ITmedia NEWS >
速報
» 2004年12月02日 15時47分 公開

国内IT投資規模は11兆円、安定成長へ

IDC Japanによれば、2004年の国内IT投資額は前年比1.4%の成長率で11兆1747億円になるだろうという。また同市場は2007年以降、安定して増加する安定成長期に入ると予測している。

[ITmedia]

 IDC Japanは12月1日、各産業分野における企業規模別の国内IT投資動向と2004〜2008年の予測を発表した。

 これによると、2003年の国内IT投資実績値は11兆225億円だった。2004年のIT投資に関しては、前年比1.4%の成長率で、11兆1747億円になると予測されている。

 全体の動向としては、2004〜2007年までIT投資が順次増加していく過度期として捉え、2007年以降は安定して増加する安定成長期に入ると、同社は分析。2003〜2008年の5年間の年間平均成長率は2.1%で、この結果2008年のIT投資は12兆2450億円に達するだろうという。

 また、企業規模別で見ると、2004年の従業員規模別IT投資シェアは、1〜99人(小規模企業)が10.4%、100〜499人(中規模企業)が13.1%、500〜999人(中大規模企業)が6.7%、1000人以上(大規模企業)が48.3%、営利企業以外(官公庁、教育機関、消費者)が21.5%になると予測されている。

 同社リサーチマネージャーの塚本卓郎氏は、「2004年上半期は、まだ現行システムの維持、更新のためのIT投資が回復している時期だと考えられるが、新規業務システムの導入もすぐに増加してくる。特に景気回復とハードウェア価格が低下したことで、中小規模企業の業務IT化が活発になってくるだろう」と分析している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.