ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2004年12月03日 09時15分 公開

Infineon幹部4人、DRAM価格操作の罪認める

独InfineonがDRAMの価格操作疑惑を認めた。

[IDG Japan]
IDG

 ドイツのメモリメーカーInfineon Technologiesおよび米国子会社の幹部4人が、PCメモリチップの価格操作疑惑に対して罪を認めたと、米司法省が12月2日発表した。

 同社の営業幹部は他者と共謀して、DRAM価格を人為的に操作したことを認めた。司法省のプレスリリースでは、共謀相手の名は公表していない。4人には禁固刑と多額の罰金が科せられる。

 4人のうち2人はミュンヘンのInfineon本社に勤務していた。営業/マーケティング/ロジスティックス担当副社長で、2001〜2002年にかけてマーケティング/ロジスティックス担当副社長を務めていたハインリヒ・フローリアン被告は6カ月の禁固刑と25万ドルの罰金。メモリ製品販売担当副社長のガンター・ヘフナー被告には禁固5年と罰金25万ドルが科せられる。

 残る2人は米カリフォルニア州サンノゼにあるInfineon North Americaに勤務していた。2001〜2002年にかけてマーケティング/営業担当副社長を務めていたピーター・シェーファー被告は共謀に加担した罪で4カ月の禁固に服する。1999〜2002年に顧客マーケティング/メモリ製品販売担当副社長だったT・ラッド・コーウィン被告も4カ月の禁固刑。両被告とも25万ドルの罰金を支払う。

 司法省は2002年以来、DRAM価格操作疑惑に関する調査を進めていた。今年に入ってInfineonは組織的な価格操作の罪を認め、1億6000万ドルの罰金支払いに同意している。

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.