ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2004年08月07日 10時12分 公開

Seagate、元従業員のWestern Digital移籍を阻止

[IDG Japan]
IDG

 HDDメーカーの米Seagate Technologyは、元従業員のピート・ゴグリア氏がWestern Digitalへ移籍するのを阻止する構えだ。ライバル企業で働くには、ゴグリア氏がSeagateの読み込み・書き込み技術についてあまりに知りすぎているとし、裁判所に差し止め命令を求めている。

 ゴグリア氏はSeagateに17年勤め、最近まで、レコーディングヘッド事業部のエグゼクティブディレクターを務めていた。同氏は7月30日に退職、8月9日からWestern Digitalで働く予定だったという。

 Seagateは8月6日、ミネソタ州裁判所に差し止めを請求。2年間はゴグリア氏をWestern Digitalの読み込み・書き込み技術の部署で働かせないよう求めているという。

 Western Digitalは、コメントを避けている。

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.