ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2005年04月05日 08時54分 UPDATE

ブロードバンド人口、トップの米国に中国が迫る

英Point Topicによるブロードバンドの各国別普及状況に関する調査によれば、ブロードバンド人口のトップは米国、2位が中国で日本は3位。

[ITmedia]

 4月4日、英国の市場調査会社Point Topicはブロードバンドの各国別普及状況を発表した。この調査によれば、ブロードバンド人口のトップは依然として米国だが、2位の中国の伸びは急激で、いずれ追い越されるだろうと予想されている。日本は3位。

 2004年12月31日時点における全世界のブロードバンドは1億5050万回線となり、前年よりも5000万回線増えている。下半期の伸びだけで2650万回線で、伸張率は記録的に高まっている。

 米国のブロードバンド回線は3390万回線だが、2位の中国は下半期だけで660万回線を増やしており、1位の座をうかがっている。中国と3位の日本はFTTHの伸びが著しい。全世界ではDSLが全体の62%、ケーブルモデム、FTTHなどそれ以外のブロードバンド技術が残りの38%を占める。

 飽和状態を迎えている国もある。香港、台湾、カナダはともに2004年第4四半期の世界平均伸張率である21.3%の半分に満たない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.