ITmedia NEWS >
速報
» 2004年08月17日 19時13分 公開

RFIDを活用した書類管理システム、名古屋銀が導入へ

[ITmedia]

 NECと日興通信は、RFIDを活用することで、大量の書類を効率的に管理できる「書類収納管理システム」を開発し、来年4月から名古屋銀行に導入すると発表した。両社によると、RFIDを利用した書類管理システムは業界初。

 書類を収納したケースにRFIDタグを装着。書棚に取り付けたRFIDタグ読み取りアンテナで書類の所在確認や入出庫管理を行う。

 名古屋銀行が導入予定の「債権書類管理システム」と同システムを連携させることで、債権書類の管理を省力化する。書類の種類別・営業店別などの棚割りも不要になり、省スペース化にもつながるとしている。

 一斉棚卸による在庫確認も不要になり、書類10万件あたり年間約600万円のコスト削減が可能だという。

 入室管理システムや利用者認証システムなどと連携すれば、情報漏えいも防げるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.