG

 米Microsoftは、廉価版の「Windows XP Starter Edition」を提供する国の数を拡大する計画だ。新興市場でLinux普及をくじき、ソフト海賊行為に対して攻撃を加える狙いがある。同社幹部が7月29日、明らかにした。

 MicrosoftのWindowsクライアントビジネス担当上級副社長のウィル・プール氏は、アナリスト向けの会社説明会で、Windows XP Starter Editionは、使用・サポート・販売が簡単になるよう、特定の市場向けに設計したバージョンだとプレゼンした。

 Starter Edition提供に向け、既にタイ、マレーシア、インドネシアの政府と協力態勢を築いた。Starter Editionは「新興市場のニーズに見合う安価な価格だ」とプール氏。まだ試験プロジェクトの段階だが、これ以外の国でもStarter Editionの提供を計画しているという。

 Starter Editionに関する詳細はほとんど明かされていないが、Windowsの機能をそぎ落とすのではなく、ローカル言語に合わせたバージョンになっているという。

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.