ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2004年09月09日 18時06分 公開

RealNetworksの半額キャンペーンが終了、300万曲以上を販売

3週間の半額キャンペーン中に販売された楽曲は300万曲以上。キャンペーン終了後も、上位10曲は49セントで販売される。

[ITmedia]

 米RealNetworksは9月9日、Harmony技術を祝して行った3週間の半額キャンペーンで、300万曲以上を販売したことを明らかにした。今後も特に人気の高い楽曲の一部について、1曲49セントでのダウンロード販売を続ける方針という。

 同社CEOのロブ・グレイザー氏は、「選択肢を望む音楽ファンは、RealNetworksに目を向けている。当社は、購入した音楽をどの人気の携帯プレーヤーでも楽しめる唯一の場所だ」と発表文で述べている。

 また同社はエンターテインメントサイトRollingStone.comと共同で編集する週替わりのトップ10リスト「Rolling Stone Top 10」を発表した。このリストに掲載された楽曲は49セントで販売される。

 同社は発表文の中で、調査会社Global Market Insiteに委託した全米規模の消費者調査を引き合いに出し、互換性を重視する同社の方針が裏付けられたとしている。この調査によると、携帯音楽プレーヤーの所有者の96%以上が「購入した楽曲はどのプレーヤーでも再生できるようにするべき」と答え、66%以上が「広範な互換性を提供するオンライン音楽サービスでしか買わない」と答えた。最も広範な互換性を提供する音楽サービスはどこかという質問では、RealPlayer Music StoreがAppleのiTunesを押さえてトップだったという。

 次のステップとして、同社はHarmony技術を年内にRhapsodyサービスに統合するとしている。これによりRhapsodyの会員は、同サービスで提供される楽曲を各種の携帯プレーヤーに転送できるようになる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.