ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2005年02月10日 09時06分 公開

OracleからVisual Studio .NET対応の開発ツールβ版

OracleからMicrosoftのVisual Studio .NET対応の開発ツールβ版がリリースされた。Windowsプラットフォーム上で、OracleのDatabase 10g用のアプリケーションを開発・導入できる。

[ITmedia]

 米Oracleは2月9日、Microsoftの「Visual Studio .NET」のプラグインコンポーネントとなる開発ツール「Oracle Developer Tools」のβ版をリリースした。このツールでは、Visual Studio .NET 2003を利用しているデベロッパーがWindowsプラットフォーム上で、OracleのDatabase 10g用のアプリケーションを開発・導入できる。

 Oracleは昨年、MicrosoftのVisual Studio Industry Partner(VSIP)プログラムに加盟。今回のツールはOracle DatabaseとVisual Studio .NETの統合を深めるもので、10gを使っているWindowsデベロッパーの生産性向上につながると説明、双方の顧客およびOracle/Windows開発者コミュニティーのニーズに対応する姿勢を裏付けるものだとしている。

 Oracle Developer Toolsは同社サイトからダウンロードできる。製品版は4〜6月期中にリリース予定。Windowsに対応したOracle Database 10g Release 2も今年半ばをメドにリリースを予定している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.