ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2005年03月23日 08時56分 UPDATE

DVD人気は今後も衰えず――In-Stat予想

地上デジタルテレビなどの新しいデジタル配信サービスの台頭に伴い、DVD製品は今後も成長が予想される。

[ITmedia]

 ハイテク市場調査会社In-Statが3月22日発表した報告書によると、新しいデジタル配信サービスが台頭する中で、DVD製品は今後も世界で年率18.2%の成長が予想され、2004年の約330億ドル規模から、2009年までには最大で765億ドルに達する見通しだ。

 次世代DVD規格として北米ではHD DVDが台頭、米国の家庭で普及しつつあるHDTVを足がかりとして、年内にはHD DVDが登場すると、In-Statのアナリストは予想。

 これに対して北米以外では、大手家電メーカーに支持されているBlu-Rayディスクが支配的になり、2006年にはアジアで、2007年には欧州などで台頭が見込まれる。

 2009年までには家庭のテレビの55%近くが、CATV、衛星ネットワーク、地上デジタルテレビ、ブロードバンドテレビサービスといった非従来型のネットワーク配信システムに接続されるようになるとIn-Statでは予想している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.