ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2005年05月06日 09時08分 公開

Adobe、Macromediaの業績修正は「買収に影響せず」

Macromediaは1999〜2004会計年度の業績報告を下方修正するが、Adobeによる同社買収に影響はないという。(IDG)

[IDG Japan]
IDG

 Macromediaは1999〜2004会計年度の業績報告を修正する予定だ。従業員のサバティカル休暇経費610万ドル分を低く見積もっていたため。

 同社は海外の税金経費210万ドルを修正すると認めており、これは2002〜2004会計年度の業績に影響する。

 このニュースによって、AdobeがMacromediaを34億ドルの株式交換により買収するという件は影響を受けない。

 Associated Pressによれば、Adobeの最高財務責任者であるマレー・デモ氏はMacromediaの財務状況について理解していたと主張している。「買収プロセスの中で、通例の債券評価を行い、取引を進めるに従ってMacromediaの財務状況は理解した」とデモ氏は述べている。

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.