ITmedia NEWS >
速報
» 2004年11月16日 19時02分 UPDATE

夫婦コミュニケーション“三種の神器”は「クルマ」「TV」「ケータイ」

マクロミルの調査によると、夫婦のコミュニケーションを円滑にするツールとして欠かせないのは「クルマ」「TV」「ケータイ」のようだ。

[ITmedia]

 マクロミルは、11月22日の「いい夫婦の日」にちなんで、夫婦に関する調査を行い、その結果を発表した。調査は、20歳以上の既婚者を対象に、11月9日〜10日に実施、有効回答数は1030。

 これによると、夫婦コミュニケーションを円滑にするために一緒にしていること(複数回答)は、「クルマで買い物」(67%)、「ご飯を食べる」(66%)、「誕生日などのイベントや記念日を祝う」(59%)、「同じ部屋で寝る」(58%)、「外食する」(56%)「家族旅行」「TVを見る」(ともに49%)、「携帯電話で会話やメール」(42%)が上位に挙がった。ちなみに「パソコンをする」は19.0%。

 この中でコミュニケーションの道具として役立っているのは「クルマ」「TV」「ケータイ」の3つだ。夫婦でTVを見ると回答した人の1日の試聴平均時間は1時間49分で、見ている間の会話の頻度は「常に会話している」(32%)と「たまに会話する」(62%)。「一緒にしていること」で、「自宅で映画やビデオ鑑賞する」という回答も38.2%おり、TVが夫婦のコミュニケーションに役立っている様子がうかがえる。

 また、携帯電話を使用していると回答した人に1日の通話時間を質問したところ、1日1回以上会話やメールでやりとりする人は81%と高く、話す内容は「これから帰る」や「買い物あるか」といった日常会話が中心のようだ。年代が若いほどよく利用しており、「1日に数回やりとりをする」のも20代では58.2%と半数以上に上る。

 なお、自分の家庭が夫婦円満かという質問には83%が「そう思う」と回答しており、若い年代ほど割合が高く、20代は91%、30代82%、40代81%、50代以上は78%という結果に。家族の絆は強いかという質問にも81%が「そう思う」と回答している。

 回答者が挙げた理想の著名人夫婦は、1位「三浦友和・山口百恵」(30%)、2位「桑田佳祐・原由子」(25%)、3位「唐沢利明・山口智子」(23%)。控えめな妻が夫を支えている印象を持つカップルの好感度が高いようだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.