ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2004年11月30日 08時22分 UPDATE

MSとSun、Web放送で協力関係の進展報告へ

MSとSunが和解したことによる互換性解消のための進展が、Web放送によって明らかになる。(IDG)

[IDG Japan]
IDG

 今年に入って電撃的な和解を発表した米MicrosoftとSun Microsystemsが、Webサービス、ディレクトリサービス、セキュリティといった分野の互換問題について、進捗状況を発表する予定だ。

 Sunの世界製品マーケティングディレクター、エマニュエル・オベディア氏によれば、Microsoftが互換性をテーマに1カ月にわたって主催するWeb放送シリーズの一貫として、12月か1月に両社上層部による記者会見と、それに続くWeb放送を行う。

 両社は8カ月前に法的対立の終結を宣言して協定を結んだ。その成果を発表するのは今回が初めてとなる。

 オベディア氏がロンドンでのインタビューで語ったところでは、.NETとJavaの互換性、Webサービス、ディレクトリサービスの統合が中心テーマになる予定。Sunの顧客は「コラボレーションとコミュニケーションに関してMicrosoftスタックとのインテグレーション強化」が期待できると同氏は話している。

 Microsoftからは今後、互換性に関するWeb放送シリーズの具体的な日程について発表がある予定。Microsoftサイトに掲載された事前登録ページによれば、日程は12月半ばに発表される。

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.