ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2004年09月03日 07時28分 公開

世界の携帯電話販売、35%増加

4〜6月期の世界携帯電話販売台数は1億5640万台となり、前年同期比で35%増加した。西洋と北米でカメラ内蔵のカラーモデルへの買い替え需要が牽引。年間を通じた販売台数は約6億2000万台に達すると予測されている。

[ITmedia]

 調査会社Gartnerが9月2日発表した統計によると、4〜6月期の世界携帯電話販売台数は1億5640万台となり、前年同期比で35%増加した。

 首位のNokiaはシェア29.7%と、前年同期の35.6%よりも低下したが、前期の28.9%からは回復している。2位のMotorolaはシェア15.8%、3位のSamsungは12.1%。

 地域別では西洋と北米でカメラ内蔵のカラーモデルへの買い替え需要が牽引。南米でも堅調な売れ行きを示している。一方、アジア太平洋地域では季節的要因から、1〜3月期に比べてやや減少した。

 Gartnerでは年間を通じた販売台数は約6億2000万台に達すると予測。現在の勢いが続けば6億5000万台に達する可能性もあるが、そうなれば在庫過剰につながり、来年上半期の売れ行きに影響が出る恐れもあると指摘している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.