ITmedia NEWS >
速報
» 2005年07月19日 18時42分 公開

海賊版販売の中学教諭を逮捕

[ITmedia]

 コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)によると、京都府警は7月19日、PC用ソフトの海賊版を販売していた著作権法違反の疑いで、高松市の公立中学教諭の男(40)を逮捕した。

 調べでは、男は京都府宇治市の男性に、「Office Professional 2003」「一太郎2005&花子2005スペシャルパック(三四郎2005特別搭載版)」を無断でCD-R 4枚に複製し、3500円で郵送販売した疑い。

 男はYahoo!オークションに海賊版ソフトのリストを100円で出品。落札した客に対し、ソフトの販売価格などを記載したメールを送信していた。メールのやり取りでは本名を明かし、振り込み先には本人名義の銀行口座を指定していた。今年3月から海賊版400枚分、約40万円を売り上げていたとみられる。

 男は当初、小遣い稼ぎの目的で海賊版販売を始め、想像以上に売れたため販売を続けたという。売り上げは貯金していたという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.