ITmedia NEWS >
速報
» 2005年06月28日 21時29分 公開

「価格.com」再開後のPVは回復の兆し

ネットレイティングスによると、不正アクセス事件で一時サービスを停止していた「価格.com」の5月の月間PVは前月比で約4割減となったが、再開後は停止前の水準に戻りつつあるという。

[ITmedia]

 ネットレイティングスは、5月のインターネット利用動向情報の調査結果を発表、そのなかで不正アクセス事件で一時サービスを停止していた「価格.com」のアクセス状況をまとめている。

 価格.comの不正によるサービス停止期間は、5月15日から24日夜まで約10日間だった。これにより、同サイトの5月の月間ページビューは、4月の2億1056万PVから4割減の1億2255万PVとなったが、主要サービスが再開した24日以降は、サービス停止前の水準に戻りつつあるという。また、訪問者数については390万人と前月(397万人)並みで、サイトを閉鎖していた15日と、不正アクセスが報道され急増した16日をのぞき、サービス停止期間中も通常時と変わらない水準を維持していた。

グラフ 価格.com の訪問者数およびページビュー数の推移

 ネットレイティングス社長兼チーフアナリストの萩原雅之氏は、サイト再開直後に元の水準に戻る傾向が伺えたことについて、価格比較や商品評価情報サービスへのニーズと「価格.com」のブランド力によるものとみる。だが、同サイトの人気コンテンツ「くちコミ掲示板」の書き込み再開が6月下旬までずれこみ、1カ月以上新規投稿がなかった影響については、6〜7月のデータで検証する必要があるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.