ITmedia NEWS >
速報
» 2005年08月09日 19時32分 公開

楽天トラベル、第1種旅行業に 「契約更新は順調」

楽天トラベルは、国内外のパッケージ旅行を企画できる第1種旅行業に登録。値上げで業界の反発を受けたが、新契約への更新は「順調」という。

[ITmedia]

 楽天トラベルは8月9日、パッケージ旅行の企画が可能な「第1種旅行業」への変更登録が8月1日付けで完了したと発表した。料金値上げを打ち出して宿泊業界の反発を受けた新契約への更新は「順調に進んでいる」(同社)としている。

 楽天トラベルはこれまで第3種旅行業で登録しており、パッケージ旅行の企画ができなかった。第1種を取得し、海外を含む旅行企画を行う方針だ。

 9月1日から運用する新料金体系ではシステム利用料を引き上げる予定だったが、宿泊業界の反発を受けて値下げキャンペーンを発表。更新の申し込み締め切りは7月末から8月10日に延ばした。この結果「契約更新は順調に進んでいる」(同社)が、更新に応じた施設数は非公開。

 また同日、7月の月間宿泊者×日数が200万を超えたと発表。国土交通省からの依頼を受け、楽天トラベルの韓国語版で愛知万博の宿泊施設のPRを強化することも明らかにした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.