ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2005年01月20日 17時59分 公開

OutlookとHotmailが密結合した「Microsoft Office Outlook Live」登場

米MicrosoftはOutlookとHotmailの機能を統合し、2Gバイトのディスクスペースを提供するサブスクリプション版Outlookの提供を開始した。

[ITmedia]

 米Microsoftは1月20日、Microsoft Office Outlook Liveをリリースした。Microsoft Office OutlookにMSN Hotmailの機能を加えたもので、米国、英国、カナダで提供される。

 Outlook LiveはOffice製品として初めてサブスクリプション方式で提供される。利用者はメール、アドレス帳、カレンダーなどすべての情報をどこからでもアクセス可能になる。利用者はMicrosoft Office Outlook 2003 for Subscription Servicesがダウンロード提供され、2Gバイトのオンラインストレージ、20Mバイトまでの添付ファイルが利用可能になり、メールにはスパムおよびウイルス防止機能が付属する。価格は年間59.95ドルだが、4月19日までは44.95ドルの割引価格で提供される。

 Outlook Liveでは、複数のメールアカウント、カレンダー、アドレス帳を管理することができるため、仕事用と個人用を分けて使うことが可能。打ち合わせスケジュールなどをHotmailやMSNユーザーと共有することもできる。

 Outlook Liveで行った変更は、オンライン接続時に自動的に同期化される。また、すべての情報はhttp://www.hotmail.comからアクセス可能だ。MS SmartScreen Technologyを利用したジャンクメールフィルターは改良されており、最大500件までのアドレスまたはドメインを自動ブロックすることができる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.